「色気を出し始めると、敵味方どちらも危険な吉田麻也」イングランド・プレミアリーグ第3節 ハダースフィールド-サウサンプトン

スポンサードリンク

開幕から2連勝とロケットスタートを決めたハダースフィールドには、明日対戦するオーストラリア代表のムーイがいると言う事で、昨日は吉田がいるサウサンプトンとの試合を見てみた。

サウサンプトンも一応は2試合で1勝1分で来ているのだが、前半の内容は完全にハダースフィールドが上回った。ハダースフィールドは4-4-1-1のフォーメーションで、とにかく前線の選手へのマークが素早く、サウサンプトンはほとんど縦にボールを入れる事ができず、攻撃をほとんど組み立てられなかった。

サウサンプトンはボールを持っても3人目の動きがなく、ボールホルダーとそばにいる選手のアイコンタクトだけでパスを繋げているような状況で、それも時々お見合いでタイミングが合わなかったりと終始ギクシャク。途中からトップ下のデイヴィスがボランチに降りてゲームメイクしていたが、そんなにパスセンスがあるわけでない彼がその役目をしているだけでお察しな状況。

前半36分にはサイドチェンジのミスからスローインを繋げられてミドルを打たれるがGKフォースターがギリギリセーブをするなど、サウサンプトンも何度か守備を崩されながらも吉田ら守備陣が最後の部分でかろうじて跳ね返し得点を許さない。

後半になると、サウサンプトンもようやく攻撃に縦へのスピードが見られるようになるが、サイドを突破しても両SBがほとんど上がって来ないのでなかなか攻撃に厚みを作れない。が、後半35分を過ぎるとハダースフィールドの足がピタリと止まり、そこからサウサンプトンの猛攻がスタート。

39分には相手のカウンターをウォード・プラウズが途中でカットしてゴール正面からシュートもGKに阻まれ、42分には吉田がドリブルで持ち上がり、ボールを預けてゴール前に飛び出してクロスに合わせるも足に当てそこねてファーに外れる超決定機。ロスタイムにもタッチライン際からのクロスをバートランドがフリーでヘディングするも、ボールがジャストミートせずDFがクリアと、数々の大チャンスを物に出来ず、まさに痛み分けのスコアレスドローで終了した。

ムーイはかつて中村俊輔とチームメイトだったハートソンを思わせる、フィジカルと運動量を兼ね備えたファイターで、展開力は無いがポジショニングは上手い。代表にとっては、彼のファーストプレスをいかに掻い潜れるかが重要になりそう。

吉田については、ヒーローになり損ねた攻め上がりはあったが、逆に自陣で単独で前に出たりボールキープした時にボールを奪われてピンチを招くなど、色気を出すととたんにプレイが不安定になっているのが気になった。イラク戦でやらかしているだけに、オーストラリア戦では安全第一でプレイしてもらいたいところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「柴崎が向かっている方向性は、香川じゃなくて岡崎だったという衝撃」スペイン・リーガエスパニョーラ第2節 ヘタフェ-セビージャ

開幕戦はアスレティック・ビルバオに対してアウェイで勝ち点1をゲットしたヘタフェは、第2節のホーム初戦でセビージャと対戦。柴崎はこの試合も4-2-3-1のトップ下で先発。 1週間前のチャンピオンズ...

続きを見る

「ハリルホジッチが思い描く理想がこれなのかもしれない」イングランド・プレミアリーグ第3節 マンチェスター・ユナイテッド-レスター・シティ

現在開幕から連勝と絶好のスタートを切ったマンUと、岡崎が今回も先発で出場したレスターという注目の試合。 しかし試合は序盤からマンUがレスターを圧倒、ルカクのポストプレイ、ウイングのマルシャル、ム...

続きを見る

「あの”天才パサー”を思い出させる、森岡の王様プレイぶり」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第4節 ワースラント・ベヴェレン-ロケレン

ポーランドからベルギー1部リーグのワースラント・ベヴェレンに、クラブ史上最高額の移籍金で迎えられ、シーズンが始まったら4試合で2得点4アシストとベルギーで旋風を巻き起こしている森岡亮太。第4節のロケレ...

続きを見る

「結果は出なかったが、鮮やかなチャンスメイクで調子の良さをアピールした乾」スペイン・リーガエスパニョーラ第1節 マラガ-エイバル

アジア最終予選の日本代表メンバーに選ばれた乾が所属するエイバル。開幕戦は、昨シーズン10位のエイバルからすぐ下の成績だったマラガとの対戦。 エイバルのフォーメーションは、今シーズンから加入したシ...

続きを見る

「FW大量9人招集の中に、杉本健勇の名前。そして柴崎と小林祐希が欧州から加わる」アジア最終予選 オーストラリア戦・サウジアラビア戦メンバー発表!

2017/08/24 | 日本代表

イラク戦の時にはまだ先だなと思っていたオーストラリア戦とサウジ戦まで、いつの間にかもう残り1週間となり、本日その2戦に出場する代表メンバーが発表になりました。 GK 川島永嗣(FCメス) 東...

続きを見る

「ゆるふわプレイで期待に応えられなかった鎌田、逆に長谷部は安定感」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フライブルク-フランクフルト

フランクフルトへ移籍して開幕のフライブルク戦からいきなりスタメン起用された鎌田。ポジションは3-1-4-2の2トップの一角で、長谷部は3バックのアンカーとして出場。 フライブルクのフォーメーショ...

続きを見る

「ポイントは、経験とコンディション、そしてローテーション」アジア最終予選 オーストラリア・サウジ戦メンバー考察

2017/08/23 | 日本代表

さて、いよいよ大詰めになったアジア最終予選、最後の2試合であるオーストラリア戦とサウジアラビア戦のメンバー発表が明日に迫って来ました。が、正直なところ今回のメンバー選考は非常に難しいです。 何し...

続きを見る

「柴崎とヘタフェ、運と不運、自信と不安が同居した勝ち点1スタート」リーガ・エスパニョーラ第1節 アスレティック・ビルバオ-ヘタフェ

ヨーロッパリーグの常連であり、ホームで異常な強さを見せるバスクのクラブ、アスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスでのアウェイ戦が、リーガ・エスパニョーラ1部での初戦になったヘタフェ。 柴崎は...

続きを見る

「レスターとブライトンの差は、”岡崎の有無”にあるとも言える」イングランド・プレミアリーグ第2節 レスター・シティ-ブライトン

シーズンの初戦は残念ながらアーセナルに逆転負けを食らってしまったレスター。しかし昇格組のブライトンをホームに迎えた第2節は、シュート数15対4で2-0と内容も結果も完勝、格の差を見せつける試合になった...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
ある意味コロナでラッキー? 伊東純也に続き、三好康児もベルギーリーグに完全移籍決定!

今日から首都圏と関西、福岡に緊急事態宣言が発令されるそうで、大阪にある...

「これだけスターが揃っていながら、日本がアジアで勝てなかった原因とは」1993年5月15日、Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎-横浜マリノス

昨日はサッカーネタ不足で引っ張り出して来たのか、NHK-BSで放送され...

白紙になったJリーグ再開予定、そのポイントとなるのはどこか

4月3日に、NPBとJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議...

「もう無観客の試合にも慣れてきてしまった、次は覚悟の段階か」DAZNトレーニングマッチ 名古屋グランパス-横浜FC

しばらく志村けんが亡くなったショックで落ち込んでいたけど、ようやく少し...

いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガー...

→もっと見る

PAGE TOP ↑