「ここまで久保が持ち上げられる理由は、友達のオモチャを手に入れたから?」インターナショナル・チャンピオンズカップ バイエルン・ミュンヘン-レアル・マドリー

スポンサードリンク

久保のレアル・マドリーでのデビュー戦となった、インターナショナル・チャンピオンズカップのバイエルン戦。とりあえず久保が出場した後半についてのレポートを。

前半のベストメンバーから11人全員を代えた後半。フォーメーションは4-3-3で、前線はヨビッチの1トップに、ヴィニシウスとルーカス・バスケスのウイング、久保とロドリゴがインサイドハーフで並ぶ形。

しょっぱなに久保が左サイドを個人技で突破、中に人が来てないのでおそらくゴールを狙ったが、GKにキャッチされた。

その後は、後半もベストメンバーを継続しているバイエルンが主導権を握るが、久保はインサイドハーフとしてきっちりスペースを埋めていた。レアルは左SBメンディがラインを乱していて、判断も遅くて危なっかしい。

後半16分、久保がセオアネからパスを受けてドリブル、ヴィニシウスにスルーパスもシュートまで行けず。逆に22分に、1本のロングパスからレヴァンドフスキが抜け出し、巧みなキープからターンしてシュート、バイエルンが2点目。

さらに後半24分、DFラインから無理にパスを繋ごうとしてCBのルニンがパスミス、クロスからニャブリに押し込まれてバイエルン3点目。26分、久保からヨビッチにスルーパス、パスは合わないがファールをもらう。直後、久保からヴィニシウスに縦パス、スライディングでクリアされる。

35分、キミッヒのオシャレヒールパスが間抜けにもミスになり、ボールを拾ったロドリゴがGKウルライヒを交わしたところで足を引っ掛けられて、ウルライヒは一発退場。これで得たFKの位置に久保も集まるが、壁の位置を指摘しただけでボールは蹴らず、ロドリゴがファーに強烈なFKを叩き込んでレアルが1点を返す。

終盤は明確にバイエルンが久保をマークしに来ていたが、44分に右サイドに回って3人に囲まれながらボールを繋ぎ、その後にコーナー付近でボールを奪い返す。45分、ヴィニシウスへの縦パスはタイミングが合わず。

ロスタイム2分、久保は縦パスを受けてターン、2人の守備を交わして最後はスライディングで倒されファールを受ける。しかしレアルは追加点を奪えず結局1-3で試合終了。

久保については、本来のポジションではなかったし、自己アピールばかりする選手たちの中で、チームとしてバランスを取りながら、味方との呼吸を探りながらという感じで、ぶっちゃけJリーグや南米選手権でのプレイに比べると物足りなかったのは事実。

公平に見て、ロドリゴは強烈なFKを決めたし、久保に負けないぐらいに技術、判断力、視野が優れていてタレント性では上回っているように見えた。が、ここまで久保がマドリーのマスコミに騒がれるのは、バルサから奪ったバルサらしい選手だからという理由が大きいように思う。

レアルの中盤にはモドリッチやクロースがいるが、モドリッチはアウトサイドキックを多用する天才肌だし、クロースはあくまで正確なマシンだ。イニエスタやメッシのようにエレガントなテクニシャンは、バルサにはいてもレアルにはいなかったタイプであり、ずっと羨ましかった友達のオモチャが手に入ってはしゃいでる状態なんだろう。次のアーセナル戦も楽しみだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「フランスの期待は、苦しくなって来たアラフィリップからピノーへと移動中?」ツール・ド・フランス第15ステージ

2019/07/22 | 自転車

3つのピレネー山脈山岳ステージの最後を飾る、2級山岳1つと1級山岳が3つ、ラストのフォア・プラットダルビの頂上ゴールというクライマックスが待つ第15ステージ、 レースはいつものように逃げ集団が作...

続きを見る

「まさかのゲラント・トーマス失速、大統領が登場しまさにフランスの凱旋」ツール・ド・フランス2019 第14ステージ

2019/07/21 | 自転車

これまでアラフィリップがマイヨジョーヌを守り続け、あのベルナール・イノー以来34年ぶりにフランス人の総合優勝が生まれるかもしれないという事で、フランス全土を熱狂に陥れている今年のツール・ド・フランス。...

続きを見る

「パンチャーがスペシャリストを駆逐、フランスを熱狂に引きずり込む」

2019/07/20 | 自転車

休養日明けで、本格的に総合争いが始まるツールの第2週がスタート。 第11ステージはアルビからトゥールーズまでの完全平坦ステージで、最後はここまでスプリント争いに常時加わりながら勝てなかった、カレ...

続きを見る

「ティム・ケーヒルの凄まじい決定力がここでも発揮?」カタールW杯 アジア二次予選の組み合わせ決定!

2019/07/18 | 日本代表

昨晩は、休養日から明けたツール・ド・フランスを見ていたわけですが、特に大きな動きは無かったのでアジア二次予選の組み合わせ抽選会について少し。 もちろん抽選会はリアルタイムで追えてなかったのですが...

続きを見る

「シュミット・ダニエル、仙台でのラストゲームで鹿島からの宿題をもらう」J1第19節 ベガルタ仙台-鹿島アントラーズ

2019/07/17 | Jリーグ

昨日はツール・ド・フランスが休養日だったので、録画しておいた仙台対鹿島の試合で、久々にサッカー観戦。 試合は立ち上がりから鹿島が仙台を圧倒、同じ4-4-2のフォーメーションだが、鹿島がポジション...

続きを見る

「まさかの集団中切れで優勝候補が多数脱落、フランスの期待はアラフィリップ1人だけに」ツール・ド・フランス2019 第9~10ステージ

2019/07/16 | 自転車

気がつけば、もう中盤戦に突入している今年のツール・ド・フランス。 第9ステージは、見るからにパンチャーと呼ばれる逃げ屋向けのコースで、序盤は激しいスパートが続いたが最終的に15人での逃げが決まり...

続きを見る

柴崎は2部のデポル、乾はベティスを退団志願、かくも厳しいスペインへの道

現在、サッカーについては恒例の夏休み中でツール・ド・フランスを主に見ているわけですが、昨日のステージは特に大きな動きが無かったので、たまにはサッカーネタで更新。 昨日から今日にかけてのニュースで...

続きを見る

「革命記念日を前にフランスの凱歌、アラフィリップがマイヨジョーヌを奪還」ツール・ド・フランス2019 第7~8ステージ

2019/07/14 | 自転車

今年のツールでは数少ない平坦コースの第7ステージは、さほど大きな波乱も無くスプリンターたちが最後はスプリント争いを繰り広げ、第1ステージの落車で調子を落としていた フルーネウェーヘンが、ユアンらとの勝...

続きを見る

「まずは王者ゲラント・トーマスが余裕のご挨拶、そして驚きのマイヨジョーヌ・マジック」ツール・ド・フランス2019 第6ステージ

2019/07/12 | 自転車

2級山岳が2つ、1級山岳が3つ、頂上ゴールのラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ峠は最大勾配24%というツール・ド・フランスではめったに見かけないぐらいの激坂で、しかもラスト100mはスキー場の未舗装路...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑