「世界と戦うという事は、常に新しい気づきを生むチャンスでもある」Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズ-ボルシア・ドルトムント

スポンサードリンク

最近は空席が目立つ埼玉スタジアムが満席という事で、さぞかしスタジアムは赤一色になっていると思ったのだが、こんなに赤色以外のスタンドを見たのは初めてというぐらい、黄色のドルトムントユニフォームが目立っていてちょっと驚いてしまった。

まあそんな感じでドルトムントのチャンスに上がる歓声も多く、雰囲気も試合内容もいかにも国際親善試合という緩い試合ではあったのは確かだが、やはり浦和にとっては世界と戦う事で初めて生まれる気づきもあったのではないかと思う。

まず試合の立ち上がりは完全なドルトムントペース。浦和は完全な5バックの5-4-1で堅く守ってからカウンターを仕掛ける狙いだったのだろうが、ドルトムントのゲーゲンプレスの前に全くボールが繋げず。特にボランチの柏木のところが狙われていた。

Jリーグのリトリート守備では、選手がボールを受けてから次のプレイを考える時間を与えてくれるのだが、このレベルのプレスになるとそれは許されず、浦和の選手はちょっと体制が厳しくなるとすぐボールを後ろに送ってしまうので、そこで逐一攻撃がリセットされてしまう。

それでも試合の中で浦和もだんだんと厳しいプレスに慣れて行き、素早くサイドチェンジをして相手のプレスを交わし、ドルトムントの高い位置取りをするSBの裏を突くリズムが出来て来たと思ったら、CKから興梠が決めて先制。その後も武藤やラファエル・シルバが決定機を迎えるのだが得点ならず。

後半からドルトムントは4-3-3から3-4-3へフォーメーションを変更し、よりサイドから個の能力で攻める狙いを強め、それでも浦和は選手を交代しながら耐えてはいたのだが、後半31分、34分と槙野がエムレ・モルに2度も振り切られて逆転、浦和も遠藤がCKからヘッドを決めて追いつくが、その遠藤がヘディングクリアを後ろにそらす致命的なミスを犯してドルトムントが再びリード、そして試合終了。

ドルトムントの最後は皆暑さで疲れてヘロヘロだったけど、そこでキッチリ最後に決めて来るかどうかが、何度も感じる教訓だけどこれが世界との差なのかなと。そういう意味では残念ながら、浦和の中でドルトムントのレベルに対抗できる選手はいなかったようにも思う。

ただ5バックでしっかり守り、サイドチェンジで素早く攻める形はドルトムント相手にも通用する事が分かったので、その貴重な気づきをJリーグに活かして後半戦に繋げてもらいたいところである。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ジロ・デ・イタリア組とランダによるファビオ・アル包囲網」ツール・ド・フランス2017 第13ステージ

2017/07/15 | 自転車

王者フルームから、ファビオ・アルがマイヨジョーヌを奪い取った第12ステージの翌日は、ツール・ド・フランスにしては極めて珍しい101kmという短距離のステージ。しかしその中にはピレネー山脈の1級山岳が3...

続きを見る

本田圭佑の移籍先は、まさかのメキシコ・パチューカ! そして香川もドルトムントと契約延長!

ミランを対談した本田圭佑選手の移籍先については、トルコのガラタサライからオファーがあったとか、スペインリーグからコンタクトがあったとか、彼自身がアメリカでのビジネスに興味があるのでMLSじゃないかとか...

続きを見る

「ゴール前16%の激坂が、鉄壁だったチームスカイの高い壁を叩き壊す」ツール・ド・フランス2017 第10~12ステージ

2017/07/14 | 自転車

今年のツール・ド・フランスを一言で表すと、「平穏」という言葉が一番しっくり来る状態ではないかと思います。ただし昨日までは。 ここ最近は嫌がらせのように組み込まれた石畳や、強風で集団が分断されるブ...

続きを見る

「もはや筑波大のほうが格上、これは決してジャイアントキリングではない」天皇杯3回戦 筑波大-アビスパ福岡

2017/07/13 | 天皇杯

昨日は飲み会があって、酒が入った状態でのダラダラ観戦だったのでレポートは簡単に。 アビスパ福岡はウェリントンや駒野、山瀬らは不在ながら、冨安や亀川、城後といった主力が入った一応は1.5軍だったの...

続きを見る

「チアゴ・アルカンタラ、ミュラーとの競争に今度こそ勝てるか?」レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスがバイエルンに移籍

最近は家の事情で、クーラーのある部屋で寝ることが出来なくなったため、自分用に窓用のエアコンを購入して昨晩は取り付け作業をしていました。蒸し暑い中、汗だくになってしまいましたが何とか昨日の熱帯夜に間に合...

続きを見る

「浦和にとって反転攻勢ののろしなのか、はたまた単なる延命なのか」J1第18節 浦和レッズ-アルビレックス新潟

2017/07/11 | Jリーグ

昨日はツール・ド・フランスの休養日。で、Jリーグからどの試合を見ようかと考えたんだけど、やっぱりミシャ監督が会見で進退をかけてしまった新潟戦だよね、てなわけで試合を見始めたんだけど、心配になったのは浦...

続きを見る

「コースアウトで宙を舞い、激しく叩きつけられたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2017 第9ステージ

2017/07/10 | 自転車

日曜の第9ステージは、超級山岳を3つも超える重要な「クイーンステージ」。山頂ゴールではありませんが、弱っている選手は確実に優勝争いから脱落するコースだと言えます。 それに加えて、このステージで選...

続きを見る

「ジャッキー・デュランやシャヴァネルではなく、ジャラベールの再来か」ツール・ド・フランス2017 第6~8ステージ

2017/07/09 | 自転車

もちろん毎日見ているツール・ド・フランスですが、早くも全日程の1/3を消化。ここ近年では珍しく序盤に総合成績が大きく動くことは無く、今のところ静かな展開になっていますね。 完全平坦コースの第6、...

続きを見る

「プレーオフで昇格したセレッソが、折り返し1試合目でまさかの首位獲得」J1第18節 セレッソ大阪-柏レイソル

2017/07/08 | Jリーグ

今節注目のJ1上位対決、2位柏レイソル対3位セレッソ大阪との試合は、セレッソが逆転で柏を下し、首位の鹿島がFC東京と引き分けたために、J2プレーオフで昇格したセレッソが首位に立つという驚きの結果となっ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑