「ハリルホジッチは、堀監督に槙野と遠藤の使い方を教わるべき」アジア・チャンピオンズリーグ 準決勝第2レグ 浦和レッズ-上海上港

スポンサードリンク

家がケーブルテレビを解約してしまったために、日テレジータスとかでやってるACLが見られなくなって久しいのだが、先日の浦和対上海上港の試合はたまたまNHK-BSで再放送をやってくれたので、何とか試合を見ることが出来た。

アウェイでの第1戦を1-1で終えた浦和は、4バックに槙野、マウリシオ、阿部、遠藤、アンカーが青木、2列目が武藤、長澤、柏木、ラファエル・シルバ、1トップが興梠という4-1-4-1。対する上海は、エウケソンの1トップに、トップ下がオスカル、右SHがフッキという4-2-3-1。

試合が始まると、まず上海が前へ前へとプレスをかけてくるのだが、上海はまずフッキとオスカルにボールを当てる形ばかりで、阿部と槙野が彼らをきっちりマークして自由にさせず、サイドのスペースも必要に応じて武藤とラファエル・シルバがしっかり戻って上海の突破を許さない。

そして前半12分に、それまで押されたいた浦和が、柏木のCKをラファエル・シルバがマーカーの前に入る旨い動きでヘディング、これがゴール上隅に決まってワンチャンスで先制点をゲットする。さらに、その後は急にDFラインが下がって前線が戻らない上海の中盤がガバッと空いて、浦和がボールを繋いで畳み掛けるが、クロスに対してファーサイドでドフリーだった武藤のヘッドは枠を捉えられず。

25分頃からはさすがに上海も戦術を修正、SBを高い位置に上げてビルドアップし、そこからボランチ、SHを絡めてサイドのスペースをじっくり攻めるようになると、浦和はズルズルとDFラインを押し下げられ、自陣に押し込まれて全くシュートを打てなくなるが、コンパクトな4-4ゾーンを崩さず粘り強く守り、何とか前半を無失点でしのぎ切る。

後半も、前がかりになった上海に対して浦和もカウンターを繰り出そうとするのだが、相手のフィジカルで潰されなかなかゴール前までボールを運ぶことが出来ず、後半11分にまたも柏木のCKから槙野がフリーで放ったヘディングもクロスバーで、浦和はとどめを刺す追加点をゲットする事が出来ない。

上海はここでツァイフイカンを入れてフォーメーションを4-2-4の4トップに変更、サイドからのクロスをメインに攻めるようになるのだが、それまで中盤でパスを回され、横に走らされていた浦和にとっては、守備の狙いがゴール前で跳ね返すだけになって、中盤が数的優位になってセカンドボールも拾えるようになり、かえって守りやすくなったように見えた。

後半32分には、フッキのミドルシュートをGK西川がファンブル、エウケソンに押し込まれそうになる最大のピンチを迎えたが、その後は上海のパワープレイにも耐え抜き、興梠、ズラタン、長澤の攻撃陣もしっかりイーブンボールをキープ、ファールを誘って時間を稼ぎ、最後まで浦和が1点を守りきって試合終了。サウジアラビアのアル・ヒラルとの間で行われる10年ぶりの決勝戦へと駒を進めた。

もちろん浦和の選手全員でもぎ取った勝利ではあるのだが、あえてMVPを挙げるとすれば堀監督の選手起用だろう。CBやボランチとしては怪しい槙野と遠藤をSBにして、縦方向に専念させると見違えるようにプレイが安定、インサイドハーフで起用した長澤はフィジカルの強さと素早い攻守の切り替えで中盤の激しい攻防に大きく貢献、途中出場のズラタン、梅崎の投入タイミング、配置も的確で、試合を見ていたハリルホジッチに対して選手の使い方をレクチャーしているようだった(笑)。

次の決勝も最初がアウェイ戦になるので、上海の場合と同じように粘り強くアウェイイーブン以上でしのぎ、ホームで相手の攻撃を跳ね返してカウンター狙いの展開になるほうが、今の浦和にとっては下手に最初から攻撃的なサッカーで行くよりも良いように思う。とにかくまずは11/19の第1レグに向けて準備をしっかり整えたい。

 

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「完成したのにチームを壊すトゥヘル、完成しないうちにイジってしまうボス」UEFAチャンピオンズリーグ グループH APOEL-ボルシア・ドルトムント

ここまでグループリーグ2連敗で、決勝トーナメント進出には絶対に勝ち点3が欲しかったドルトムントだが、APOELホームで迎えた第3節はずっと試合を支配しながらも結局1-1のドローで終了、レアルとスパーズ...

続きを見る

「優勝候補をPK戦まで追い込んだ、その運をつかみ取れなかったのが残念」U-17ワールドカップ ベスト16 日本-イングランド

2017/10/18 | ユース代表

正直言って、試合前の予想通りにイングランドと日本では力の差はあったと思う。ピンチの数だけで言えば、日本は前半の内に2点を取られてもおかしくない展開だった。が、それだけにPK戦まで持ち込めたラッキーをモ...

続きを見る

「イジメに近い過酷な戦術タスクをこなし、勝利に寄与した長友」イタリア・セリエA第8節 インテル-ACミラン

強力な補強をして好調なスタートを切ったものの、リーグ戦の連敗で早くもモンテッラ監督解任の噂が立っているミランと、内容的にはイマイチなれどここまで3失点と堅い守備で無敗を続けているインテル。167回目の...

続きを見る

「ハリルホジッチは清武じゃなくて、実は水沼を見に来たのかもしれない」J1第29節 サガン鳥栖-セレッソ大阪

2017/10/16 | Jリーグ

ユン・ジョンファン監督と、その教え子だった水沼宏太にとって古巣対決となった、サガン鳥栖とセレッソ大阪の試合。鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督もゾーン・ディフェンスの使い手とあって、戦術的にも興味深...

続きを見る

「これが寄せ集めの現実なのだが、ハイチ戦よりは未来が見えた試合」U-17ワールドカップ グループE 日本-ニューカレドニア

2017/10/15 | ユース代表

フランスとホンジュラスに合計11点を取られたニューカレドニアに、日本は予選を突破したとは言え、1-1のドローという”失態”を演じてしまったわけだが、個人的にはそんなに落胆するような試合じゃなかったかな...

続きを見る

「欧州では強豪国ほど、自由で創造性のあるサッカーとは無縁なのだ」ロシアW杯欧州予選 グループA フランス-ベラルーシ

2017/10/14 | ワールドカップ

ホームでベラルーシ相手に2-1と聞くと、よほどW杯出場のプレッシャーに負けてしょっぱい試合になったように思えてしまうのだが、いざ試合を見てみると想像とは全然違っていた。 現実的には、序盤からフラ...

続きを見る

「出場32カ国中の23カ国が決定する中、オランダ、アメリカの常連国が敗退」ロシアW杯 各大陸予選の状況

2017/10/13 | ワールドカップ

10月の各大陸予選が終わり、ロシアW杯に出場する32カ国のうち、23カ国が決定しました。 南米予選 最も激烈な最終節になった南米予選。崖っぷちのアルゼンチンはエクアドルに先制を許す絶体絶命のピンチ...

続きを見る

「日本の強さを認め、最大限のリスペクトを示したフランス」U-17ワールドカップ グループE 日本-フランス

2017/10/12 | ユース代表

グループリーグ最大のライバルとは言え、U-17ワールドカップの欧州予選で4位だったフランスが相手という事で、楽観視する向きも多かった試合だったが、蓋を開けてみれば日本は初戦で見せたような攻撃力をほぼ見...

続きを見る

「何度でも”自分たちのサッカー”を蘇らせてしまう、日本サッカーの根深い病巣」キリンチャレンジカップ 日本-ハイチ

2017/10/11 | 日本代表

FIFAランキングが48位と日本よりも8つ下のハイチに対し、序盤に2点を先制しながらも逆転され、試合の終盤になって辛くも追いついてドローという”失態”を演じてしまった日本。 案の定、試合後のネット界...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑