「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

2019/09/20 | 天皇杯

スポンサードリンク

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見するとミスマッチだったのだが、神戸のDF+アンカーと川崎の前線4枚が噛み合っているので、攻守の切り替えは早いがなかなか崩しての決定機を作るというわけには行かず、ジリジリした空気が流れる前半。

ところが、前半29分に川崎の長谷川が負傷退場、小林悠が入ってフォーメーションが4-4-2になった事で、それまではトップ下の脇坂がケアしていたサンペールへの対応が曖昧になり、阿部が動いたスペースを使って神戸の攻撃を掌握し始める。

前半38分に右サイドで西がデュエルを制して突破、折返しを山口が決めると、ロスタイムにサンペールの縦パスを受けた小川からの折返しを古橋がジャストミート、神戸が2点をリードして前半を終了する。

後半になると川崎が神戸陳内に押し込む展開になるが、16分に神戸はボールを奪って酒井高徳からサンペール、小川と素早くボールが渡って、PA内でのカットインから小川がGKの股を抜く3点目を決め、これで勝負は決まったかに思われた。

が、後半25分にレアンドロ・ダミアンのクロスから中村憲剛が逆サイドに流し、フリーになっていた小林悠がきっちり決めて1点を返すと、後半40分には右サイドから逆サイドへとボールを繋がれ、クロスを小林悠が折り返したところを詰めていた車屋が押し込み1点差。

その後も、残り10分で投入されたポドルスキーがほとんど守備をしないために、神戸は前から行けず完全ベタ引き状態。当然ながら川崎が圧倒的にボールを支配し、サイドから何度もチャンスを作ったが、神戸GK飯倉の奮闘もあって何とか守りきって試合終了。

前半は脇坂の不在、後半はポドルスキーと、ともにトップ下の守備が欠けてしまうととたんに攻撃のペースを相手に渡してしまうのが面白かったね。これで川崎はACLに続いてカップ戦敗退。3連覇も厳しい状況で、次のリーグ戦は同じく神戸との試合。ここからどうやって立て直すか。神戸はACLへの望みはこの天皇杯のみだが、イニエスタ抜きで勝てたのは大きい。復帰してさらに弾みを付けられればひょっとするかも。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピオンズリーグ日本人対決。ザルツブルクがリーグ戦は7連勝、34得点6失点と圧倒的な成績で首位を快走しているのに対し、昨期の主力選手と...

続きを見る

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェイ戦で貴重な勝ち点3を、吉田を中心とした3バックがクリーンシートで守りきったという形になるわけだが、実情はかなり苦しい試合だった。...

続きを見る

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得したポルティモネンセと、中島を獲得したポルトとの日本人対決。 ただしポルティモネンセで日本人の先発は安西のみで、権田はベンチ...

続きを見る

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここまで1勝1敗のブレシアとアウェーで対戦。ブレシアは4-3-1-2のフォーメーション、ボローニャは4-2-3-1で代表帰りの冨安は休み...

続きを見る

「ミャンマー戦でお疲れの大迫、仕事もミャンマー戦の繰り返しで勝利に貢献」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ウニオン・ベルリン−ブレーメン

2019/09/15 | 未分類

アジアから戻ってすぐの試合。他の日本人選手はベンチスタートが多い中、ブレーメンの大迫は今節も4-3-2-1のトップ下で容赦無く先発。 試合はいきなり前半開始早々、大迫のポストからカウンター、相手...

続きを見る

「粉骨砕身、生まれ変わった柿谷がセレッソを牽引する」J1第26節 浦和レッズ-セレッソ大阪

2019/09/14 | Jリーグ

最近は黒星が先行して失速気味の浦和と、着実に勝点を積み重ねてACL出場権が視界に入って来たセレッソとの対戦。浦和のフォーメーションは3-4-2-1、セレッソが4-4-2という事でポジション的にはミスマ...

続きを見る

「グループDのみ、本命2チームがコケる大波乱のスタート」カタールW杯アジア2次予選・各グループの状況

2019/09/13 | 日本代表

グループA おそらく中国とシリアで1位を争う事になるグループ。どちらも初戦は5点を取る快勝で好スタートしましたが、最終節に直接対決があるのが熱いですね。 グループB 大本命オーストラリア、2位を...

続きを見る

「鈴木優磨、ベルギーリーグデビューで早速新しい風を吹かす」ベルギー・プロリーグ第6節 オイペン-シント・トロイデン

オイペンはここまで未勝利、シント・トロイデンも5試合でまだ1勝と苦しい立ち上がりになった両チームの対戦。シント・トロイデンのスタメンのうち日本人はシュミット・ダニエルだけで、フォーメーションは3-4-...

続きを見る

「久保の新記録樹立と勝ち点3、協会とマスコミ的には万々歳な試合」カタールW杯アジア2次予選 グループF ミャンマー-日本

2019/09/11 | 日本代表

昨日は一応リアルタイムで戦評は書いていたんだけど、いつもレポートに使用しているSimplenoteが、最近のバージョンで同期のバグが出るようになってしまい、せっかく書いた文章が朝になったらすっかり消去...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑