「鎌田は華麗なドリブルで決勝ゴール、遠藤は序列が下がってしまった?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第7節 ゲント-シント・トロイデン

スポンサードリンク

現在リーグ戦で9位に付けているシント・トロイデンは、4位のゲントとアウェイで対戦。シント・トロイデンのフォーメーションは4バックの4-1-4-1に変更、冨安は右CBとして先発し、これまで先発していた遠藤はベンチスタート、フランクフルトからレンタルで来た鎌田もサブメンバーに入った。関根は怪我で欠場らしい。対するゲントは4-3-3の形でスタート。

シント・トロイデンの守備はマンマーク色が強く、試合の序盤からゲントにポゼッションを握られ、PA付近で数的優位を作られるとバタバタしていたが、それ以外の場面ではしっかりゲントの攻撃陣を抑え込み、要所でカウンターを繰り出す形が出来ていた。

すると前半21分、左サイドでのスローインからの流れでベズス、セバージョスとボールが渡り、最後はセバージョスのスルーパスにデサールが抜け出し、冷静にシュートを流し込んでシント・トロイデンが先制する。

しばらくは得点で勢いに乗ったシント・トロイデンがサイドを高く上げ、ゲントに対して試合をコントロールする展開になるが、すぐにまたゲントがペースを握り返し、37分にはチャクヴェタゼが決定的なシュートを放つもわずかにゴール右に逸れる。

その後もゲントがサイドを中心に攻め立てシント・トロイデンを圧倒するも、冨安を中心とした守備陣がマンマークの対応をサボらず粘り強く対応、アンカーの脇にスペースが出来やすいゲントの穴を利用して度々カウンターを繰り出し、前半を1点リードして折り返す。

後半もゲントのペースで始まり、左サイドのコイタのドリブルでリズムを作ると、5分にはチャクヴェタゼからのラストパスを受けたコイタがシュートもシント・トロイデンGKステッペが体に当ててなんとか防ぐ。が、その直後のスローインからコイタがシュートと見せかけて横パス、ブロンが押し込んでゲントが同点に追いつく。

そこからは中盤にスペースが空いて、交互にゴール前での場面が来る大味な展開が続いたところで、鎌田が左ウイングのポジションで途中出場。後半23分には、カウンターから中央でパスを受けるも判断に迷って潰されるが、鎌田はシント・トロイデンのカウンターの場面に何度もドリブルで顔を出す。

そして後半35分、シント・トロイデンは相手のパスをカットしたカウンターの場面でベズスからパスを受けた鎌田が左サイドを突破、ステップワークでマーカーを置き去りにすると、さらに寄せて来た選手を切り返しで交わし、ゴール右上にシュートを突き刺し勝ち越し。

後半40分にベズスが2枚目のイエローをもらって退場、シント・トロイデンは10人での戦いを余儀なくされる。4分の後半ロスタイムが2分を過ぎたところで遠藤が守備固めとして投入、これで鎌田が1トップになる。そしてシント・トロイデンは何とかゲントの攻撃を防いで2-1で試合終了、アウェイで貴重な勝ち点3をゲットした。

冨安は守備で積極的に前へ出るのは良いが、ポストを潰すのかスペースをケアするのかが少し曖昧で、何度か裏を取られるシーンがあったのが気になった。遠藤の代わりに入ったアサモアは凄く良かったわけじゃないけど、勝利という結果が出たので序列としてはアサモアが上がってしまうかもしれない。

鎌田は、攻守の切り替えについてはフランクフルト時代よりも明らかに速くなっている。守備のカバーに実効性が伴うともっと良いが、ベルギーリーグのレベルなら十分合格点。このゴールで間違いなく出番は増えるだろうから、ここからどれだけ上積み出来るかだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「早い時間に乾が交代させられたので心配はしていたのだが・・・」リーガ・エスパニョーラ第4節 バレンシア-ベティス

インターナショナルマッチウィーク明けのベティスは、ここまでまだ3戦して未勝利のバレンシアとアウェイで対戦。3-4-2-1で乾は左シャドーで先発、対するバレンシアは4-4-2のフォーメーション。 ...

続きを見る

「チャンスをモノに出来ない浅野、チャンスをもらえない原口」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ライプツィヒ-ハノーファー

リーグ戦は2戦して2引き分けと煮え切らないスタートとなったハノーファーは、中断明けの第3節で強豪ライプツィヒとのアウェイ戦。ライプツィヒは中盤ダイアモンドの4-4-2、ハノーファーは3-4-2-1のフ...

続きを見る

周知の事実だけど、やはり映像ならではの説得力「NHKドキュメンタリー ワールドカップ招致 闇の攻防」

2018/09/14 | ワールドカップ

昨日はサッカーの試合ではなく、NHK-BSで放送されていたデンマークの放送局が制作した「ワールドカップ招致 闇の攻防」というドキュメンタリーを見ていた。 これは、2018年と2022年の2大会同...

続きを見る

「個の能力は確かに大事だが、それに偏ってばかりではチームにならない」日本クラブユースサッカー選手権(U-15)決勝 セレッソ大阪U-15-サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース

せっかくUEFAネーションズリーグが初開催されているのに、テレビもDAZNも放送をしてくれないので、昨日は録画してあったU-15のクラブユース選手権の決勝を見ていた。 決勝のカードは、柏レイソル...

続きを見る

「コスタリカは噛ませ犬になってしまったけど、噛み方にはなかなか意義があった」キリンチャレンジカップ 日本-コスタリカ

2018/09/12 | 日本代表

チリ戦中止のあとを受けた森保ジャパンのデビュー戦は、コスタリカ相手に3-0と快勝、まずは順調なスタートを切った。 とは言え、昨日のコスタリカはGKのケイラー・ナバスは不在、他のメンバーも自国リー...

続きを見る

「勝ち切れない甲府、ロスタイムの猛攻もポストに当たってルヴァンカップ終戦」ルヴァンカップ 準々決勝 第2レグ 柏レイソル-ヴァンフォーレ甲府

2018/09/11 | Jリーグ

J1とJ2という違いがあるとはいえ、ともにリーグ戦では下位に沈んで苦しんでいる両チームだが、ルヴァンカップでは準々決勝まで勝ち抜いての対戦。ホーム&アウェーの第1戦は甲府のホームで2-2のドローに終わ...

続きを見る

「シント・トロイデンの日本人選手買いあさり」2018年夏の日本人選手、海外移籍のまとめ・後編

昨日はルヴァンカップを見る予定だったのだけど、パソコンのキーボードに飲み物をこぼしてしまってキーが打てなくなり、そのトラブル対処に時間がかかってしまって試合を見る時間が作れず。なので、以前に書いた「2...

続きを見る

「ジネイの芸術的な決勝ヘディングは、松本J1昇格のハイライトになるのか?」J2第32節 アビスパ福岡-松本山雅FC

2018/09/09 | Jリーグ

他チームよりも2試合消化が少ない状態で4位と、自動昇格圏が視野に入って来た福岡は4-4-2のフォーメーションで、若きエースである前田がアジア大会で負傷し、3試合勝利が無く暫定2位になってしまった松本は...

続きを見る

「万事が手探り五里霧中、植田にとってブルージュに未来はあるのか?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第6節 セルクル・ブルージュ-ゲント

昨日行われるはずだった日本対チリの試合がご存知のように延期となり、先週の欧州リーグの試合でだいたい見たい試合もチェックしてしまったので、植田が先発して前半で交代してしまったセルクル・ブルージュの試合を...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑