「ドイツ・ブンデスリーガ」 一覧

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルトに残り2試合で勝ち点6差とほぼ降格が決まっているハノーファーは、13位のフライブルクと対戦。ハノーファーはホーム最終戦だが、スタン...

続きを見る。

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグの可能性を残している9位のブレーメンは、アウェイで勝ち点差4が付いている8位のホッフェンハイムとの対戦。 ブレーメンのフォー...

続きを見る。

「まさか正GKビュルキのやらかしが、ドルトムントの優勝を阻んでしまったのか」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-ドルトムント

前節はシャルケとのレヴィア・ダービーで、ホームなのにまさかの2-4で大敗、失意のどん底に落とされたドルトムントを、ブレーメンはホームに迎えての対戦。 ブレーメンはラシツァと大迫の2トップに、トッ...

続きを見る。

「大迫が反撃の口火を切るゴールも、もったいないPKでブレーメンは敗戦」DFBポカール 準決勝 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

リーグ戦に続きバイエルンとの連戦になったポカールの準決勝、ブレーメンは大迫が先発に復帰、フォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、大迫とラシツァの2トップに、トップ下にクルーゼが入った形。対す...

続きを見る。

「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則級のFWを揃えて圧倒的な攻撃力で首位を独走しているケルンと、ここリーグ戦3試合で勝利が無く、自動昇格枠の2位はキープしているものの...

続きを見る。

「大迫は先発に復帰するも、FWではあまり活きないのは変わらない様子」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ブレーメン-フライブルク

ブレーメンは怪我から復帰して2試合目の大迫が早速先発復帰、ラシツァとの2トップでクルーゼがトップ下でシャヒンがアンカーに入った4-1-3-2、対するフライブルクは3-4-1-2のフォーメーションで対戦...

続きを見る。

「好調なチームにあって、早速アシストを記録した大迫の出番はあるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ 第28節 ボルシアMG-ブレーメン

現在5位とは言え、前節はデュッセルドルフに3失点を食らって敗戦、ヘッキング監督の今シーズンでの退任が報じられたボルシアMGと、大迫が欠場しながらもラシツァの台頭によって、ここ5試合で4勝13得点と好調...

続きを見る。

「ロスタイムにまさかのVARでPK、これも長谷部がもたらす神通力?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 シャルケ-フランクフルト

今シーズンは残留争いに巻き込まれ、チャンピオンズリーグでマンチェスター・シティ相手に0-7という歴史的大敗を喫した事をきっかけに、テデスコ監督からステフェンス監督に交代したシャルケと、目下絶好調のフラ...

続きを見る。

「既に”有名じゃない方の久保”化しつつあるが、残留からの復活はあるのだろうか」ドイツ・ブンデスリーガ第27節 ニュルンベルク-アウクスブルク

現在最下位にあえいでいるニュルンベルクは、久保が右SHで先発した4-1-4-1のフォーメーションで、アウクスブルクは中盤3枚がマッチアップの形になった4-2-3-1でスタート。 試合はブンデス下...

続きを見る。

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフランクフルトと、最下位にあえいでいるニュルンベルクとの対戦。 フランクフルトは長谷部が3バックのセンターで連続出場、フォーメーシ...

続きを見る。

スポンサードリンク


蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑