「大岩監督のボヤケた采配、鹿島は川崎のゲーゲンプレスに屈する」J1第22節 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

2017/08/14 | Jリーグ

スポンサードリンク

大岩監督就任後、リーグ戦で9試合負け無しと快進撃を続けて前節には首位に立った鹿島アントラーズ。今節の川崎戦にも勝ってきっちり首位固めをしたかったところだったが、ここはホームの川崎が意地を見せた格好になった。

試合はいきなり激しい展開から始まる。川崎が鹿島に対して前線から激しくプレッシャーをかけ、ボールを奪われてもゲーゲンプレッシングですぐにボールを奪い返し、鹿島も何とかロングボールでプレッシャーをかわそうとするのだが、2トップが金崎と中村充孝ではキープしきれず、試合を全く落ち着かせる事が出来ない。

川崎は小林裕が怪我でベンチスタート、前線は阿部の1トップに、2列目が登里、中村憲剛、家長の4-2-3-1なのだが、風間サッカーを継承した攻撃スタイルで、車屋とエウシーニョがダイアゴナルな動きで中央にも顔を出し、家長のキープ力を基点に動き出した選手にどんどんパスを繋いで鹿島の4-4ゾーンをズタズタにする。

それでも鹿島はGK曽ヶ端の好セーブを中心に何とか川崎の猛攻を凌ぐと、前半40分にはカウンターから金崎がドリブルで持ち上がり、右に走り込んだ中村充孝のシュートは川崎GKチョン・ソンリョンが弾き、こぼれ球を金崎の頭、レアンドロと押し込もうとするが決まらない。逆に前半ロスタイム、家長からの絶妙なパスが阿部をスルーして大島に向かい、これを西が何とかカットするもオウンゴールとなってしまって川崎が先制する。

さらに後半1分、遠藤のチェックをエウシーニョが右サイドで突破すると、クロスを登里がワンタッチで落としたボールを阿部がダイレクトでコントロールショットをファーに決め、鹿島にとっては極めて痛い2点目を奪われてしまう。鹿島は前半の終わり頃、三竿を右CBに下げて、遠藤をボランチにした3バックに変更したのだが、この采配が裏目に出てしまった格好になった。

3バックにした狙いは、ゾーンで捕まえきれない川崎の攻撃に対してマークをはっきりさせる事と、前線の4人でプレスをかけられているので3バック+WBとアンカーでビルドアップをやろうとしたのだろうが、遠藤のところで攻撃を止めきれずイマイチ狙いがボヤけた大岩監督の采配だった。

が、後半10分頃から鈴木と安部を投入してからようやく鹿島へと流れが変わる。特に安部はキレのあるドリブルを見せて、疲れが見える川崎の受け身に回った守備を蹂躙、鈴木もPA内への積極的な飛び出しでパスを引き出し、惜しいチャンスを量産するも、安倍がGKと1対1になるシュートを外すなど得点までには至らない。

すると後半27分に、川崎は流れるようなカウンターから、最後は家長が遠藤のマークを切り返しでサクッと外し、ファーサイドへ巻いて決めるゴラッソなシュートを決めて川崎が3点目。鹿島は後半42分に三竿健斗のクロスを鈴木が決めるも時既に遅し、川崎がそのまま3-1で勝利を飾った。

この試合は確かに川崎が強かったが、後半にあれだけ猛攻を仕掛けていた鹿島を見ると、中村FWで遠藤ボランチの3バックという采配はあまりに実験的過ぎたのではないかと思う。中村を先発させるぐらいなら、最初から鈴木を使うべきだと思うのだが・・・安部にしても単なるスーパーサブで使うにはもったいないと思うのは私だけだろうか?

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「岡崎が開幕戦ゴールを決め、岡崎が退いてからサンドバッグでバカ試合を落とす」イングランド・プレミアリーグ 第1節 アーセナル-レスター

イングランド・プレミアリーグの開幕戦、レスターはアウェイでアーセナルとの対戦。 レスターはフートが負傷でCBにはモーガンと新加入のマグワイアが入り、中盤はチェルシーの移籍が噂されているドリンクウ...

続きを見る

「監督にしかわからない何かがある」スポーツクロス 藤田俊哉インタビュー

2017/08/11 | コラム・書評

BS朝日に、"部活応援宣言!"とか言う訳のわからないテーマを掲げてやってる「スポーツクロス」という古田敦也がキャスターをしている番組があるんですが、そこにVVVフェンロでコーチとして2部優勝を成し遂げ...

続きを見る

「早くも”普通のチーム”へと変貌した広島がこれから目指すものは?」J1第21節 サンフレッチェ広島-ガンバ大阪

2017/08/10 | Jリーグ

森保監督からヤン・ヨンソン監督へと交代、前節は初陣で初勝利を飾ったという事で、広島がどういうサッカーをするのかに注目して見てみたガンバとの試合だが、まず第一印象としては「突然普通のチームになってしまっ...

続きを見る

「ユース代表対決は判定だけなら橋岡だが、試合を決めたのはやはり久保」日本クラブユース選手権 決勝 浦和レッズU18-FC東京U18

Jクラブユース三冠のうち、夏に行われる日本クラブユース選手権。その決勝ががスカパーの無料放送日に再放送をしていたので録画で観戦。 FC東京は、U-20W杯にも飛び級で出場していた久保建英が原と並...

続きを見る

「スターをかき集めるマルセイユの中で、スタメンに選ばれ続ける酒井宏樹の秘訣」フランス・リーグアン第1節 マルセイユ-ディジョン

しかし酒井宏樹というのは不思議な選手である。全盛期の長友のような圧倒的なスタミナ、スピードとアジリティには及ばないし、内田のようなビルドアップ能力、判断の良さがあるわけでも無いのに、何故かどんなチーム...

続きを見る

「果たして、杉本健勇はスペインリーグで通用するのだろうか?」J1第20節 セレッソ大阪-コンサドーレ札幌

2017/08/07 | Jリーグ

前節の大阪ダービーで痛恨の敗戦を喫し、優勝争いを続ける上で立て直しが必須のセレッソと、結果的にペトロビッチ監督に引導を渡す勝利を浦和戦で飾ったコンサドーレ札幌の試合。 札幌のフォーメーションは3...

続きを見る

「浦和が堀監督になって、変わった2点、変わらない2点」J1第20節 浦和レッズ-大宮アルディージャ

2017/08/06 | Jリーグ

ペトロビッチ監督が解任され、堀監督へと交代した初陣となった、埼玉スタジアムで大宮とのダービーマッチ。 浦和のスタメンは左WBにこれまでほとんど起用が無かった菊地が入った以外は、フォーメーションも...

続きを見る

サッカー的にもビジネス的にも意図が不明な、FC東京のドイツ遠征

2017/08/05 | Jリーグ

夏バテ自体はマシになったのですが、3日ほど前から足の付根の筋肉を痛めてしまい、一昨日は足の痛みと休肝日のおかげであまり眠れず、その翌日には3時間の健康診断というハードスケジュールで、昨日はいろいろ体力...

続きを見る

「ビッグクラブらしい厚みを築くリバプール、一方のアトレティコはどこまでもアトレティコだった」アウディ・カップ 決勝 リバプール-アトレティコ・マドリー

バイエルン・ミュンヘンの本拠地、アリアンツ・アレーナで行われたプレシーズンマッチ、アウディ・カップの決勝戦。 決勝とは言え、中1日の試合でどちらもサブ主体のメンバーで、リバプールはバイエルンを3...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑