田嶋会長ご自慢の「ジャパンズウェイ」、東京五輪の鍵を握るのは横内コーチ?

スポンサードリンク

AFC U-23選手権でグループリーグ敗退という屈辱を受けて、ようやく協会の御用メディアであるスポーツ新聞からも批判の声が上がり始めた森保ジャパン。

日本サッカー協会の会長選で単独候補となり、各都道府県協会代表やJ1クラブ代表、関連団体代表者ら評議員”全員”の推挙で会長の続投が決まった田嶋サンは、「技術委員会で関塚技術委員長たちがどう考えるのかを聞いてから」と判断を技術委員会に丸投げ

そして技術委員長である関塚氏は「今まで取り組んできた方向性はしっかりと委員の方にも説明させてもらった。その方向性に対して(中略)ご理解いただいた」と、あっさりA代表と五輪監督の兼任に太鼓判を押してしまい、これにて茶番は終了しました。知ってた。

まあご自身最大の実績であるロンドン五輪ベスト4が、ほぼ吉田麻也にチーム作りを丸投げした結果で生まれたものなので、関塚氏にしてみたら森保監督の評価は自分そっくりで何も問題が無いで終わるというか、そもそも監督の評価軸すら存在するのか怪しいぐらいですから、こうなる事は火を見るより明らかでしたよね(苦笑)。

監督が戦術的にあまり干渉せず、選手の自主性、話し合いでチームを作る「ジャパンズウェイ」は、ここで何度も指摘している通り、吉田や柴崎のような戦術眼とリーダーシップを備えたベテランがいて、ある程度まとまった練習時間があればそこそこのチームは出来上がりますが、ブラジルW杯のコートジボワール戦や、アジアカップのカタール戦、ロシアW杯ベルギー戦後半のように、相手が戦術的なミスマッチを突いて来た時に対処が遅れるという致命的な欠点があります。

森保監督がA代表は4バック、五輪代表では3バックを採用しているのは、将来的にどちらも使えるようにするプランがあるのかもしれませんが、3バックがまともに機能したのはトゥーロン国際大会とブラジル遠征の時のみ。そのどちらも森保監督は同行せず、横内コーチが監督代行をしていたのは単なる偶然でしょうか?

選手が自分たちで選手交代を出来るわけではないので、交代策で戦術を変える事は出来ませんし、おまけに相手にリードを許してからでないと選手交代はしないポリシーの森保監督なので、さらに臨機応変な対処は絶望的です。

自国開催の東京五輪で日本が成功を収めるための鍵は、横内コーチがどれだけ戦術面で主導権を握る事が出来るのかという点にかかっているのかもしれませんな。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/01/30 | 日本代表

関連記事

田嶋会長の奥さん、土肥美智子医師が語る新型コロナウィルスのリアル

まだまだ新型コロナウィルスの脅威からサッカー界が立ち上がれる気配が見え...

記事を読む

「金メダルが目標の森保ジャパン、アジア相手に為す術もなく力負け」AFC U-23選手権 グループB 日本-サウジアラビア

日本はGK大迫、DF古賀、岡崎、渡辺、ボランチが田中碧と田中駿、WBが...

記事を読む

「戦術皆無監督、ゴリ押しスターシステム、腰が引けた国内組という三重苦」E-1選手権 日本-韓国

E-1選手権の最終戦は、開催国の韓国との対戦。日本は引き分け以上で優勝...

記事を読む

「大島無双も、あくまで五輪代表2軍の練習試合」E-1選手権 日本-香港

結果は5-0の大勝で、小川航基がA代表デビューでハットトリックとキャッ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑