「もう無観客の試合にも慣れてきてしまった、次は覚悟の段階か」DAZNトレーニングマッチ 名古屋グランパス-横浜FC

スポンサードリンク

しばらく志村けんが亡くなったショックで落ち込んでいたけど、ようやく少しサッカーを見ようかという気持ちが復活して来たので、DAZNで放送していたもう1つの練習試合、名古屋対横浜FCの試合を観戦。フォーメーションはどちらも4-2-3-1で、横浜FCは中村俊輔がトップ下に入るスタメン。

試合は名古屋が序盤からボールを支配、SHが高い位置に張って基点となり、SBも攻撃参加して横浜FCを攻め立て、試合開始4分に名古屋はPA内に攻め込みながらボールを奪われるが、成瀬がチェイシングで再びボールを奪い、シミッチからパスを受けた阿部がグラウンダーでコースに流し込むゴールを決めて名古屋が先制する。

横浜FCは、トップ下に居ながらボールがなかなか集まらず、仕方なくサイドやボランチの位置へ動いてボールを受けるのだが、その分前線の枚数が足りなくなって、セットプレイ以外にチャンスを作れない。何とか中村俊輔のセットプレイから打開を図るが、得点には至らず。

前半38分にGKへのバックパスミスを拾った前田が完全に1対1になったがイージーなシュートを外してしまい、名古屋は絶好のチャンスをものに出来ず。横浜FCも後半5分にPA内での折返しを一美が合わせるも枠に飛ばせず。

後半は横浜FCが自陣でしっかりゾーンを固め、ボールの位置によってプレスをかける場所をはっきりさせるようになると、名古屋はボールを支配しながらも有効な攻撃が出来なくなる。そして15分には中村俊輔がお役御免。

その後は試合がヒートアップ、中盤での激しい競り合いが続くと徐々に横浜FCが名古屋の両SBの裏を使ったサイド攻撃でリズムを作り出す。終盤は互いに運動量が落ちて名古屋も横浜FCゴールに迫る場面もあったが、どちらも完全な決定機は作れず試合終了。

しかし、段々と無観客の試合に対する違和感が自分の中で減っているのが怖い。むしろ、静かな方がボールを蹴る音が聞こえて試合に集中できるとか思い出して来たぐらいだ(笑)。再開の目処がまだ見えない中、いよいよ無観客試合での公式戦が現実的になりつつある。そろそろ覚悟を決めないといけないのかも。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/04/03 | Jリーグ

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑