「チェルシーの大黒柱は、実はカンテじゃなくてその後ろの選手なのかもしれない」インターナショナルチャンピオンズ杯 チェルシー-バイエルン

スポンサードリンク

スカパーのJSPORTSで、珍しくサッカーのインターナショナルチャンピオンズ杯をやっているので、昨日行われたチェルシー対バイエルンの試合を見てみた。

昨年はプレミアリーグで首位を独走して優勝を飾ったチェルシー。次の目標であるチャンピオンズリーグ制覇に向けて、常連チームであるバイエルンとのテストマッチは良い力試しではあったのだが、残念ながら前半は一方的な内容になってしまった。

チェルシーはCBのセンターにクリステンセン、3トップがバチュアイ、ウィリアン、ボガというメンバーの3-4-3、バイエルンはレヴァンドフスキの1トップに、2列目がリベリ、ミュラー、新加入のハメス・ロドリゲスという並びの4-2-3-1でスタート。

試合開始直後はチェルシーが押し込んだのだが、その勢いは序盤だけで、その後のチェルシーは前線でなかなかボールをキープできず、中盤はカンテが孤軍奮闘するもセスクは守備に追われてミスも多く、3CBはズルズルと下がってWBの裏がガラ空き、そこをリベリやハメス・ロドリゲスに使われバイエルンのやりたい放題。

前半の6分にケーヒルの甘い対応からラフィーニャにミドルシュートをコースに決められると、12分にはキレキレのリベリが左サイドからクロスを上げると、ファーに回り込んだミュラーがボレーで2点目。さらに26分にもズルズルと下がるチェルシーの守備をあざ笑うかのようにミュラーが豪快なミドルを決めてあっという間に3点目。

何とかチェルシーは前半のロスタイムにアロンソのゴールで1点を返して折り返すと、18分にダビド・ルイス、モラタを投入する。注目は103億円でレアルから移籍したモラタに集まったが、チェルシーを蘇らせたのはダビド・ルイスのほうだった。どちらかと言うとリトリート守備で対応していたクリステンセンに対し、ダビド・ルイスは中盤に上がっての早い潰しでレヴァンドフスキやミュラーに仕事をさせず、ボールを奪うと果敢に攻め上がって攻撃参加。

これで一気にチェルシーの攻撃に縦の勢いが生まれ、ウィリアンやダビド・ルイス、バチュアイが次々と鋭いシュートを放つが得点できず。ようやく後半40分に、セスクの左CKからのボールをモラタが頭で流し、裏でフリーだったバチュアイが押し込んでチェルシーが1点差に追いつくが、反撃もここまで。バイエルンが3-2で勝利となった。

バイエルンは後半に少し息切れはしたが、順調な仕上がり。特にボランチに入った、リヨンから約60億円で獲得したトリッソが効果的なパスを連発して早くも存在感を発揮、ハメス・ロドリゲスも4本放ったシュートは得点にならなかったが、サイドでしっかりチャンスメイカーとして機能していた。ただし移籍が噂されるレナト・サンチェスはあまり目立てず、やはり放出は濃厚のようである。

チェルシーは、中国でのプレシーズンマッチではほぼベストメンバーでアーセナルに3-0で勝ったものの、サブ主体のメンバーではバイエルンに歯が立たず、チャンピオンズリーグもこなす必要がある今シーズンに向けて、選手層の薄さを露呈する格好になってしまった。いろいろな国のチームと対戦するCLは戦術的な多様性も必要で、まだまだコンテ監督には課題が山積みである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「セレッソが負けて、鹿島が勝てたセビージャ戦3つのポイント」Jリーグ・ワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズ-セビージャ

今年もツール・ド・フランスが終わり、サッカーサイトとしての夏休みもこれで終了。ぼちぼち通常運転に戻るリハビリとして見たのは、先日行われた鹿島とセビージャの試合。 ご存知のように、試合は鹿島が2-...

続きを見る

「今年は石橋を叩いたフルーム、来期は包囲網を解いて5勝クラブの仲間入りを果たすか」ツール・ド・フランス2017 第19~21ステージ

2017/07/25 | 自転車

週末の暑さと日曜日のイベントでヘロヘロになり、月曜は差し歯が取れた上に朝から仕事が満載で、昨日は更新をお休みさせていただきました。で、昨晩は改めてツール・ド・フランスの残りステージを駆け足で見たのでま...

続きを見る

「これで浦和が勝ったのではサッカーの神様も激怒する」J2第22節 セレッソ大阪-浦和レッズ

2017/07/23 | Jリーグ

現在J1で首位と8位という対戦以上に、先の親善試合でセビージャに叩きのめされたチームと、ドルトムント相手に善戦したチームという事で、拮抗した試合になるかと思われた試合だったが、蓋を開けてみれば予想以上...

続きを見る

「U-17日本代表の命運を握るのは、久保君じゃなくてこの男」第21回 国際ユースサッカー in 新潟 U-17日本-U-17クロアチア

昨日は夜の12時になってもツール・ド・フランスはまだ残り100kmとかの地点だったので、ライブで見るのを諦めて、たまたまBSスカパーでやってた国際ユースサッカーU-17のクロアチア戦を見る事にした。 ...

続きを見る

「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

2017/07/21 | 未分類

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級イゾアール峠が待つ第18ステージ。 アルプスステージではおなじみの街、ブリアンソンをスタートすると、いきなり序盤から新城選手...

続きを見る

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて炎天下の真っ只中を残った仕事の片付けに出かけ、帰ってからも薬を取りに行ったりで、とてもブログの更新どころではありませんでした。 ...

続きを見る

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

2017/07/20 | 自転車

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フランス。 第16ステージは、前半こそ山があるものの後半は平坦で、コースプロフィール的には逃げ選手向きのステージではあったのです...

続きを見る

「ドルトムントとセビージャ、そして浦和とセレッソにはどちらも差があった」国際親善試合 セレッソ大阪-セビージャ

14000人という観客数で空席が目立つ長居スタジアム、元セビージャの清武は故障で欠場と、ちと寂しい状況で行われたセビージャとの親善試合。しかし試合内容はヌルい雰囲気を吹き飛ばすような、セビージャのハイ...

続きを見る

「チーム力に恵まれない、ファビオ・アルの二日天下」ツール・ド・フランス2017 第14、15ステージ

2017/07/17 | 自転車

自転車ロードレースに馴染みのない人には、この競技がある意味サッカー以上にチーム力が物を言う事がなかなか理解されにくいのだけど、まさにその重みがはっきり現れた2日間になってしまいました。 第14ス...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑