「バルデ最後の抵抗も、フルームにかすり傷1つ付けたのみ」ツール・ド・フランス2017 第18ステージ

2017/07/21 | 未分類

スポンサードリンク

今年のツール・ド・フランスで最後の山岳頂上ゴールとなる、アルプスの超級イゾアール峠が待つ第18ステージ。

アルプスステージではおなじみの街、ブリアンソンをスタートすると、いきなり序盤から新城選手を含めて激しいアタック合戦が続いた後、何と54人という大集団での逃げが確定、マイヨ・ジョーヌのフルームを含むメイン集団からは最大8分の差を付ける展開に。

残り約50km地点になる1級山岳ルヴァール峠で、54人の先頭集団からアタプマ、シカール、ギャロパン、ルツェンコがさらにリードを広げて頂上を通過すると、後方のメイン集団でもAG2Rチームが引っ張ってペースアップ、集団から選手を振り落として小さくなって行く中で、最後のイゾアール峠へともつれ込み。

先頭ではアタプマがルツェンコをキャッチして単独でリードを広げるが、メイン集団もぐんぐん先頭集団に近づき、総合争いをするファビオ・アルが早くも集団から脱落して行くと、バルギルとコンタドールがここからアタック、頂上まで残り5kmの地点で先頭のアタプマからは1分45秒の差まで詰めると、さらにバルギルがコンタドールを振り切って単独の追撃を開始。

メイン集団はチームスカイがコントロールしていましたが、同じチームスカイで総合5位に付けているランダがフルームを置いてアタック、当然総合上位のライバルであるダニエル・マーティン、バルデが追いかける中、フルームは彼らにしっかり追いついて余裕の表情。さらにはランダの2度目のアタックに呼応して、デュオで差を広げようとするものの、ここはバルデらもリードを許さず、4人の塊となって膠着したまま登りの最終盤に。

結局快調に逃げ切ってステージ優勝を決めたのはバルギル。その20秒後にはアタプマが2位でゴールすると、直後にフルーム、バルデ、ウランの3人がスプリント争いの結果、バルデが3位でゴールしてボーナスタイムを獲得、4位は同タイムでフルームで、ウランは少し遅れて2秒差で5位。これで総合順位は、マイヨ・ジョーヌはフルームが堅持、2位が23秒差でバルデ、3位が29秒差のウラン、このステージで1分22秒遅れたアルは5位へと後退となりました。

あと総合争いを左右するステージは、第20ステージの個人タイムトライアルのみ。2位のバルデがあまりTTが得意では無いので、実質的に優勝候補はフルームとウランに絞られたと見ていいでしょう。純粋な能力としてはフルームのほうが上で優位は変わらないですが、どんなアクシデントがあるか分かりませんからね、まだまだ油断は禁物です。

今日の第19ステージは、3級の登りはあるものの全体的には平坦なステージ。マイヨ・ヴェール争いはほぼマイケル・マシューズで固まってしまいましたが、ステージ優勝を狙う逃げ屋やスプリンターによる激しい展開になるでしょう。ここまであまり目立ってない新城選手には今度こそ逃げに乗って欲しいところです。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

柴崎を寝取った格好になったヘタフェ、果たして両者は幸せな結婚となるのだろうか?

昨日はとある事情で早朝から病院へ行く羽目になり、ようやく昼頃解放されて炎天下の真っ只中を残った仕事の片付けに出かけ、帰ってからも薬を取りに行ったりで、とてもブログの更新どころではありませんでした。 ...

続きを見る

「最強スプリンター・キッテルの悲劇、フランスとイタリアの凄絶な2位争い」ツール・ド・フランス2017 第16・17ステージ

2017/07/20 | 自転車

とうとう最後の山場、アルプスステージが迫って来た今年のツール・ド・フランス。 第16ステージは、前半こそ山があるものの後半は平坦で、コースプロフィール的には逃げ選手向きのステージではあったのです...

続きを見る

「ドルトムントとセビージャ、そして浦和とセレッソにはどちらも差があった」国際親善試合 セレッソ大阪-セビージャ

14000人という観客数で空席が目立つ長居スタジアム、元セビージャの清武は故障で欠場と、ちと寂しい状況で行われたセビージャとの親善試合。しかし試合内容はヌルい雰囲気を吹き飛ばすような、セビージャのハイ...

続きを見る

「チーム力に恵まれない、ファビオ・アルの二日天下」ツール・ド・フランス2017 第14、15ステージ

2017/07/17 | 自転車

自転車ロードレースに馴染みのない人には、この競技がある意味サッカー以上にチーム力が物を言う事がなかなか理解されにくいのだけど、まさにその重みがはっきり現れた2日間になってしまいました。 第14ス...

続きを見る

「世界と戦うという事は、常に新しい気づきを生むチャンスでもある」Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズ-ボルシア・ドルトムント

最近は空席が目立つ埼玉スタジアムが満席という事で、さぞかしスタジアムは赤一色になっていると思ったのだが、こんなに赤色以外のスタンドを見たのは初めてというぐらい、黄色のドルトムントユニフォームが目立って...

続きを見る

「ジロ・デ・イタリア組とランダによるファビオ・アル包囲網」ツール・ド・フランス2017 第13ステージ

2017/07/15 | 自転車

王者フルームから、ファビオ・アルがマイヨジョーヌを奪い取った第12ステージの翌日は、ツール・ド・フランスにしては極めて珍しい101kmという短距離のステージ。しかしその中にはピレネー山脈の1級山岳が3...

続きを見る

本田圭佑の移籍先は、まさかのメキシコ・パチューカ! そして香川もドルトムントと契約延長!

ミランを対談した本田圭佑選手の移籍先については、トルコのガラタサライからオファーがあったとか、スペインリーグからコンタクトがあったとか、彼自身がアメリカでのビジネスに興味があるのでMLSじゃないかとか...

続きを見る

「ゴール前16%の激坂が、鉄壁だったチームスカイの高い壁を叩き壊す」ツール・ド・フランス2017 第10~12ステージ

2017/07/14 | 自転車

今年のツール・ド・フランスを一言で表すと、「平穏」という言葉が一番しっくり来る状態ではないかと思います。ただし昨日までは。 ここ最近は嫌がらせのように組み込まれた石畳や、強風で集団が分断されるブ...

続きを見る

「もはや筑波大のほうが格上、これは決してジャイアントキリングではない」天皇杯3回戦 筑波大-アビスパ福岡

2017/07/13 | 天皇杯

昨日は飲み会があって、酒が入った状態でのダラダラ観戦だったのでレポートは簡単に。 アビスパ福岡はウェリントンや駒野、山瀬らは不在ながら、冨安や亀川、城後といった主力が入った一応は1.5軍だったの...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「伊東はドリブルで切り裂くも報われず、三好は出番無し」ベルギー・プロリーグ第23節 アントワープ-ゲンク

現在4位のアントワープと、6位のゲンクの上位直接対決。前節は先発だった...

「長谷部の”整えない”力が生み出した大量5点劇」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 フランクフルト-アウグスブルク

前節はDFBポカールで長谷部が先発し、強豪ライプツィヒに勝利したフラン...

アジア・チャンピオンズリーグは日本勢が好発進!

昨年は決勝トーナメントが始まってから渋々BSで放送していましたが、グル...

「5点に直接絡めなくても、縁の下の力持ちで貢献した鈴木と伊藤」ベルギー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-オイペン

前節でオーステンデに0-1で敗れてしまい、プレーオフ1へ出場が厳しくな...

「連携に期待しても無駄ならドリブル突破あるのみ」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 エスパニョール-マジョルカ

試合は後半開始から見始めたのだが、序盤はマジョルカがサルバ・セビージャ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑