ワシントンかフォルランか、ポドルスキはどちらの道を歩むのだろうか

2017/07/08 | Jリーグ

スポンサードリンク

昨日、チャーター機で神戸空港に降り立ち、レッドカーペットの上を歩いて登場という、どこの国賓かと思えるような派手な歓迎を受けたルーカス・ポドルスキ選手。

早速、ヴィッセル神戸オーナーの三木谷氏と神戸ビーフのステーキを食べた事が報じられるなど、早速ポルディフィーバーを巻き起こしているわけですが、じゃあ実際にJリーグで活躍できるかというと、個人的にはちょっと悲観的な見方をしています。

ドイツ代表を引退したとは言え、まだ32歳と老け込む年齢ではありませんし、彼自身のストライカーとしての能力は依然ワールドクラスである事は確かです。

ただ、選手としての基本属性としては性格もそうですが「自由人」。気持ちよく、点を取る事に集中できれば一流の仕事をしますが、守備とか戦術とかで縛ってしまうととたんにやる気が失われるタイプです。ある程度王様扱いさせてくれるケルンやドイツ代表では活躍しましたが、一兵卒の扱いになったアーセナルやインテルではパッとしませんでした。

特にJリーグの場合は、リトリート守備をするチームがほとんどなので、FWが守備をしないとゾーンに穴は開くしボールホルダーにもプレッシャーがかからないしで、他のメンバーの守備負担は倍増します。ACLを制覇した時の浦和も、ワシントンが守備をしてませんでしたが、鈴木や長谷部、闘莉王といった代表クラスの守備陣が控えていましたからね。

そして攻撃と守備が分断しても、これまたワールドクラスのチャンスメイカーであるポンテとワシントンの2人だけで点が取れてしまう。そういった、かつての浦和のような戦力が今の神戸に存在するかどうかは自明な話ですよね。2014年のセレッソも、結局フォルランに自由を与える余裕が無くなってベンチ送りにする羽目になりました。

でも1つ希望があるとすれば、まだクビを飛ばされていないネルシーニョ監督の存在。ジダンがクリスティアーノ・ロナウドを走らせて二冠を達成したように、監督に実績とカリスマがあれば”スター”をある程度戦術に従わせる事は可能です。そこが、フォルランを御する事を放棄した大熊監督の場合とは決定的に異なる点ではありますよね。

もちろん、個人的な願望を言えばポドルスキには大活躍してもらって、欧州のスター選手を獲得する意欲を多くのクラブが持つようになってもらいたいです。先行きは厳しいのは確かですが、何とか成功してもらいたいものですよね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「同じ4バックでも浦和の前半が守備崩壊、後半は立て直せたその理由とは」J1第13節(順延分) 川崎フロンターレ-浦和レッズ

2017/07/07 | Jリーグ

昨日、この試合で浦和がろくに練習もしていない4バックを採用して4-1の惨敗を喫したと聞いた時には、よほどチームが壊れてしまったのかと思ったのだが、実際に試合を見てみると思ったよりは悪くなく、特に後半は...

続きを見る

「序盤から勝負に出たリッチー・ポート、まずはフルームがきっちり撃退」ツール・ド・フランス2017 第5ステージ

2017/07/06 | 自転車

近年のツール・ド・フランスは、平坦ルートが多くて盛り上がりに欠けがちな序盤ステージに、他国からのスタートや石畳のパヴェなんかを配して目玉にするパターンが多かったのですが、落車が増えて総合争いをする選手...

続きを見る

「5年連続マイヨ・ヴェール、世界チャンピオンのサガンが一発レッドカード!」ツール・ド・フランス2017 第4ステージ

2017/07/05 | 自転車

今日はツール・ド・フランスの事は書かない予定だったんだけど、5年連続でマイヨ・ヴェールを獲得、昨年度は世界選手権を優勝したポイント賞争い大本命、ペーター・サガンが失格という、YAHOO!トップにまで載...

続きを見る

「チリは負けたけど、オーストラリア3バック攻略の素晴らしい手本を見せてくれた」コンフェデレーションズカップ2017 決勝 ドイツ-チリ

2017/07/05 | ワールドカップ

昨日はツール・ド・フランスも平凡なフラットステージだったので、ようやくコンフェデ決勝のドイツ対チリの試合を観戦。 シュート数は20対8で枠内シュートが8対3と、1-0でドイツが勝ったという事実が...

続きを見る

「雨のデュッセルドルフで今年はスタート」ツール・ド・フランス2017 第1~3ステージ

2017/07/04 | 自転車

昨日はコンフェデの決勝を見るつもりだったんだけど、思わぬ飲み会の用事が入ってしまったために、帰りが遅くなったのでツール・ド・フランスのリアルタイム観戦に切り替えました。 ツール・ド・フランス自体...

続きを見る

「ほぼ勝利を手中にしていたメキシコを打ち砕いたのは、まさかのポルトガルDFぺぺ」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 3位決定戦 ポルトガル-メキシコ

2017/07/03 | ワールドカップ

ポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドが子供の誕生で離脱するなど8人が準決勝からメンバーが変わり、メキシコも5人代えてとほぼ消化試合のような形になった3位決定戦だったが、意外と白熱してドラマチックな...

続きを見る

「早くも浦和ではザル花火大会が開催中」J1第17節 浦和レッズ-サンフレッチェ広島

2017/07/02 | Jリーグ

昨日からツール・ド・フランスの放送が始まり、その期間中は恒例でサッカーについては縮小営業となるので、この試合についても簡単に。 いや前半40分までは比較的締まった試合展開だったのに、広島のミキッ...

続きを見る

「ポジションレス、トータルフットボールへの道を邁進するドイツの恐ろしさ」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 準決勝 ドイツ-メキシコ

2017/07/01 | ワールドカップ

昨日の早朝に行われた試合で、ドイツが4-1で勝ったという結果は知っていたので、よほどメキシコがコテンパンにやられたのかと思っていたのだが、試合内容は意外と拮抗していてちょっと意外だった。 特にド...

続きを見る

「ゴールキーパーの共演となった120分の後に、まさかの結末が待っていた」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 準決勝 ポルトガル-チリ

2017/06/30 | ワールドカップ

クリスティアーノ・ロナウドとアレクシス・サンチェスという、ワールドクラスのアタッカーを揃えた両チームだけに、ポルトガル対チリの準決勝は点の取り合いになるかと思われたのだが、蓋を開けてみればまさかの12...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑