「吉田も”裸”で無ければイングランドでも王様になれる」イングランド・リーグカップ準決勝 第2レグ リバプール-サウサンプトン

スポンサードリンク

今までカップ戦でサウサンプトンの試合を無視し続けてきたDAZNがやっとこさ仕事をしてくれたので、昨晩はリーグカップの準決勝第2戦をネット視聴。

前線にスタリッジ、ララーナ、フィルミーノと揃えてほぼベストメンバーの必勝体制で臨むホームのリバプールに対し、第1戦は1-0の勝利で折り返したものの、ファン・ダイクが欠場して吉田と若手のスティーブンスというコンビになったサウサンプトンの守備が果たして耐え切れるのか、注目して試合を見始めた。

試合は当然、リバプールがボールを支配はするのだが、PAエリアの幅より狭く4バックをコンパクトにまとめ、外側のスペースはSHが下がって5-4-1、時には6-3-1のような形になって守り倒すサウサンプトンの守備をなかなか崩せない。ファン・ダイクに比べるとフィードに難がある吉田も、アンカーのロメウが始終下がってパスを受けに来るので落ち着いたプレイが出来ている。

逆に、前半35分には連続して左ウイングのレドモンドがドリブルでサイドを突破して決定的な折り返しを出すも、どちらもデイビスがフリーのシュートを外してしまって得点ならず。シュートミス後のサウサンプトンベンチの様子、ピュエル監督のリアクションが全く同じのリプレイ状態で笑ってしまった。

後半からはさすがにリバプールのターンになり、サウサンプトンは中盤もDFラインに吸収されてバイタルエリアでボールを回され、6分にはエムレ・カンのミドルをサウサンプトンGKフォースターが弾くものの、ボールは後ろへ転がってしまい、フォースターが慌ててゴールラインギリギリで掻き出した場面を筆頭に、スタリッジの至近距離からのシュートミスなど3~4回の決定機を作られてしまうが、サウサンプトンは何とか運良く失点ならず。

そこからは吉田劇場の始まりで、リバプールは後半33分にオリジを投入して4トップにし、なりふり構わずサウサンプトンのゴールめがけてクロスを上げまくるが、これを吉田がことごとく跳ね返してしまう。ハイボールには強いが、ヘディングのコースをミスって相手に渡す事も多い吉田だが、これだけ味方が周りにいて「裸」にならない状況であれば安心して見ていられる(笑)。吉田のコーチングも良いのだろうが、相棒のスティーブンスもサブとは思えない安定感で押し込まれながらもリバプールにチャンスを作らせない。

そして試合も後半ロスタイム。リバプールのCKからサウサンプトンがカウンター、シムズが中央をドリブルで突破すると、最後は右サイドをオーバーラップしたシェーン・ロングにパス、これをロングが落ち着いて流し込み、サウサンプトンの勝利を決定づけるゴールが決まった。そして間もなく試合終了。リーグカップの決勝は、同日の試合でハル・シティに2-1で敗れながらも、アグリゲートスコアで上回ったマンUとの対戦になった。

チームメイトの良いフォローがあったのは事実だが、吉田自身もMOMの評価になっておかしくない働きだったのは確か。何より、最近はどんな場面でも本当に落ち着いて対処が出来ている。もはやサウサンプトンCBのファーストチョイスの座を確保した事は間違いないだろう。だからJSPORTSは毎週サウサンプトンの試合を放送してよね(笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「試合を見れば分かる、中村俊輔がFマリノスから去った本当の理由」2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ バンコク・ユナイテッド-横浜Fマリノス

2017/01/26 | Jリーグ, 未分類

タイで1次キャンプを行っている鹿島と横浜Fマリノスが、タイのバンコク・ユナイテッドとスパンブリーFCと交互に2試合を行うインターリーグカップ。その録画がDAZNであったので、昨晩はその試合を見てみた。...

続きを見る

「2トップ下の岡崎は、結局は割れ鍋に綴じ蓋」イングランド・プレミアリーグ第22節 サウサンプトン-レスター・シティ

2017/01/25 | 未分類

チャンスは作りながらも攻撃陣の決定力不足が深刻でリーグ戦は4連敗しているサウサンプトンだったが、さすがにラニエリの逆マジックが炸裂して守備が崩壊したレスターに対してはきっちり完勝してみせたという試合。...

続きを見る

「せっかくの武藤の先発復帰も、マインツはケルンに塩漬けされる」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 マインツ-ケルン

武藤がようやく長い怪我から復帰して、ほぼ1年ぶりに先発出場したケルン戦。ケルンの大迫も先発で日本人対決になったわけだが、試合自体は0-0のスコアが示すようにエンターテイメント的な見どころに欠けるしょっ...

続きを見る

「さしもの長谷部も、GKの一発退場ハンド芸は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ライプツィヒ-フランクフルト

昨日は午後9時から、スポナビライブでサウサンプトン対レスターの試合を無料中継してくれるとの事で見てみたのだが、LineLiveというスマホアプリのみの配信で、しかも自分のやり方がまずいのか縦画面の上1...

続きを見る

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで欠場と、相変わらず台所事情が厳しいドルトムントが、ブレーメンのアウェイに乗り込んでのウインターブレイク明け初戦。 ドルトムントの...

続きを見る

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコをドリブルでチンチンにしてアトレティコを苦しめた乾だったが、アトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われたコパ・デル・レイの準...

続きを見る

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってくれない使いなさなので、昨日はスカパーで再放送している「Jのミライ」という番組を見ておりました。 その中で、大学サッカーをテーマに...

続きを見る

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

2017/01/19 | その他戦評, 未分類

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試合のネタ枯れ状態。そんな中、BSフジで珍しく全日本大学女子サッカー選手権の決勝をやっていたのでそれを観戦。 前半にペースを掴んだ...

続きを見る

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 まあご存知のように、マンチェスター・シティがホームのエヴァートンに0-4という記録的な大敗を喫してしまったわけだが、やはりグアル...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑