「さしもの長谷部も、GKの一発退場ハンド芸は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ライプツィヒ-フランクフルト

スポンサードリンク

昨日は午後9時から、スポナビライブでサウサンプトン対レスターの試合を無料中継してくれるとの事で見てみたのだが、LineLiveというスマホアプリのみの配信で、しかも自分のやり方がまずいのか縦画面の上1/3ぐらいにしか表示されず、映像なのに何をやってるか全く分からないラジオ状態だったので見るのを断念。諦めてDAZNのライプツィヒ対フランクフルトの試合に切り替え。

現在6位と好調なフランクフルトが敷いたフォーメーションは、長谷部をリベロではなくアンカーに置いた3-1-4-2という意外な布陣。今期のブンデスリーガで大旋風を巻き起こしているライプツィヒに対し、この戦術がどういう効果をもたらすのか楽しみにして見始めたのだが、いきなり序盤でその期待が消し飛んでしまうとは予想外だった。

何と試合開始わずか2分13秒で、フランクフルトのGKフラデツキーがスルーパスに反応してPAを飛び出したはいいものの、そこで足を滑らせて転んでしまい、そのままだと交わされてゴールされると思ったのか、倒れながらボールを掴んでしまって当然ながら一発レッド。しかもそのファールで与えたFKで、交代で入ったGKリントナーが一瞬逆に体重移動をしてしまい、それでも何とかボールは弾いたものの、コースが甘くてコンパーに押し込まれてフランクフルトは踏んだり蹴ったり。

その後はフォーメーションを5-3-1に変更、長谷部は中盤の真ん中でバイタルエリアを監視してボールサイドにプレスをかける役割に終始、左サイドの連携が怪しくて何度か破られはしたが、25分に1トップのレビッチがカウンターからドリブルで相手を交わし、最後のシュートというところで足を出されてしまい、フランクフルトは千載一遇のチャンスを逃してしまう。

そしてこのまま前半は1点差で折り返して後半立て直しかと思った45分に、CKからヴェルナーが頭で流したボールがゴールに吸い込まれてフランクフルトにとってはガックリの2点目。フランクフルトは後半からサイドが高めの位置に上がった3バックで何とか打開しようとするが、戦況は大きく変えられず後半はシュートゼロ。逆に後半22分に3点目を奪われ、試合はそのまま3-0で終了、フランクフルトにとってはフラストレーションだけが溜まる試合になってしまった。

とは言え、得点にはならなかったが靭帯断裂の大怪我から復帰したレビッチは、四面楚歌の状態でチャンスを2度作るなど良い働きをしていたので、フランクフルトにとっては悪い材料ばかりではなかった。チームや長谷部がどうこうではなく、こういう試合はさっさと忘れてしまって切り替えるしか無いだろう。

 

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで欠場と、相変わらず台所事情が厳しいドルトムントが、ブレーメンのアウェイに乗り込んでのウインターブレイク明け初戦。 ドルトムントの...

続きを見る

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコをドリブルでチンチンにしてアトレティコを苦しめた乾だったが、アトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われたコパ・デル・レイの準...

続きを見る

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってくれない使いなさなので、昨日はスカパーで再放送している「Jのミライ」という番組を見ておりました。 その中で、大学サッカーをテーマに...

続きを見る

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

2017/01/19 | その他戦評, 未分類

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試合のネタ枯れ状態。そんな中、BSフジで珍しく全日本大学女子サッカー選手権の決勝をやっていたのでそれを観戦。 前半にペースを掴んだ...

続きを見る

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 まあご存知のように、マンチェスター・シティがホームのエヴァートンに0-4という記録的な大敗を喫してしまったわけだが、やはりグアル...

続きを見る

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3試合で勝ちが無いリバプールをホームに迎えての上位直接対決。 リバプールのフォーメーションは4-3-3で、前線は1トップのフィルミ...

続きを見る

「”ティンカーマン”ラニエリの面目躍如たるレスターの迷走」イングランド・プレミアリーグ

あくまでサッカーは楽しみで見たいので、原則的に贔屓チームが負けたと分かっている試合をわざわざ見る事はしないんだけど、昨日はこれ以外に選択肢が無かったので、レスターがチェルシーに0-3で完敗した試合を選...

続きを見る

日本サッカーは、口に苦い良薬を飲めるほど大人になったのか

2017/01/15 | 日本代表, 未分類

昨日はさすがに見るべき試合が完全に枯渇してしまって、年末年始に放送されていた代表関連の特番をまとめて見ておりました。 日本サッカー新時代~2018年への旅~|テレビ朝日 NHKドキュメンタリー -...

続きを見る

「ちょっとこれはウェストハムに同情せざるを得ない判定」イングランド・プレミアリーグ 第20節 ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

昨日もやはり試合のネタ切れで、DAZNも探してみたんだけど吉田が先発したリバプールに先勝したリーグカップは何とダイジェストのみの放送・・・使えねえ。なので、1/2に行われていたウェストハムとマンUの録...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑