「ルーマニアの英雄、ハジの息子に伊東がゴールをプレゼント」ベルギー・プロリーグ第1節 ゲンク-コルトレイク

スポンサードリンク

ツール・ド・フランスが終わって8月に入ったので、スカパーのJSPORTSセットから海外サッカーセットに切り替え。既に開幕していたベルギーリーグの開幕戦を遅ればせながら観戦。

ディフェンディングチャンピオンとして迎えた2019-20シーズンのゲンク。しかし攻撃の中心だったトロサールとマリノフスキーが移籍してしまい、2列目の顔ぶれはベンソン、ニグレン、そして伊東という並びにり、1トップにはサマッタが契約を延長して残留。これが新生ゲンクの攻撃陣という事になる。

が、やはりまだ攻撃のコンビネーションは出来ておらず、ベンソンは持ち過ぎて攻撃を遅くしてしまうし、ニグレンはちょっとまだ何が持ち味なのか良く分からない状態。アンカーのベルゲ、インサイドハーフのヘイネンは昨シーズンから変わってないが、ミスが多くてなかなか前線までボールが届かない。と思ってる間にゴラッソなミドルを食らって失点。

前半30分を過ぎると、ベルゲがCBに落ちて3バック気味にしてSBを高く上げた事でゲンクの組み立てがスムーズになり、35分には左サイドからのクロスに飛び込んだ伊東が頭で合わせたものの、GK、クロスバーと当たって跳ね返る不運でゴールならず。

しかし後半5分にサマッタのヘッドが相手DFに当たった跳ね返りをニグレンが押し込み同点。これでゲンクの攻撃も少し落ち着き、その後は膠着状態になり、後半29分にルーマニアの英雄ゲオルグ・ハジの息子であるヤニス・ハジが投入される。

すると後半31分、DFラインの裏へ飛び出した伊東にボールが渡り、伊東が相手を背にして浮き球でパスをすると、そこに飛び込んだハジがファーストタッチでゴール。スタンドに来ていたご両親が大喜びする姿をカメラで抜かれる。

その後はコルトレイクの反撃を受けるも、5分のロスタイムをしっかり守りきって2-1で試合終了、試合運びとしてはあまり盤石ではなかったが、とにもかくにもゲンクがベルギーリーグのホーム開幕戦を勝利で飾った。

伊東は序盤こそサイドに張ってボールを待っていたものの、相手が警戒して早めにマークを付けていたので良い態勢でボールを受ける事が出来ず、失点してからは最初からインサイドに入ってSBが上がるスペースを作るポジショニングが多くなったが、1トップのサマッタが左に流れる事が多くて伊東は孤立気味だった。ハジへのアシスト後は伊東の動き出しに味方がパスを合わせてくれるようになったが、まだまだ改善の余地は大きそうだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「中島は案の定な代表プレイで危うく失点の原因、まずは戦術理解が先」ポルトガル・プリメイラ・リーガ第2節 FCポルト-セトゥーバル

昨日は福井まで日帰り旅行に出かけていて、帰って風呂から出たらあっさり寝...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「”戦術横綱”大分に対しがっぷり四つも、最後に寄り切られた鹿屋体育大学」天皇杯3回戦 大分トリニータ-鹿屋体育大学

2回戦で名古屋グランパスを破った鹿屋体育大学。3回戦の相手は、昨期にJ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑