「途中での失速は残念だが、ボーンマスはハリルホジッチジャパンのお手本だ」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ボーンマス-アーセナル

スポンサードリンク

昨日はさすがに特に見るべき試合が無くなって、10日前に行われたプレミアリーグの前節、ボーンマス対アーセナルの試合を結果を知らずに見始めたのだが、こんなに面白い展開になっていたとは予想外だった。

昨シーズンのボーンマスはチャンピオンシップから昇格して16位と、ギリギリ残留を果たしていたようなチームだったので今年も同じようなものかと思ったら、何とサウサンプトンよりも上位にいる9位と大躍進。そりゃアーセナルを相手にしても良いゲームをするのは当たり前だよね。

ボーンマスのフォーメーションは4-2-3-1で、守備時には4-4-2の3ラインを組み、SBがサイドラインへマークに出たら、CBとの間のスペースをボランチが下がって埋めるディアゴナーレが忠実で、ボールを奪ったら高く上がった逆サイドのウイングへ大きく展開して基点を作る、イングランドでは珍しいサッキ式ゾーン・ディフェンスがしっかりと機能しているチーム。

前半16分に挙げた先制点は、まさにゾーン・ディフェンスの手本のような攻撃で、右サイドのスタニスラスから左サイドを駆け上がった左SBダニエルズに大きなサイドチェンジが通り、ダニエルズは慌ててマークに来たベジェリンを落ち着いて交わしゴールを決めた。そして20分の2点目も、中盤でボールを奪ってから素早く左サイドへ展開、ジャカがPA内で体を倒してしまいPKと、ボーンマスの速くて大きな展開の攻撃にアーセナルの守備が後手に回ってやられてしまっていた。

その後はアーセナルも、それまで攻撃で一人気を吐いていたサンチェスの切れのあるプレイで盛り返すが得点できず、逆に後半の13分に1本のロングパスからフレイザーが抜け出し、チェフの股間を抜く3点目を決めた時には、さすがにアーセナルもここから追いつくのは難しいだろうと思われた。

が、ボーンマスは3点目を取った安心もあったのだろうが、このあたりから突然前線のプレスが弱まってアーセナルが自由にサイドへと展開できるようになり、完全にボーンマスを鳥かご状態へ追い込んでしまうと、25分にクロスをジルーが頭で流してファーにいたサンチェスが押し込み3-1とすると、5分後にはゴール前での大きなワンツーから抜け出したルーカスが決めて1点差。

さらに後半37分にボーンマスはフランシスが足の裏を見せた両足タックルで一発退場、これで完全に試合は分からなくなってしまったが、その後はボーンマスも何とかアーセナルの猛攻を耐え忍び、逃げ切りゴールが見え始めたロスタイム、右からのクロスに飛び込んだジルーのヘディングがファーに決まり、アーセナルがとうとう同点に。ボーンマスも最後にチャンスは作ったが決まらず、試合はそのまま同点で終了した。

後半からの失速は残念だったが、組織だったゾーン・ディフェンスの守備と素早く大きな攻撃は、まさにハリルホジッチジャパンの目指す方向と同じものであり、攻撃陣にマフレズやヴァーディといったスターがいないという点では、日本のサッカーにとってはレスターよりも参考にすべきチームなのではないかと思った。でも今期で下手にブレイクしてしまうと、監督のエディ・ハウがビッグクラブに引き抜かれてしまうかもね・・・

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「こういうチームだからこそ、酒井宏樹は自分で得点を決める意欲が必要だ」フランス・カップ ベスト64 トゥールーズ-オリンピック・マルセイユ

高校サッカーが終わって、プレミアリーグが2週間空くこの1月中旬が、日本のサッカーファンにとっては一番ヒマな時期なのではないか。という事を毎年書いているような気がする。 しかし今はDAZNという救世主...

続きを見る

「戦術も戦力もがっぷり四つの見ごたえある試合を決めた、痛恨のラインミス」イングランド・プレミアリーグ第20節 トットナム・ホットスパー-チェルシー

アーセナルが持つプレミアリーグの14連勝という記録にあと1つまで迫っている首位チェルシーと、4連勝で勝ち点7差の3位につけているスパーズという絶好調同士が対決する注目の試合。 チェルシーもスパーズも...

続きを見る

「これほどの大差になってしまった原因は、1に決定力、2に守護神」全国高校選手権 決勝 青森山田-前橋育英

どちらも盤石の守備力で勝ち上がって来た強豪同士という見ごたえのあるカードになった高校サッカーの決勝戦。しかし蓋を開けてみれば、なんと青森山田が5-0で前橋育英に圧勝するという意外な結果になってしまった...

続きを見る

「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。 それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるの...

続きを見る

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。 試合はもちろん、序盤からというか最...

続きを見る

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。 試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェン...

続きを見る

「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元...

続きを見る

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑