「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

2019/03/25 | 未分類

スポンサードリンク

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に立っている琉球の試合を見てみた。琉球のフォーメーションは4-4-2、山形は3-4-2-1という形でスタート。

J3から昇格していきなり首位というスタートダッシュを決めた琉球がどういう攻撃をするのか注目していたんだけど、やってる事は非常にシンプル。ボールを奪ったら素早く2トップ目掛けてパスを送り、相手に跳ね返されても2列目の素早いフォローでセカンドボールを拾う。そして相手の守備が整わない内に攻めきる。非常に合理的な戦術である。

そして全員がチーム戦術に対して忠実で迷いなく、ボールを相手陣内に運ぶとどんどんサイドが攻撃参加してクロスに繋げて来る。ヘディングに強いFWがいればシーズンを通じてJ2上位争いをしてもおかしくない実力がある。

ただ、山形も決してやられっぱなしでは無く、1トップのバイアーノが左右に流れて琉球のSBが上がったスペースを使って基点を作るが、琉球の忠実なプレスバックで攻撃が寸断される。

後半は山形が前半よりも高い位置からプレスをかけ、サイドを素早く突く攻撃を見せると、早速右サイドでの突破からクロスをバイアーノが当て損なうチャンスを作る。が、琉球もひるまず前半同様に攻撃的な姿勢を貫く展開。

すると後半17分、厳しい判定だったが熊本が山形のPA内で富所を倒したプレーがPKと判定され、鈴木のキックは山形GK櫛引が止めたが、これもまた微妙な判定でやり直しの指示が降り、二度目はきっちり決めて琉球が先制する。

山形はさらにハイプレスを仕掛け、後半26分には右からのクロスに大槻がフリーで飛び込むも枠へ飛ばせず。その後は両チームとも選手を次々と投入して流れが途切れる中、後半43分に山形はPA右でバイアーノがFKをゲットする。

三鬼のキックから競り合って浮いたボールにバイアーノが反応、ヘディングはクロスバーに当たったが、最後は熊本が押し込み山形が土壇場で同点に追いつく。そしてそのまま1-1のドローで試合終了、琉球の開幕からの連勝は4でストップした。

琉球だが、やはり首位に立っているだけあって非常に戦術的な統率が取れた好チーム。山形も上位なのに、完全に主導権を握っての横綱相撲を見せていた。J1ライセンスを持ってないので今期の昇格は不可能だが、まだまだJ2戦線をかき回してくれそうな様子である。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

2019/03/24 | Jリーグ

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもちろんJ1以外は試合を続行していたので、昨日はDAZNでJ2の柏対岡山の試合を観戦。 ここまで4戦して全勝と3勝という好調なス...

続きを見る

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

2019/03/23 | 日本代表

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされておらず、結局実際の試合は見られず、ネット上のハイライトとニュースだけでの感想で申し訳ないです。 失点は冨安へのかなり厳しい...

続きを見る

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

2019/03/22 | Jリーグ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕から3試合で2勝1敗と好調なスタートを切った札幌は、前節に4ゴールを決めたアンデルソン・ロペスが2シャドーに入った3-4-2-1、...

続きを見る

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現在最下位のウエスカとアウェイで対戦。乾は4-4-2の右サイドハーフで先発、対するウエスカは3-1-4-2のフォーメーション。 ...

続きを見る

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシーズンの最終節。ゲンクでは伊東純也が2試合連続で先発、4-1-4-1の右ウイングとして先発出場。 試合はホームのズルテ・ワレヘ...

続きを見る

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフランクフルトと、最下位にあえいでいるニュルンベルクとの対戦。 フランクフルトは長谷部が3バックのセンターで連続出場、フォーメーシ...

続きを見る

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同時起用、4-2-3-1の2列目に3人を並べ、リャイッチが左、香川が真ん中、クアレスマが右という並びにして来た。対する16位のギョズ...

続きを見る

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イタリア・ミラノでの第2戦。フランクフルトは長谷部がCBに入り、2トップがヨビッチとハラーという組み合わせの3-1-4-2、エースの...

続きを見る

「デュッセルドルフで宇佐美がベンチ外になった理由が見えた試合」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-フランクフルト

一時は降格圏にまで沈んでいたが、年末からはビッグクラブが注目するFWルケバキオのブレイクなどがあって、今では11位と完全に降格圏を脱出したデュッセルドルフ。残念ながら宇佐美はその流れに乗ることは出来ず...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑