「”戦術ドルトムント”で結果は出ているだけに、浅野には悩みどころ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第22節 シュツットガルト-カイザースラウテルン

スポンサードリンク

先週の土曜日からJリーグが開幕し、早くも昨年の12月に予想した通りにあちこちで阿鼻叫喚な事態になっているDAZN。

その絶賛炎上中のDAZNで、日曜日の夜はライブでシュツットガルトの試合を観戦。でも時々画面がフリーズするなど夜になってもサーバーの不調は収まらず、ストレスはあったものの何とか試合終了まで見ることが出来た。

前節のハイデンハイム戦で”偽ウイング”浅野戦術が研究されて封じ込められたため、今節はウォルフ監督が何か策を立ててくるかと思ったのだが、左ウイングのグリーンに代えてブレカロを先発に据えたぐらいで、あとは全く同じメンバー、フォーメーションで臨んで来た。

当然、カイザースラウテルンも同じ対策を施してきて、浅野とゲントナーのインサイドハーフはダブルボランチがカバー、アンカーのグルギッチは2トップで挟み込み、シュツットガルトは満足なビルドアップが出来ず4人のDFの間でボールを回すだけで、ポゼッションは7割以上だがほとんどボールが相手陣内に入って行かない。

しかし、この4-1-4-1だけど攻撃時には2-3-4-1になって、2列目の4人が相手のバイタルエリアの中で待つという、インサイドハーフをゲームメイカーではなく主にアタッカーとして使う形は、実はドルトムントでも良くある光景なんだよね。そしてアンカーに負担がかかってビルドアップに苦しんでいるのも同じなんだけど、それでもこういう形に固執するのは明確なメリットがあるのだろうか? 確かにハマった時の破壊力はあるけど、確率的には低い策のように思えるのだが。

ただ、前節に比べると少しは浅野がボールに触る機会もあり、31分には浅野のドリブルからのパスでブレカロがシュート、43分にはPA左で抜け出し、ギリギリ折り返すもGKがキャッチ、45分にはマネからのクロスをヘディングしたが体が伸び切ってボールはクロスバー超えと一応は見どころを作ったが、前半のシュツットガルトは決定的な場面はほぼ皆無だった。

後半になると、シュツットガルトは早めに前線へ長いボールを放り込んでセカンドボールを拾うプランに変更、これが功を奏して徐々にシュツットガルトが良い形でボールを持てるようになる。そして後半15分に、左サイドをSBのインスーアがドリブルで持ち込み、中に居た浅野がDFをニアに引きつけると、そのスペースに飛び込んだテロッデがインスーアのクロスを足先で触り、コースが変わったボールがゴールに吸い込まれてシュツットガルトがようやく先制点をゲットする。

22分からギンチェク、グリーンが投入されて浅野はここでお役御免。その後はシュツットガルトが自陣でしっかり守ってカウンターへ狙いを切り替え、43分にはそれがまんまと当たって右サイドでのカウンターから左でフリーな状態だったオズジャンが冷静に流し込んで追加点、これで試合は完全に決まってしまった。

今節は2位のハノーファーが引き分けたため、これでシュツットガルトは2位に勝ち点5の差で首位固め。内容的にはイマイチで浅野も不完全燃焼な状態だけど、結果が出ているのだからこのまま同じ起用法になるのは確実だろう。さて、こういう状態でどう浅野は結果を出して行けるのだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「小林監督ニュースタイルの清水、ホームでの初陣を飾れず」J1第1節 清水エスパルス-ヴィッセル神戸

2017/02/26 | Jリーグ, 未分類

昨晩は適当な時間にDAZNで見たい試合が無かったので、昼間に録画しておいた、NHKBSでやっていた清水対神戸の試合を夜に観戦した。 ちょうど鹿島とFC東京の試合と同じような4-4-2同士の対戦。欧州...

続きを見る

「新戦力が活躍したFC東京が、お疲れの王者鹿島を破る波乱の開幕」J1第1節 鹿島アントラーズ-FC東京

2017/02/25 | Jリーグ, 未分類

既にゼロックス・スーパーカップ、アジア・チャンピオンズリーグと2試合の公式戦をこなしている昨年のJ1王者鹿島と、大型補強を敢行して早速大久保、永井、林、そしてオランダから復帰の太田を先発起用してきたF...

続きを見る

「ちょっと躓きかけた、レアル・マドリーへのリベンジ第一歩」アジア・チャンピオンズリーグ グループE 鹿島アントラーズ-蔚山現代

試合の生放送は録画を忘れてしまったんだけど、幸いにしてCSチャンネルは再放送をしてくれたので、昨日は遅ればせながら鹿島対蔚山の試合を見てみた。 鹿島のフォーメーションは4-4-2で、蔚山も全く同じ4...

続きを見る

「今野と井手口のインサイドハーフ勝負は、先輩が貫禄を見せつけた」アジア・チャンピオンズリーグ グループH アデレード・ユナイテッド-ガンバ大阪

ここまでグループリーグの初戦で浦和と鹿島が連勝し、ここ近年には無かった好調なスタートを切った日本勢。3番手に登場したガンバは、ガンバが優勝した2008年のACLで決勝と戦った、アデレード・ユナイテッド...

続きを見る

「悔しいのは理解できるが、原口の怒りが監督批判と見られなければ良いのだが・・・」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン-バイエルン・ミュンヘン

ゼロックス・スーパーカップに続いて、昨日はACLの録画を忘れてしまったので、仕方なくヘルタとバイエルンの試合を録画観戦。最近はDAZNでの観戦に偏ってしまっていて、ついついテレビの録画を忘れてしまうん...

続きを見る

「こうして日本はトップ下だらけになってしまうのであった」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-シャルケ

守護神ホルンや主将のレーマン、そして攻撃の核であるビッテンコートを怪我で欠き、大迫がボランチをやらないといけないほど厳しいやりくりを強いられているケルンと、バイエルンに引き分けてから3連勝、ミッドウィ...

続きを見る

「スルーパスやダイレクトパスという言葉を知っているのは久保だけ」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第27節 スタンダール・リエージュ-ゲント

昨日はバイエルン対ヘルタの試合を見る予定だったんだけど、DAZNを開いて突然気が変わり、どうせなら生で見られる試合にしようと思って、ベルギーリーグのスタンダール・リエージュ対ゲントの試合を見てみた。 ...

続きを見る

「浅野の”偽ウイング”は研究されてしまい、ライバルは得点で結果を出す」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第21節 ハイデンハイム-シュツットガルト

昨日はゼロックス・スーパーカップがあったのに録画をすっかり忘れていて、仕方なく金曜に行われていたハイデンハイム対シュツットガルトの試合を観戦。DAZNの放送にもスーパーカップは入って無くて、契約外だっ...

続きを見る

「化物ぶりを見せつけたディアワラだが、アンカー対決の軍配はカゼミーロに上がる」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第1レグ レアル・マドリー-ナポリ

4-3-3や4-1-4-1、最近では3-1-4-2など中盤の底を1人で務めるアンカーを置くフォーメーションが増えた事により、このポジションにどれだけ良い選手を揃えるかが、欧州のトップリーグで優勝を狙う...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑