「ビラス・ボアス監督の仕掛けた罠に嵌った浦和を、右腕一本で西川が救う」アジア・チャンピオンズリーグ グループF 浦和レッズ-上海上港

スポンサードリンク

グループ3連勝で首位を走る上海上港を、2勝1敗で2位に付けている浦和がホームに迎えたACL第4節の上位対決。昨日の生放送はスカチャンでしかやってなかったので、翌日のBS再放送のほうで試合を確認。

浦和はズラタンとラファエル・シルバの2トップに、柏木がトップ下に入った3-4-1-2で、上海はエウケソンの1トップに、オスカルがトップ下に入った4-2-3-1というフォーメーションで試合開始。

最初にペースを握ったのは浦和で、守備時には4-4-2になる上海に対して、3バックとボランチ、WBの間でプレスを交わして上手くビルドアップし、サイドのコンビネーションから上海陣内に攻め込んで行く。上海は前線の4人と後ろの6人が間延びしていて、トップ下のオスカルまでほとんどボールが渡らない。

しかしこれはある意味上海のビラス・ボアス監督にとってはプラン通りだったのではないかと思う。浦和はパスこそ回すけれども、1対1のマークを剥がすようなアクションが出来るのは、せいぜいラファエル・シルバと駒井、宇賀神ぐらいで、柏木はボールに絡みはするけどマークがある状態では前を向けず、相手にとっては怖さが感じられない。

そして前半30分ごろから上海がラインを上げ始めると、相変わらず守備組織が怪しい浦和はウーレイの切れ味鋭いドリブルに翻弄され、ゴール前で左右にボールを振られてあっさり決定機を献上するも、ゴール前でドフリーになったルーウェンジュンのヘディングはポストに当たって命拾い。

ところが前半の43分に、浦和は青木の縦パスを受けたズラタンがラファエル・シルバにボールを出すと、ラファエル・シルバは相手DF3人に囲まれながらシュートを放ち、これが上手くコースに飛んで劣勢になりかけていた浦和の方に先制点が入ってしまう。

後半になると、上海はフォーメーションを4-3-3にしてオスカルをインサイドハーフに置き、オスカルが中盤でボールを多く触れるようにして来た。このオスカルから浦和の選手が全くボールを奪えず、特に柏木の軽さが狙われてチンチンにされると、パスを自在に配給されて浦和は一気に劣勢となる。さらに何故かボランチで効いていた青木をミシャが下げた事で、さらに浦和の悪循環が加速する。

が、ここで立ちはだかったのが守護神の西川。後半早々に食らったエウケソンの強烈なシュートを連続で弾き返し、19分にはオスカルの切り返しにあっさり引っかかった柏木がPKを与えるも、西川はこれを腕1本で防いでしまう。さらに30分、ルーウェンジュンのクロスをカバーに入った槙野の腕に思いっきり当たって2度めのPK、しかしオスカルはこれもクロスバーの上に外してゴールならず。

後半36分にようやく那須を投入、遠藤がボランチに入った事で浦和の守備が少し安定、その後はカウンターから浦和もいくつかチャンスを作るが決められず、4分のロスタイムも何とか粘って守り切って浦和が1-0で勝利、得失点差で上海を上回ってグループ1位に浮上、次節で引き分け以上だと突破が決まるポジションに立った。

まあ、今時バルサでさえ諦めている、攻撃さえしていれば守備はいらない、劣勢でも攻撃陣をフレッシュにしたら挽回出来る、というミシャ監督のバンザイアタック采配にもかかわらず良く勝てたなと(笑)。上海はフッキが欠場するなどの運もあったが、間違いなくアジア最強レベルのチーム相手に勝てた事は自信に繋がるはず。あとはラファエル・シルバ以外にも個人で勝負出来るFWがいればいいんだけどね・・・夏に補強しないんだろうか?

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「代表じゃなくてHSVでなら、酒井高徳も長谷部に見えるんだけど」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ハンブルガーSV-ホッフェンハイム

今朝に行われる予定だったドルトムント対モナコのチャンピオンズリーグ準々決勝が、何者かによるチームバス爆破事件によって翌日に延期となるショックな出来事があって、気分は暗鬱とした状態だけどひとまず昨晩見た...

続きを見る

「澤、宮間が率いるスターの時代から、平凡で勤勉な11人の時代へ」キリン・チャレンジカップ なでしこジャパン-コスタリカ

2017/04/11 | なでしこ

昨日は家族行事があって夜はお祝いで酒を飲み、半分寝た状態で試合を見たのでごく簡単に。 「キリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~」と銘打ち、熊本地震の復興支援...

続きを見る

「”左で仕掛けて右で仕留める”新しいスタイルでドッペルパックを決めた浅野」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第28節 シュツットガルト-カールスルーエ

勝ち点7差を付けられ、3部への降格ゾーンまっしぐらで今期2人目のスロムカ監督が解任されるなどスクランブル状態のカールスルーエ。シュツットガルトとのダービーマッチに乗り込んだアウェイサポーターからはピッ...

続きを見る

「不調時のレスターとそっくりなマインツの現状に、武藤はどう力になるべきか」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フライブルク-マインツ

昨日は武藤が先発に復帰したという事だったので、DAZNでライブ放送をしていたマインツの試合を観戦したのだが、何とも残念な後味の悪い結果になってしまった。 フライブルクもマインツもフォーメーション...

続きを見る

「後ろから足を刈られ、顔を蹴られて鼻血を出しながらの奮闘も酒井は報われず」フランス・リーグアン第31節 マルセイユ-ディジョン

昨日はJリーグの試合を見ようと思ったのに、浦和対仙台も広島対ガンバも両方DAZNの時間表記がバグっていて、全くまともに見られなかったので仕方なくリーグアンの試合を観戦。こういう事って前から結構あるのに...

続きを見る

「戦術のための選手から、選手のための戦術へと時代は変わりつつある?」イングランド・プレミアリーグ第31節 チェルシー-マンチェスター・シティ

昨日は会社行事の飲み会があり、酒が入った状態でDAZNを見るのはかなり辛いものがあるので、スカパーで録画しておいたチェルシーとシティの試合を見てみた。 試合は前半から激しく動き、前半10分にニア...

続きを見る

「香川にとっては美味しかった、酒井高徳のSB的プレイスタイル」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

2017/04/06 | 未分類

香川が今季リーグ戦初ゴールを含む1G1Aを決めて、ブンデスリーガ公式からMOMに選出され、ファンからも契約延長を求める声が続出するなど大活躍を見せたと聞いていたので、ちょっと期待を込めて試合を見てみた...

続きを見る

「もうカンテの肩代わりが必要無くなった岡崎」イングランド・プレミアリーグ第30節 レスター・シティ-ストーク・シティ

昨晩にレスターは最下位のサンダーランドに2-0で勝利、シェイクスピア監督へ交代してから6連勝を達成、イングランド人監督として初陣からの連勝記録をまた更新したわけだが、これはその前のストーク戦のレポート...

続きを見る

「代表疲れでヨタヨタな上に、ボランチまでやらされる不憫な久保」ジュピラー・プロ・リーグ 優勝プレーオフ ゲント-クラブ・ブルージュ

ベルギーのジュピラープロリーグは、結構複雑な優勝チーム決定プロセスを持っていて、16チームによるリーグ戦で2回戦を戦った後、その時点での半分の勝ち点からスタートする、上位6チームの間でホーム&アウェイ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑