「ネイマールにとってはバルサでの最後の試合となるのか、アメリカン”ハードロック”クラシコ」インターナショナルチャンピオン

スポンサードリンク

マイアミ・ドルフィンズがホームスタジアムとして使用している「ハードロック・スタジアム」で行われた、インターナショナルチャンピオンズカップでのレアル・マドリーとバルセロナの試合。

スタジアムの屋根にデカデカとハードロックカフェのロゴが書かれ、ハーフタイムにはアメフトばりにマーク・アンソニーのショーまで行われるなど、すっかりクラシコもアメスポに馴染んでるなという印象(笑)。

試合の方もまさに興行という名がふさわしい、レアルにクリロナとクロースが居ない以外はほぼベストメンバーで、互いにあまり高い位置からプレスをかける事をせず、スペースがある程度ある中で攻撃力を誇示し合うような展開になった。

まず先制パンチを放ったのがバルサ。前半4分に中盤でボールを奪ってからカゼミーロがメッシにスルーパス、メッシは鋭く切れ込んでシュートを放つと、ボールはバランに当たってゴールに吸い込まれ早速エースがゴールを決めると、7分にはネイマールからの横パスをスアレスがスルー、後ろに走り込んだラキティッチがコースにミドルを決めてあっという間にバルサが2点をゲットする。

その後もスアレスが決定機を迎えるなどバルサの一方的なペースだったが、レアルも前半の14分、放出の噂を打ち消すようにコバチッチがワンツーからドリブルで切れ込んでのシュートで1点を返すと、ベンゼマやモドリッチがミドルを放って反撃、バルサもカウンターからネイマールが左サイドで溜めてシュート、メッシもバイタルから2度のシュートと、互いにチャンスを量産する派手で大味な展開。

すると35分に、スカスカのカウンターからアセンシオが中央でドリブル、一度味方に預けてからのリターンパスを受けたアセンシオが、ジョルディ・アルバのスライディングをあっさり交わしてニアにきっちり決め、レアルが同点に追いついて試合はハーフタイム。

後半からレアルはイスコ、ルーカス・バスケス、バジェホ、ナチョを投入し、バルサはセルジ・ロベルト1人が入る。大量4人替えでレアルのマークが混乱したのか、後半5分にネイマールのFKにピケが完全なフリーになってあっさりとボレーを決め、バルサが再びリードする。

その後15分までは前半と同じようなテンションで互いにチャンスを作りまくるが、レアルGKケイラー・ナバス、バルサGKシレセンがイスコやマルセロ、ネイマール、スアレスの決定機を防ぎスコアは動かず、後半途中からどんどん選手が交代し、バルサのデニス・スアレスが存在感を見せた以外は低調な試合になってそのまま試合終了。この勝利でバルサがインターナショナルチャンピオンズカップ・アメリカラウンドの優勝を決めた。

この試合がバルサにおける最後の試合となるかもしれないネイマールは、2点に絡むものの自身のシュートは奪えず。絶好のチャンスで足元にボールが入ってしまうなど、要所でのミスが散見された。レアルでは悪い意味でベイルが目立った。攻守において動きが鈍く、活発に動いて鮮やかなゴールを決めたアセンシオに比べると、残酷なまでに差があった。しかしレアルのペレス会長はベイル起用に圧力をかけて来そうで、昨シーズンのハメス・ロドリゲスのような火種にならないといいのだが・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

ネイマールの巨額移籍が示す、ブラジル人選手と世界経済の行方

昨日は飲み会があり、最近の夏バテによる体調不良を押して何とか参加したものの、帰宅後あえなくテレビも見ずに撃沈。なので、今サッカー界でもっともホットな話題である、ネイマールのパリ・サンジェルマンへの移籍...

続きを見る

「初先発のポドルスキは、本当にワールドクラスのストライカーだったのか」J1第19節 ヴィッセル神戸-大宮アルディージャ

2017/08/01 | Jリーグ

はい、ワールドクラスでした(即答・笑)。 いやその移籍後Jリーグ初ゴールの場面、特に反動も期待できそうにない緩いこぼれ球を、ほとんどノーステップで振り向きざま、ヒザから下だけのコンパクトな振りで...

続きを見る

「時代の先駆者が、Jリーグに来てしまった故の悲劇」浦和ペトロビッチ監督の解任

2017/07/31 | Jリーグ

土曜日の試合で下位のコンサドーレ札幌に対し、まさかのハーフタイム3人替えで結局9人で戦う羽目になってあっさり連敗、J1のここ8試合でわずか勝ち点6、順位こそ8位に留まっているものの首位から勝ち点12差...

続きを見る

「組織面では上回っていたセレッソ、しかし戦術はベースであって逃げ道ではない」J1第19節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

2017/07/30 | Jリーグ

昇格組のセレッソが首位、昨年年間4位のガンバが6位という意外な形で迎えた、吹田スタジアムでの大阪ダービー。現在の勢いからしてセレッソが優位と見られていたが、結果はガンバが3-1で逆転勝利と意地を見せつ...

続きを見る

「相手が手抜きでも、長友アシストでインテルが勝ったのは何より」インターナショナルチャンピオンズ杯 バイエルン-インテル

アメリカ、中国、シンガポールで、多くのビッグクラブを集めて行われている世界的サッカー興行イベントであるインターナショナルチャンピオンズカップ。 これまでの試合を見ていると、完全にテストと割り切っ...

続きを見る

「この3-1-4-2フォーメーションが、悩めるペップにとって一挙両得の解決策になるのだろうか」インターナショナルチャンピオンズ杯 マンチェスター・シティ-レアル・マドリー

NFLロサンゼルス・ラムズの本拠地、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われたマンチェスター・シティとレアル・マドリーのインターナショナルチャンピオンズカップ。ビッグチーム同士の対戦とあって、スタ...

続きを見る

「チェルシーの大黒柱は、実はカンテじゃなくてその後ろの選手なのかもしれない」インターナショナルチャンピオンズ杯 チェルシー-バイエルン

スカパーのJSPORTSで、珍しくサッカーのインターナショナルチャンピオンズ杯をやっているので、昨日行われたチェルシー対バイエルンの試合を見てみた。 昨年はプレミアリーグで首位を独走して優勝を飾...

続きを見る

「セレッソが負けて、鹿島が勝てたセビージャ戦3つのポイント」Jリーグ・ワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズ-セビージャ

今年もツール・ド・フランスが終わり、サッカーサイトとしての夏休みもこれで終了。ぼちぼち通常運転に戻るリハビリとして見たのは、先日行われた鹿島とセビージャの試合。 ご存知のように、試合は鹿島が2-...

続きを見る

「今年は石橋を叩いたフルーム、来期は包囲網を解いて5勝クラブの仲間入りを果たすか」ツール・ド・フランス2017 第19~21ステージ

2017/07/25 | 自転車

週末の暑さと日曜日のイベントでヘロヘロになり、月曜は差し歯が取れた上に朝から仕事が満載で、昨日は更新をお休みさせていただきました。で、昨晩は改めてツール・ド・フランスの残りステージを駆け足で見たのでま...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑