「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

スポンサードリンク

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはELへの可能性は残しているがほぼ終戦で、ライプツィヒもCLは確定している事実上の消化試合。フォーメーションはブレーメンが中盤ダイアモンドの4-4-2で、大迫は2トップの一角で先発。ライプツィヒはフラットの4-4-2。

試合は戦術的な練度、個人能力に優れたライプツィヒが終始押し込む形で推移。しかし前半33分に左からのクロスを大迫がダイレクトでシュートしようとしたところをウバメカノに阻まれ、VARでファールと判定されPK、これをラシツァがきっちり決めてブレーメンが先制する。

さらに前半38分にブレーメンは相手陣内でFKを獲得、シャヒンのキックに大迫がヘディングで頭1つ抜け出すもシュートはわずかにニアへ外れてゴールならず。前半ロスタイムにはライプツィヒがブルマがシュートをするもポストに当たってこれも入らず。

しかし後半8分、PA内でブルマがシュートをしたところをフリードルがカバーに行き、ボールが腕に当たったのをファールに取られてPKの判定、ブルマが蹴ったボールは大きく外れてブレーメンは命拾い。

大迫は、FWというよりはトップ下の位置になり、守備時は相手のアンカーにプレスをかけつつ、攻撃では中盤に降りてポストとなり、24分にはターンからラシツァにスルーパスを通して惜しいシュートという場面を作り出す。

後半25分にライプツィヒは2選手を交代し、29分には大迫がピサーロと交代。しかし後半38分にマキシミリアン・エッゲシュタインがあわやオウンゴールというバックパスをやらかしてから流れが変わり、連続攻撃からムキエレがクロスに合わせてライプツィヒが同点。

しかしその直後、ブレーメンは相手のクリアミスを拾うと、PAすぐ前で横パスを受けたピサーロがカットインから豪快なシュートを決めて勝ち越し、そしてそのまま2-1で試合終了。ブレーメンはヨーロッパリーグ圏内には届かなかったものの、8位と上位の成績でシーズンを終える事になった。

大迫については、ライプツィヒの守備がゾーンだったので比較的楽にポストプレイをする事が出来た。明確なマンマークを付けられなければ、バイエルン相手にもポストをこなす能力の高さを改めて証明した。来期もチームにとって重要な存在になるだろうが、そろそろ便利屋から点取り屋へのレベルアップもお願いしたいところである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ2部編)

ブンデスリーガ2部 ドイツ2部は、何と言っても昨年降格して今年は再昇...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ1部編)

ブンデスリーガ1部 U-20W杯の試合もあって飛び飛びのアップになっ...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑