「これこそが、”嫌われ者”長友が監督に重用される理由」イタリア・セリエA 

スポンサードリンク

既に第10節のサンプドリア戦は終わっているのだが、開幕から破竹の8連勝で首位を邁進しているナポリに、7勝1分で2位に食らいついているインテルがアウェイで挑んだ9節の大一番を昨日は観戦。

4-3-3のフォーメーションを取るナポリのサッカーは極めて完成度が高く、そんなにビルドアップは華麗では無いものの、的確なサイドチェンジからアタッキングサードにボールが入ると、次々に選手が前線へと飛び出してダイレクトパスを繋ぎ、一気にシュートまで持って行く凄まじい迫力があり、これこそがハリルホジッチが目指す理想形じゃないかと感銘を受ける。

特にナポリの左サイド、インシーニエ、ハムシク、グラムの3人は脅威の一言で、数多のビッグクラブが狙っているとされるSBグラムのダイナミックなプレイに、ハムシクの正確なパス、インシーニエのドリブルが絡む攻撃には、序盤からインテルの守備陣がキリキリ舞いさせられていた。

そうして左サイドに相手の守備を集めて中央のメルテンスが決めるか、メルテンスを抑えてもスペースが生まれるファーサイドでカジェホンが待ち構えるという二段構えがナポリの必殺パターンなのだが、そこに立ちはだかったのが長友だった。

長友はカジェホンの飛び出しに対して、時にはゴールマウスの前まで食らいつくスッポンのようなマークで封じ込め、いつもの激しい上下動は少なかったものの、マイボールになるとすぐさま中盤の位置まで上がってパスコースを作り、味方のビルドアップを引き出しつつカジェホンの位置を下げ、インテルのDFラインを助ける働きをしていた。

序盤こそナポリの猛攻に対してアップアップだったインテルも、長友らの粘り強い守備で耐え忍ぶと、ナポリほどの練度じゃないにせよ、徐々に相手のプレスに対して中盤の素早いパスワークで交わせるようになり、後半3分にはボランチのベシーノが自陣からドリブルで独走、最後はGKも交わして無人のゴールにシュートを放つが、ナポリDFアルビオルがゴール前で必死のカバー、インテルはこの試合で最大のチャンスをものに出来ず。

そこからはナポリの運動量が落ち始め、長友もペリシッチやイカルディへの縦パスを通すなどインテルも攻撃で盛り返し、首位争いらしい拮抗した展開になったが、ナポリも立て続けの選手交代で終盤はペースアップ、逆にインテルはドローを視野に入れて守備的な選手交代で対応、試合終了間際にはあわやオウンゴールのピンチを作ったがインテルGKハンダノビッチがさすがの反応でセーブ、試合はそのままスコアレスドローで終了した。

昨シーズンは同じナポリ戦で決定的なミスを犯し、サポーターからスケープゴートにされた長友だが、今期はスパレッティ監督によって完全に復活しつつある。ゾーン・ディフェンスの習熟度が弱いために、ラインを乱したりマークの受け渡しに難がある長友に対して、マンマークにタスクを絞って適材適所な使い方をしているところはさすがである。

それに比べると右SBのダンブロージオは、スペースはきっちり埋めるし、一応はナポリの選手をマークには行くんだけど、そこから2次、3次と攻撃が繰り出されると一瞬足を止めてしまう事が多く、守備対応で後手に回る事が多かった。どちらが良いというわけではないが、長友の特性が他の選手では代替できない以上、これからもスパレッティ監督に重用され続けそうだなという確信を持った試合だったね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「宇佐美の1stエフォートは改善されつつあるが、問題はそこから先の話だ」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第11節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-ダルムシュタット

昨日はサウサンプトンの試合を見ようかと思ったのだけど、何とDAZNではやってなくて、肝心な時に使えねーと思いながら、宇佐美が得点に絡んだらしいフォルトゥナ・デュッセルドルフの試合を見てみた。 相...

続きを見る

「ネイマール、ムバッペというワールドクラスのクラッキを撃退した酒井宏樹」フランス・リーグアン第10節 マルセイユ-パリ・サンジェルマン

PSGのサポーターがマルセイユのベロドローム・スタジアムに入場禁止という異様な状況で開催された、今季初のフランスダービー「ル・クラスィク」。 PSGはもちろんカバーニ、ネイマール、ムバッペの3ト...

続きを見る

「レナト・サンチェスと岡崎の差に見る、プレミアリーグへの適応力」イングランド・プレミアリーグ第9節 スウォンジー・シティ-レスター・シティ

前節のホームWBA戦で引き分け、シェイクスピア監督の解任に踏み切ったレスター・シティ。暫定監督として指揮を取る事になったアップルトンがどういう選手起用をするか注目されたのだが、WBA戦ではベンチスター...

続きを見る

「横浜Fマリノス、神がかりな決定力で鹿島に意地を見せつける」J1第30節 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2017/10/22 | Jリーグ

現在は盤石とも言える首位を築いている鹿島アントラーズに対し、3位ながら勝ち点は大きく離され、チーム得点王のウーゴ・ヴィエイラ、斎藤という攻撃の飛車角が怪我で抜けた横浜Fマリノス。どう見ても鹿島有利な対...

続きを見る

「ハリルホジッチは、堀監督に槙野と遠藤の使い方を教わるべき」アジア・チャンピオンズリーグ 準決勝第2レグ 浦和レッズ-上海上港

家がケーブルテレビを解約してしまったために、日テレジータスとかでやってるACLが見られなくなって久しいのだが、先日の浦和対上海上港の試合はたまたまNHK-BSで再放送をやってくれたので、何とか試合を見...

続きを見る

「完成したのにチームを壊すトゥヘル、完成しないうちにイジってしまうボス」UEFAチャンピオンズリーグ グループH APOEL-ボルシア・ドルトムント

ここまでグループリーグ2連敗で、決勝トーナメント進出には絶対に勝ち点3が欲しかったドルトムントだが、APOELホームで迎えた第3節はずっと試合を支配しながらも結局1-1のドローで終了、レアルとスパーズ...

続きを見る

「優勝候補をPK戦まで追い込んだ、その運をつかみ取れなかったのが残念」U-17ワールドカップ ベスト16 日本-イングランド

2017/10/18 | ユース代表

正直言って、試合前の予想通りにイングランドと日本では力の差はあったと思う。ピンチの数だけで言えば、日本は前半の内に2点を取られてもおかしくない展開だった。が、それだけにPK戦まで持ち込めたラッキーをモ...

続きを見る

「イジメに近い過酷な戦術タスクをこなし、勝利に寄与した長友」イタリア・セリエA第8節 インテル-ACミラン

強力な補強をして好調なスタートを切ったものの、リーグ戦の連敗で早くもモンテッラ監督解任の噂が立っているミランと、内容的にはイマイチなれどここまで3失点と堅い守備で無敗を続けているインテル。167回目の...

続きを見る

「ハリルホジッチは清武じゃなくて、実は水沼を見に来たのかもしれない」J1第29節 サガン鳥栖-セレッソ大阪

2017/10/16 | Jリーグ

ユン・ジョンファン監督と、その教え子だった水沼宏太にとって古巣対決となった、サガン鳥栖とセレッソ大阪の試合。鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督もゾーン・ディフェンスの使い手とあって、戦術的にも興味深...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑