「モイーズ劇場ロングラン再演中」イングランド・リーグカップ準決勝第2レグ マンチェスター・ユナイテッド-サンダーランド

スポンサードリンク

チェルシー戦の不出場を経て、リーグカップのサンダーランド戦に先発した香川だったが、前回の出場時にヤヌザイとトップ下の位置を入れ替わってから”モイーズ監督が”内容は良くなったと認識していたのに、この試合ではまたも香川が左サイド、そして1トップにチチャリート、トップ下にウェルベックという先発になった。

で、案の定チチャリートとウェルベックのセンターではボールの基点が出来ずに香川の位置が下がり、香川はボールに絡むよりも相手のサイドをカバーする守備に追われるといういつものパターン。それで選手が業を煮やしたのか監督の指示なのかは分からないけれど、香川がトップ下に入ってからバイタルでパスをもらってターンするプレイが出てようやくサイドを高い位置で使えるようになって、香川の何度目かというアシスト未遂のクロスなどでチャンスを作るも、香川は後半16分で測ったように交代。

そこからはいつものモイーズ流”攻撃サッカー”全開で、ひたすらクロスを上げては跳ね返されるというこれまたお馴染みのパターンで点を取れずに延長突入、デヘアのボーンヘッドでアグリゲートスコア逆転、すぐ後に同点、PK戦はマンUの選手5人のうち4人が失敗するというお笑い大団円でモイーズ劇場幕切れと相成った。

まあいちいち文章にするのもアホらしいほど香川的価値観が欠落した試合を何回も見るのは苦痛になりつつある。香川の個人的成長のためには、あえてイングランド的なプレイスタイルも身につける必要があるかなとは思っていたが、ここまで香川が存在する意味が無いサッカーではそれも限界はあるよな、と考えなおしつつある。

折しも、チェルシーからマタを獲得するという情報が出てきているようだが、正直言ってマタが来たところで香川と同じ羽目になるのは明らかだし、マンUの問題は攻撃陣よりもボランチやCB、SBにあるわけで、上層部の頭の中が湧いているようにしか思えない。

マタが来ることによって予想されるシナリオは2つあって、悪い方は香川の出場機会がマタに取って変わられて香川が塩漬けにされるというもの。そしてもう1つは、高い金額を出した以上はモイーズもマタを使わざるを得ないから、マンUのサッカーがマタが好むパス志向になる事で、香川とのコンビネーションが評価されるというもの。

現状を考えると前者の確率のほうが高いのは確かだろうが、後者の確率を少しでも高めるためにはやはり結果を出すしかないわけで、今の四面楚歌の中でもとにかく頑張れと言う事しか出来ない。でも正直なところ、この1月に移籍しちゃってもいいんじゃないかなあ・・・どんな名選手でも合う合わないはあるし、それで香川の価値が落ちるわけじゃないしね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

フォルランがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

2014/01/23 | Jリーグ, 未分類

とまあビートルズの懐かしい邦題をもじってタイトルをつけてしまいたくなるぐらい浮かれているわけですが、本当にフォルランがセレッソへやって来るとは本当に驚きましたね! 最初に移籍の噂が出てから、セードル...

続きを見る

「手倉森体制のスタートは3歩下がって2歩前進」AFC・U-22選手権 イラク-日本

2014/01/22 | 五輪代表, 未分類

試合の結果を知ってからだったので見る前からモチベーションは既に低かったんだけど、実際に試合を見始めたらやっぱり違う試合にすれば良かったかなと後悔してしまった(苦笑)。 U-23の年代で構成され、U-...

続きを見る

「CSKA時代や香川ほどには状況は悪くない」イタリア・セリエA第20節 ACミラン-ヴェローナ

リーグ戦初先発となったこのヴェローナ戦では、コッパ・イタリアでの賛辞から一変してメディアはこぞって酷評、本田自身も「50%もいっていないんじゃないか」と語っていたのを聞いて、よほど出来が良くなかったの...

続きを見る

「年明けからひたすらカーボンコピー」イタリア・セリエA第20節 ジェノア-インテル

年明けからすっかり勝ち星に見放されているインテルは、日曜日に行われたアウェイでのジェノア戦でも敗戦を喫してしまい、2014年になってからの4試合で1分3敗という惨憺たる状況に陥ってしまった。 負け方...

続きを見る

ミランでの本田の役割はザックジャパンと同じ?

金曜からすっかり風邪を引いてしまい、これがまたしつこいタイプの風邪で医者からもらった薬を飲んでもまだ回復はしておりません。 そんなわけで試合はさっぱり見ていないのですが、幸か不幸か日本人選手の試合は...

続きを見る

本田がセードルフ監督に重用されると確信する理由

コッパ・イタリアのスペツィア戦で上々の先発デビューを果たした本田選手。タソッティ暫定監督が指揮をするのはその1試合のみで、今週末の試合から早速新しいセードルフ体制での再スタートが決まりました。 そし...

続きを見る

「実質、キャプテン本田、現場監督本田」コッパ・イタリア ベスト16 ACミラン-スペツィア

コッパ・イタリアのベスト16、セリエBのスペツィア相手の試合で初先発&サンシーロデビューとなった本田は、後半2分にミランでの初ゴールを決めるなど攻守に貢献、試合もミランが3-1で勝利して準々決勝へと駒...

続きを見る

「長友、誤審でドッピエッタならず」イタリア・セリエA第19節 インテル-キエーヴォ

ホームにキエーヴォを迎えたインテルは、試合開始8分に先制点を奪われながらも13分には長友が右からのクロスに鋭く左サイドから飛び込んで同点に追いつき、その直後にも自ら蹴ったショートコーナーからオフサイド...

続きを見る

「残り3分からの逆転劇」高校選手権 決勝 富山第一-星稜

録画していたこの試合を見る前は、一応どっちが勝ったかという結果だけで得点経過については知らなかったので、いったい富山第一はいつ点を取るんだと思いながら試合を見ていたら87分まで来てしまいましたとさ(笑...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑