「川崎の超攻撃的サッカー、誤審と勢いで逃げ切り勝ち」J1第2節 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

開幕戦の直後から新型コロナウイルスによる中断が始まり、実に3ヶ月ぶりの再開となったJリーグ。初戦はいわゆる無観客の”リモートマッチ”として開催。川崎は4-3-3、鹿島はいつもの4-4-2のフォーメーション。

川崎はいきなりバルサのような素早いタッチのパス回しで鹿島を翻弄、いきなり前半2分にクロスから谷口が決めるが明らかにオフサイド。過密日程をこなすためにVARは実施されていないが、初っ端から悪影響が出てしまった。

その後は鹿島が盛り返す。FWがサイドに流れて基点を作り、SBの攻撃参加でサイドを突く形が機能するが、いまいちコンビネーションが合わずギクシャクした攻撃に終始。逆に川崎は、飲水タイムが明けた直後、右サイドの家長からピンポイントのクロス、内田がかぶったところを長谷川がワントラップから見事に決めて2点目。

チャンピオンズリーグで活躍していたシャルケ時代を知る者にとっては、内田のおぼつかない足取り、全速で走れない衰えた姿は悲しいものがあるよなあ・・・

しかし鹿島にラッキーな追撃点。31分にCKからニアに入ったレアンドロ・ダミアンが頭で触ってゴールが決まる。その直後もニアゾーンから飛び出した土居が惜しい場面を作る。

後半も川崎がまず試合のペースを握るが、攻撃時にインサイドハーフやSBが上がりまくるし、両ウイングはさほど守備意識が高いわけじゃないので、鹿島がカウンターを仕掛ける場面も少なくない。内田はエヴェラウドに良いクロスを出した後で交代。川崎も前線の選手を入れ替えてプレスの維持を図る。

後半40分、ダミアンが倒れている間に鹿島が攻め込み、クロスに染野がダイレクトで合わせたがクロスバーの下に当たって数cmの差でノーゴール。その後は鹿島がパワープレイでクロスを放り込むが、最後まで川崎の守備は崩せず試合終了。

川崎は、アンカーが田中碧、インサイドハーフが大島と脇坂、両ウイングはボールサイドだけ守備に戻るという超攻撃的サッカーで楽しいんだけど、後半のようにメンバーが落ちると機能せず、守りも組織的ではないのでバタバタになってしまう。そこを今後どう修正するかが鍵かな。

鹿島は負けたとはいえ1点目は誤審だし、前半にやってたサッカーは決して悪くなかった。現状は2試合で最下位だけど、選手のコンディションが揃って来たら順位も浮上して来るのではないだろうか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/07/04 | Jリーグ

関連記事

「家長温存でこの内容、同じ方向性ゆえに見える圧倒的な力量差」J1第9節 大分トリニータ-川崎フロンターレ

8試合で21得点と圧倒的な攻撃力で7連勝と首位を快走している川崎フロン...

記事を読む

「宇佐美、昌子が先発のガンバ、全とっかえの大分に勝てずグループリーグ敗退」ルヴァン・カップ第3節 大分トリニータ-ガンバ大阪

新型コロナウイルスによる中断のため、ACL出場チーム以外は各グループの...

記事を読む

「選手に依存していない札幌、イニエスタに依存しまくりの神戸」J1第8節 コンサドーレ札幌-ヴィッセル神戸

Jリーグ再開後は6戦負け無しと好調な札幌に対し、怪我人とコンディション...

記事を読む

「長谷川監督は、敗因をコロナのせいにしてはいけない」J1第8節 FC東京-サガン鳥栖

FC東京はまだJ1未勝利の鳥栖と対戦。東京は永井とディエゴ・オリヴェイ...

記事を読む

「反則オルンガ、ハットトリックで仙台を粉砕」J1第7節 柏レイソル-ベガルタ仙台

現在7位の柏と、13位の仙台が対戦した試合。会場の三協フロンテア柏スタ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑