「最後まで信念を貫いた宮本監督、一瞬日和ってしまったロティーナ監督」J1第12節 ガンバ大阪-セレッソ大阪

スポンサードリンク

ここのところ7試合勝利が無いガンバが、3試合負け無しのセレッソをホームに迎えた大阪ダービー。ガンバのフォーメーションは3-1-4-2で、何と遠藤と今野2人共ベンチスタートと先発5人を変更、高尾、福田、矢島、と宮本監督は思い切って若手を起用。対するセレッソは怪我の都倉とU-20メンバーに消臭された瀬古が抜けた以外は同じメンバー。

試合はいきなり前半10分にオフサイドラインを抜け出した高木がGKと1対1になるも、東口が何とか体で防ぐと、12分にはGKへのバックパスをを拾ったファン・ウィジョがシュートと、決定的なジャブの応酬。

ガンバが3バックにした狙いは明白で、4バックの外側に位置するWBで基点を作り、ダイアゴナルな動きでパスコースを作って速いタッチで繋いで来る。遠藤らベテランが入ると、どうしても攻撃のペースは選手任せになるので、外してスピードアップを図ったのだろう。

しかしセレッソも慌てず、ポジションのマッチアップでフリーになるSBの松田、丸橋が高い位置に上がってビルドアップに参加、前半33分にはサイドから飛び出した清武が完璧なトラップもDFにカットされてシュートまで行けず。

膠着した展開が続く中、セレッソがまず後半4分に動き、高木に代えてソウザを投入、4バックから3-4-2-1に変更する。しかし先制したのはガンバで、高尾から縦パスを受けた高江が一瞬溜めてスルーパス、倉田がPA内で切れ込みシュートを決めてしまう。

その後はセレッソが前に出るも、ガンバは粘り強く守ってシュートを許さず、逆に後半22分にカウンターからファン・ウィジョの折返しをアデミウソンがフリーでシュートも大きく外れてしまう。

ここでロティーナ監督は柿谷を投入、ブルーノ・メンデスとの2トップにして、SHが清武と水沼、ボランチがソウザと奥埜の4-4-2に戻し、ガンバは食野と今野を入れるが3-1-4-2は変わらず。

セレッソは後半32分に清武のPA内での落としから柿谷がシュートも東口がキャッチという場面を作ると、その後はどんどんガンバ陣内に選手が入ってドリブルやワンツーで切り崩すセレッソらしい猛攻を見せる。

しかし4分のロスタイムも、ソウザのシュートがヒットしなかったり、田中のクロスが東口にキャッチされたりで最後までセレッソは決定機が作れず、結局大阪ダービーはガンバが1-0で勝利した。

セレッソはせっかく4-4-2でリズムが良かったのに、3バックに変えたところで戦術の不慣れを突かれて失点してしまった事が悔やまれる。それに対してガンバの方は、最後まで若手を3バックの可能性に賭け、ベテランは最後に試合を落ち着かせる起用に割り切った事が勝敗を分けたポイントだろう。

ただ、いきなりベテランを冷遇すると、試合内容は良くなっても選手やサポーター、クラブ上層部から不評を買って監督が交代してしまうのがJリーグの常だったりするので、レジェンドクラスの宮本監督が簡単にその罠にハマるとは思わないが、いろいろ気をつけて欲しいところだね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/05/19 | Jリーグ

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑