ツール・ド・フランス2013 第1・第2ステージ

2013/07/01 | 未分類, 自転車

スポンサードリンク

サッカー界の視線はブラジルがスペインに圧勝したコンフェデ決勝に注がれている最中ですが、個人的な楽しみにしている自転車のツール・ド・フランスも始まりました。
毎年恒例で、ツールの時期は自転車ファンに鞍替えするので、コンフェデや代表戦などの重要な試合や、ツールの休養日はサッカーの話を書きますが、ブログがほぼツールの話題ばかりになってしまうのをお許し下さい。
さて、記念すべき100回目のツール・ド・フランスは、初めてツールのコースに組み込まれた、ナポレオンの故郷として知られるコルシカ島でスタートしました。
で、レースより何より驚いたのは地中海の透明度の高さと、リゾート地以外の場所のボロさ(笑)。ジロで見たシチリア島も大概だとは思いましたが、コルシカ島も相当なものですね。特に道路の悪さはかなりのもので、選手はさぞかし苦労していたと思います。プレスの大人数を収容できる施設もないので、わざわざフェリーが係留されているそうです。
さてレースですが、第1ステージは何とゴールゲートを下ろした状態でオリカ・グリーンエッジのチームバスが通過しようとしたために、ゲートに引っかかって抜け出せなくなり、最終的には間に合ってゴールしましたが、途中でゴール地点を3km手前に繰り上げるアナウンスがされるアクシデント。そして選手もゴール前で大きな落車が発生し、カヴェンディッシュやコンタドールが巻き込まれる波乱の幕開け。
第2ステージは一転して穏やかな展開になり、前日は逃げに早く追いつき過ぎて混乱を招いた集団も、この日は残り3kmできっちり追いついてゴール勝負と思われたのですが、途中の山岳で有力スプリンターが脱落していてトレインを引くチームがなく、逃げからエスケープしたバケランツがわずか1秒差で逃げ切りを決めました。
まさにスプリンター受難のコルシカステージといった感じですが、日の丸がついた日本チャンピオンジャージを来た新城選手が第2ステージで12位に入る健闘を見せていたのが嬉しかったですね。ご存知のように自転車界はアームストロングの件で評判が地に落ちてしまい、相変わらずUCIも自浄能力が皆無である事をさらけ出してしまいましたが、それだけに新城選手には何とか頑張って欲しいところです。
同じくコルシカで行われる今日の第3ステージも、終盤に2級の山岳があります。山岳をこなせるスプリンターとしてコルシカでは大本命と見られていたペーター・サガンは、第1ステージは落車で遅れ、第2ステージは2位とまだ勝てていないだけに、ここは何が何でも必勝の勢いで来るでしょう。新城選手の逃げにも期待したいですね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「イタリアの本気守備」コンフェデレーションズカップ 準決勝 スペイン-イタリア

う~ん、イタリアは惜しかったね。鋭いカウンターがビシバシ決まって少なくとも4度の決定機があった前半のうちに1ゴールでも決めていれば、おそらく違う結果になったはずの試合だったんだけど、マッジョの決定力と...

続きを見る

「日本が学ぶべき守備の文化」コンフェデレーションズカップ 準決勝 ブラジル-ウルグアイ

ザックが散々メンバー固定だと批判されている中で、それ以上にメンバーを固定したまま4試合目の戦いとあって、ブラジルの手の内を知り尽くしたウルグアイに相当苦戦した試合となった。 今大会でのブラジルの強さは...

続きを見る

「澤、宮間後のなでしこ」女子国際親善試合 イングランド-日本

2013/06/27 | なでしこ, 未分類

澤の故障と宮間の出場停止という事情があり、図らずも飛車角落ちという苦しい体制で臨まざるを得なくなった日本だったが、ホームのイングランドに対して何とかドローに持ち込む粘りの試合を見せた。 わずか6900...

続きを見る

スペインの勝負強さはいつ培われたか

2013/06/26 | 戯言2013, 未分類

昨日、スペイン対ナイジェリアについての戦評を書いたのですが、その後お久しぶりのZEROさんから極めて丁寧なスペインの勝負強さについての解説をいただきましたので、転載させていただきます。 スペインにつ...

続きを見る

「スペインの手抜きは良い手抜き?」コンフェデレーションズカップ グループB スペイン-ナイジェリア

得失点差から考えてほぼ決勝トーナメント進出が決まっているスペインと、スペインに対して4点差以上での勝利が必要なナイジェリアという微妙な対戦は、試合開始わずか3分にスペインが先制してしまったので、その後...

続きを見る

「3連敗の現実を受け止める」コンフェデレーションズカップ グループA 日本-メキシコ

2013/06/23 | 日本代表, 未分類

イタリア相手にあと1歩まで追い詰めた試合をして、メキシコ相手なら勝って当然みたいな空気が世間に流れていたけど、自分としては運動量でメキシコに勝てないと厳しい、コンディションが回復しないとやられる可能性...

続きを見る

「一筋縄ではいかないメキシコ」コンフェデレーションズカップ グループA ブラジル-メキシコ

日本と同じように、ブラジルとイタリアに連敗して決勝トーナメント進出が既に断たれてしまったメキシコだが、2-0の無得点で敗れてしまったとは言え、ブラジルとの試合を見ると軽く侮っていてはやられてしまうな、...

続きを見る

イタリアと日本の友好のために

2013/06/21 | 戯言2013, 未分類

今日2度目のエントリーですが、久々に(?)とある読者の方から良いご指摘をいただいたので、この場で回答させていただきます。 お聞きしたいのですが、6/20の記事ではカウンターサッカーにするべきと書いて...

続きを見る

「イタリア戦の善戦はザックのおかげ」コンフェデレーションズカップ グループA イタリア-日本

2013/06/21 | 日本代表, 未分類

昨晩、改めてイタリア戦を録画でじっくり見てみた。しかし、いかにも無理ゲーなブラジルに比べると、イタリアはまだ与し易いと思ったのだが、ここまで上手く行くとは思わなかったね(笑)。 この試合後での世論は、...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑