いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

スポンサードリンク

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガーにも感染者が続出する事態になっています。

神戸新聞NEXT|スポーツ|Live!VISSEL|J1神戸、新たに感染確認 酒井選手続き2人目

Jリーグで感染広がる…群馬、舩津徹也の新型コロナ陽性を公表「できる限りの予防したが…」 | サッカーキング

J1セレッソ大阪・永石拓海選手が新型コロナに感染

先日、神戸の酒井高徳がJリーガーとして初めて感染したと思ったら、立て続けに3人が感染。永石選手は食事を共にした知人が感染していた事が分かっている模様ですが、やはり感染しても無症状・軽症である若者が自粛をものともせず動き回り、スプレッダーとして市中感染を広めている可能性が高くなっています。おそらく、実際の感染者は発表された数字よりもはるかに多くなっているはずです。

ただ、不思議なのはこういう状況であればとっくにオーバーシュートしていてもおかしくないのに、日本を始めとした一部の国ではイタリアやスペイン、アメリカほどの感染爆発に至っていない事です。今まではその理由として、日本人が清潔好きとかハグをしない、土足で家に上がらない、手洗い・マスクの徹底が挙げられていましたが、それだけで防げるほど生易しい相手ではありません。

3/21に、あくまで仮説の推測としてこういうツイートを流しましたが、その時はおかげさまで否定的な反応をいただきました。

が、京都大学の研究者からそれを裏付けする疫学論文が出されました。インフルエンザの減少は暖冬のせいだと言われていましたが、これならある程度納得です。

そして上記ツイートにもあるBCGの接種が自己免疫を高めて新型コロナウィルスによる重症化を防いでいるのではないかという仮説。

日本型BCGで新型コロナの免疫ができる? ? アゴラ

エビデンスは無いのですが、疫学的な調査・統計では明らかに有意な差があるので、全く無関係ではないと言われています。BCGについては、ほとんどの日本人は接種が済んでいるとされ、私もツベルクリン反応でハンコ注射を押されました。あれ、しばらくはとても痒いんですよね(笑)。

また一般論ではありますが、新型コロナウィルスも他の風邪と一緒で湿度が高くなれば感染力が弱まるのではないかという話。

さらに新型コロナウィルスで髄膜炎を併発した重症患者が、アビガンの投与で回復したというニュース。

感染で髄膜炎の20代男性快方へ|NHK 山梨県のニュース

髄膜炎は季節性インフルエンザが重症化した時にも発生し、しばしば子供の命を奪う怖い症例なのですが、その場合にもアビガンが使えそうですよね。

敵は強大で恐ろしい相手ですが、徐々に包囲網が狭まっている感があります。感染者数はこれからも増加するでしょうが、重症化に人為的な歯止めがかけられたら普通の風邪になります。Jリーグ再開の見通しまでもう少しの辛抱だと思うので頑張りましょう!

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/04/02 | Jリーグ

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑