「ジャパンズ・ウェイという竹槍で健闘、選手は攻められない敗退」コパ・アメリカ グループC 日本-エクアドル

スポンサードリンク

他のグループリーグとの関係上、日本はエクアドルに勝利さえすれば3位通過で決勝トーナメントへの進出が出来る立場でありながら、試合は1-1のドローで終了。ネット上の反応を見ていると、どれだけ日本がまずい試合をしたのかと覚悟していたのだが、いざDAZNで試合を見てみると意外とまともな試合運びをしていた。

日本のフォーメーションは4-2-3-1で、4-1-4-1のエクアドルに対しては岡崎と久保が相手のアンカーをしっかりケアし、ボールを奪うと久保がアンカーの両脇のスペースに顔を出してボールを受けるなど、30分ごろまでは理想的な試合運びを見せていた。

ところが、岡崎がわざわざファールをもらって試合の流れを切るお手本を見せたにも関わらず、日本は引いた状態での試合のコントロールに失敗、川島、冨安と自陣でのミスでリズムを悪くしてすると、CKの後にポジションが乱れた隙を突かれ、最後は岩田がかぶったミスもあって同点。

後半になるとエクアドルも4-2-3-1へフォーメーションを変更、前線を厚くして早めにボールを送ってセカンドボールを拾い、ドリブルなどで突破を狙う戦い方にシフト、しばらくはエクアドルのペースが続く。

が、冨安を中心に粘り強い対応で凌ぐと、日本は上田を投入して2度ほどチャンスがあったが決められず、エクアドルも中盤にスペースが出来たところを個人でチャンスを作る。

最後はエクアドルが疲れたところを、久保から中島の股抜きシュートはGK正面、後半終了間際には久保から絶妙のスルーパスが通ったが、前田がトラップをもたついてシュートはGKに弾かれ、こぼれ球を上田が押し込めず、中島のシュートを久保が押し込むもオフサイドと、日本は決定機をことごとくモノに出来ず試合終了、結局勝ち点1しか奪えずグループリーグでの敗退が決まった。

決定機を最後に連続して逃してしまった事で、ネット上の反応はネガティブなものが多かったが、このメンバーが持っている力は十分出し切ったように思う。久保、柴崎、冨安は揺るぎない主戦である事を証明したし、板倉は日本では貴重なアンカーとしてのバランス感覚を発揮、岡崎と川島はアジア予選でまだ戦力として計算出来る事を示した。

逆に、上田と前田、安部はポテンシャルは示したがまだこのレベルでの経験が無さ過ぎるし、杉岡、岩田の両SBは守るだけで精一杯、攻撃に回す余力は無く、伊藤達也など招集しながらも起用できなかったメンバーも多かったが、成長のきっかけになって欲しいところだ。

今やチャンピオンズリーグのレベルでは、スタジアムの上方でアナリストがリアルタイムで相手の戦術を解析、即座にベンチが戦術変更を指示、選手は縦横無尽に対応を変化させるのが常識になっていて、もはやフォーメーション表が意味をなさない時代になっている。もちろん、それが可能なのは普段から多彩な戦術練習を通じてチームに浸透させているからだ。

それに比べて、西野監督が率いたロシアW杯と同様に、日本の監督は選手を並べるだけのお仕事で、戦術は選手の自主性に任せるという名の仕事放棄、たまたまベストのバランスが見つかれば健闘はするものの、そこからあぶれた選手は当然機能せず、戦術面で応用が効かず相手の変化に対応できない「ジャパンズ・ウェイ」の限界をまたしても見せつけられた大会だったように思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/06/26 | 日本代表

関連記事

田嶋会長の奥さん、土肥美智子医師が語る新型コロナウィルスのリアル

まだまだ新型コロナウィルスの脅威からサッカー界が立ち上がれる気配が見え...

記事を読む

田嶋会長ご自慢の「ジャパンズウェイ」、東京五輪の鍵を握るのは横内コーチ?

AFC U-23選手権でグループリーグ敗退という屈辱を受けて、ようやく...

記事を読む

「金メダルが目標の森保ジャパン、アジア相手に為す術もなく力負け」AFC U-23選手権 グループB 日本-サウジアラビア

日本はGK大迫、DF古賀、岡崎、渡辺、ボランチが田中碧と田中駿、WBが...

記事を読む

「戦術皆無監督、ゴリ押しスターシステム、腰が引けた国内組という三重苦」E-1選手権 日本-韓国

E-1選手権の最終戦は、開催国の韓国との対戦。日本は引き分け以上で優勝...

記事を読む

「大島無双も、あくまで五輪代表2軍の練習試合」E-1選手権 日本-香港

結果は5-0の大勝で、小川航基がA代表デビューでハットトリックとキャッ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑