「香川の芸術的なゴールで、ドルトムントの”不思議な勝ち”はまだまだ続く」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク-ボルシア・ドルトムント

スポンサードリンク

ハイライン・ハイプレスという、いわゆる「ひたすらグーしか出さない」サッカーを愚直に推し進めているドルトムントのボス監督。ここまでのリーグ戦ではその作戦が上手く行って首位に立っているが、そろそろ各チームが研究しだして苦戦をするタイミングが来るんじゃないかと思っていたが、やはりアウグスブルクでその懸念が見え始めたかなと。

前半4分に、香川のミドルシュートから得た左CKを香川自身が蹴ると、PA内で相手を背にしながら足元にボールを納めたヤルモレンコが、とっさの判断でヒールキックをするとそれがGKの脇を抜けるゴールになって幸先よく先制点をものにするが、その後はアウグスブルクのフィジカルを全面に出したサッカーに苦しめられる。

ドルトムントの長所も短所もハリルホジッチ・ジャパンに似ているところがあり、4バックのゾーンがボールサイドに寄ってかなりコンパクトになるため、ファーサイドに大きなスペースが空いてしまう。前半11分に失点がその典型例で、右SBのピシュチェクがDFラインに吸収された状態で、サイドをカバーしようとしていたのは香川のみ、そして香川が追いつけないうちにアーリークロスを蹴られ、カイウビーに頭一つ抜け出されてヘディングを決められてしまった。

しかしそのピンチを香川が救う。前半23分にドルトムントが蹴り出したロングボールを、アウグスブルクの選手がお見合いして後逸、それを拾ったオーバメヤンからの折り返しをヤルモレンコがはたき、香川がチップキックで美しい軌跡を描くループシュートをファーサイドに決めてドルトムントが再びリードを奪う。

後半になると、アウグスブルクはさらにフィンボガソン、グレゴリッチュ、カイウビーと高さのある前線にロングボールを集め、セカンドボールにプレスをかける戦術に特化し、フィジカルに欠けるドルトムントはズルズルとラインを下げられ、香川の頭上をドルトムントDFが苦し紛れにクリアしたボールが飛び交うのみ。

それでもドルトムントは何とか耐え忍び、後半25分にオーバメヤンが放った完全フリーのヘッドはGKの正面に飛んでしまったが、32分にドルトムントのCKでクジャチョルがピシュチェクのユニフォームを引っ張って倒し、その時点では審判に流されたが何故か2分後にVARでPKの判定が出てしまう。が、オーバメヤンのパネンカをゴールキーパーヒッツが完全に読んでいてあっさりキャッチというトホホな展開。

後半35分には香川も交代し、結局は後半に限るとシュート数はアウグスブルクの7本に対してドルトムントが4本と、ほぼほぼアウグスブルクのペースだったがドルトムントGKビュルキの奮闘もあって、何とかドルトムントは香川の決勝ゴールを守りきって勝利。バイエルンがヘルタに引き分け、ホッフェンハイムがフライブルクに負けたおかげで、ドルトムントは2位に勝ち点5差を付ける首位固めとなった。

相変わらず負けてもおかしくない試合内容なのに勝ってしまったという試合だが、久々に先発した香川が数少ないチャンスをモノに出来たのは良かった。戦術の方向性はブレなくても、ターンオーバーをしつつ選手の組み合わせについてはまだ手探り状態・・・つーか、そろそろ固める部分は固めたほうがいいのではないかと思うが、香川が先発する機会は間違いなくこれから増えて行くだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「負けはしたが調子は上向き、改めてケルンでの重要性を証明した大迫」UEFAヨーロッパリーグ グループH ケルン-レッドスター・ベオグラード

今期は公式戦で7戦未勝利と絶賛絶不調中のケルン。晴れのヨーロッパリーグ初ホーム戦だが、現実的にはターンオーバーせざるを得ず、主力の大迫とビッテンコートがベンチスタートで、2トップにはコルドバとギラシが...

続きを見る

「十八番の”クリスマスツリー”と共に心中したのは本望か」UEFAチャンピオンズリーグ グループB パリ・サンジェルマン-バイエルン・ミュンヘン

ネイマール、カバーニ、ムバッペという世界最強クラスの3トップを擁するPSGに対して、アウェイのバイエルンがどういう戦いを見せるのか注目された試合だったが、リベリとロッベンをスタメンから外したアンチェロ...

続きを見る

「代表初選出の車屋、ACLでの悔しさを晴らす活躍に期待」ニュージーランド・ハイチ戦代表メンバー発表!

2017/09/28 | 日本代表

すっかり忘れてしましたけど、10/6にニュージーランド、10/10にハイチの代表と対戦するキリンチャレンジカップの代表メンバーが発表になりましたね。 GK 川島永嗣(メス) 東口順...

続きを見る

「監督に出せない金を経験に出せるか」森保監督率いる東京五輪サッカー代表の可能性

2017/09/28 | 五輪代表

昨日は野暮用で京都まで出かけており、疲れて帰って酒飲んでサックリ寝落ちしてしまったのでサッカーの試合は見られず。なので、昨日に報道があった東京五輪の男子サッカー代表監督に、森保氏が候補として一本化され...

続きを見る

「こんな安定感のある吉田は吉田じゃない?」イングランド・プレミアリーグ第6節 サウサンプトン-マンチェスター・ユナイテッド

昨日は本当なら宇佐美がゴールをあげたデュッセルドルフの試合を見たかったんだけど、DAZNの放送はダイジェストのみ。肝心なとこで使えねー。なので、負け試合ではあったがサウサンプトンとマンUの試合を見てみ...

続きを見る

「プチ・マンUのようなスタイルに変貌したチームにあって、ますまず重要性が増している酒井の存在」フランス・リーグアン第7節 マルセイユ-トゥールーズ

酒井が前半で交代されて完敗してしまったレンヌ戦から立ち直って連勝中のマルセイユと、アウェイではわずか勝ち点1しか挙げられていないトゥールーズとの対戦。 それを裏付けるかのように、立ち上がりはマル...

続きを見る

「”百億円以上の価値”がある男、岡崎のあわやドッペルパック」イングランド・プレミアリーグ第6節 レスター-リバプール

昨日は恒例のイベントへ朝から出かけ、いつものように疲れた酔っぱらいで帰ってきたので、試合の感想はごく簡単に。 前半の早い時間帯で2点を取られてしまったので、このままズルズル行くかと思われたのだが...

続きを見る

「鹿島と対象的に、ガンバに漂っていた”敗者のメンタリティ”」J1第

2017/09/24 | Jリーグ

独走で首位を快走する鹿島と、天皇杯で敗退しリーグ優勝も絶望的な状況になっているガンバという対象的なチーム状況での対戦。 いつもどおりの4-4-2フォーメーションの鹿島に対し、ガンバの取った方策は...

続きを見る

「長谷部は相変わらず整えまくり、大迫はボールを収めまくるが決定機逃す」ドイツ・ブンデスリーガ

開幕から4連敗中と最悪のスタートを切ったケルンが、ここまでまだ1勝と調子がイマイチなフランクフルトをホームに迎えての試合。 ケルンのフォーメーションは4-4-1-1でコルドバと大迫がFWでの先発...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑