「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

スポンサードリンク

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3試合で勝ちが無いリバプールをホームに迎えての上位直接対決。

リバプールのフォーメーションは4-3-3で、前線は1トップのフィルミーノと左ウイングのララーナといつも通りだったが、右ウイングにはオリジを起用して来た。これは右SBのクラインが欠場し、若手のアレクサンダー・アーノルドを起用したのでオリジの運動量とフィジカルでカバーさせようという狙いがあったのだろう。

しかしモウリーニョ監督は当然クラインの欠場は織り込み済みで、4-2-3-1のフォーメーションを採用してポグバ、エレーラ、キャリックの3人に、リバプールのヘンダーソン、ワイナルドゥム、エムレ・カンの中盤にマッチアップさせてビルドアップを阻害し、ボールを奪ったら素早く前線へとボールを送り、左ウイングのマルシャルがアーノルドに対して積極的にドリブルで仕掛けるなど、リバプールを相当研究した攻撃で試合のペースを握る。

が、逆に先制したのはリバプール。前半の25分ごろからゲーゲンプレッシングを強め、前線からの追い込みでマンUのDFにプレッシャーをかけてCKを奪うと、中でフリーになっていた選手のマークに慌てて動いたポグバの振り上げた手にボールが当たって思いっきりPK。これをミルナーが豪快に蹴り込み、マンUにとっては何とももったいない失点をリバプールに与えてしまう。

マンUは後半からルーニー、20分にはマタとボールを持てる選手を投入してポゼッションを高めると、ゾーンとマンマークの使い分けが曖昧なリバプールの守備に対して、イブラヒモビッチが流れて出来たスペースにムヒタリアンやマタが走り込むなど、ダイアゴナルな動きでリバプールDFのマークを外す動きでチャンスを作るが、ラストプレイでミスをしたりクロスが合わなかったりでなかなかシュートまで持って行けない。

モウリーニョは31分にダルミアンを下げてフェライニを投入、パワープレイ気味の攻撃で打開を図ると、後半39分にそれまで再三右サイドを切り崩してきたバレンシアからファーサイドにいたルーニーにクロスが渡り、その折り返しをフェライニが頭に当てるもボールはゴールポスト、しかし跳ね返りを拾ったバレンシアが上げたボールを今度はイブラヒモビッチがきっちり決めてようやくマンUが同点ゴールを決める。

その後は互いにゴール前で攻め合う時間が続き、後半45分にはワイナルドゥムがフリーでシュートを打つチャンスがリバプールにあったがボールはGK正面に飛んで終わり、結局スコアは1-1で両チーム痛み分けのドローに終わった。

マンUはリバプールを研究していて戦術の狙いもきっちり当たり、チャンスも作っていたのに決定力不足と残念なミスでドローに終わってしまったのは不満な結果だっただろう。ここ最近は評価を高めてきたポグバにとっては久々に攻守ともに冴えない1日だった。とは言え、トータルでの試合の安定感を見ると間違いなく終盤にはきっちり優勝争いに絡んで来そうだ。

リバプールは負けなかったがクロップのチーム特有と言える、シーズン中盤の息切れ感が出ている印象。プレミアの過密日程の中で、怪我人をどう埋めてやりくりするか、ここから本当の手腕が問われるところだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分かっている試合をわざわざ見る事はしないんだけど、昨日はこれ以外に選択肢が無かったので、レスターがチェルシーに0-3で完敗した試合を選...

続きを見る

日本サッカーは、口に苦い良薬を飲めるほど大人になったのか

2017/01/15 | 日本代表, 未分類

昨日はさすがに見るべき試合が完全に枯渇してしまって、年末年始に放送されていた代表関連の特番をまとめて見ておりました。 日本サッカー新時代~2018年への旅~|テレビ朝日 NHKドキュメンタリー -...

続きを見る

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発したリバプールに先勝したリーグカップは何とダイジェストのみの放送・・・使えねえ。なので、1/2に行われていたウェストハムとマンUの録...

続きを見る

「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミアリーグの前節、ボーンマス対アーセナルの試合を結果を知らずに見始めたのだが、こんなに面白い展開になっていたとは予想外だった。 昨シ...

続きを見る

「こういうチームだからこそ、酒井宏樹は自分で得点を決める意欲が必要だ」フランス・カップ ベスト64 トゥールーズ-オリンピック・マルセイユ

高校サッカーが終わって、プレミアリーグが2週間空くこの1月中旬が、日本のサッカーファンにとっては一番ヒマな時期なのではないか。という事を毎年書いているような気がする。 しかし今はDAZNという救世主...

続きを見る

「戦術も戦力もがっぷり四つの見ごたえある試合を決めた、痛恨のラインミス」イングランド・プレミアリーグ第20節 トットナム・ホットスパー-チェルシー

アーセナルが持つプレミアリーグの14連勝という記録にあと1つまで迫っている首位チェルシーと、4連勝で勝ち点7差の3位につけているスパーズという絶好調同士が対決する注目の試合。 チェルシーもスパーズも...

続きを見る

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑