「カズと中村俊輔が再びJ1の舞台に戻って来る?」J2第42節 横浜FC-愛媛FC

スポンサードリンク

なんか柏対京都が凄い試合になったようで話題がそっちに行ってしまっているが、昨日は情報をシャットダウンして夜に横浜FCの自動昇格がかかった最終節の愛媛戦を見ていた。

J1昇格がかかった横浜FCは、現在17位の愛媛FCとの試合。横浜FCは中村俊輔がアンカーに入った4-2-3-1で、愛媛は3-4-2-1のフォーメーション。

緊張からか、ホームの横浜FCはボールを支配しながらもなかなかリズムが作れなかったが、前半32分に中村俊輔のCKの場面で、皆川が倒されPK、これを自分自身が決めて横浜が先制点をゲットする。

後半6分にも左サイドから崩して斉藤が中で受けて冷静にゴール。愛媛も20分にカウンターから、その直後にもクロスから神谷のヘディングと決定機、しかし決められず。36分に中村俊輔が下がり、42分にキングカズが出場。そして試合終了、横浜FCは13年ぶりのJ1に。

こういう試合になると緊張でガチガチになってしまうものだが、昨年は3位に終わった経験や、アンカー役をやっていた中村俊輔がボールを散らし、愛媛のプレスの勢いを分散させて試合をコントロール出来ていたのが大きい。カズも最後に出場できて万々歳の勝利となった。

来期の契約があるかどうかはまだ分からないが、このままチームに残ったとしたらカズと中村俊輔が再びJ1に戻って来る事になるわけで、戦力になるかどうかはともかく1日だけでもカズがJ1のピッチに立つ姿は見たいような気がする。

そしてJ1昇格争いの結果は、柏と横浜FCが自動昇格、プレーオフが大宮、徳島、甲府、山形の間で行われる事になった。一方、J2残留争いのほうは岐阜がJ3に自動降格、21位の鹿児島は本来ならば降格だが、J3でJ2ライセンスを持たない藤枝MYFCが現在2位に付けており、3位の群馬に逆転されなければ残留という事になる。こりゃ鹿児島は必死で藤枝を応援する事になりますなあ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/11/25 | Jリーグ

関連記事

「これからはフロントにも”世界基準”が問われる、エポックメイキングな優勝」J1第34節 横浜Fマリノス-FC東京

J1リーグ優勝がかかった大一番。FC東京が逆転優勝するためには、4点差...

記事を読む

「東京は優勝が遠のく痛恨のドロー、浦和はほぼ残留確定」J1第33節 FC東京-浦和レッズ

序盤はFC東京がサイドを蹂躙して決定機を作りまくるが決められず、その後...

記事を読む

「優位なほうが足が止まって消極的になるJリーグのジンクス」J1第32節 FC東京-湘南ベルマーレ

今期のJ1もいよいよ残り2試合。ラグビーW杯中のアウェイ8連戦を4勝2...

記事を読む

岡ちゃんオーナーのFC今治、背水の陣から見事J3昇格決定!

代表戦があってちょっと話題にするのが遅れましたが、岡田武史オーナー率い...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑