「大迫は先発に復帰するも、FWではあまり活きないのは変わらない様子」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ブレーメン-フライブルク

スポンサードリンク

ブレーメンは怪我から復帰して2試合目の大迫が早速先発復帰、ラシツァとの2トップでクルーゼがトップ下でシャヒンがアンカーに入った4-1-3-2、対するフライブルクは3-4-1-2のフォーメーションで対戦。

試合はホームのブレーメンがボールを保持する展開、トップ下のクルーゼが頻繁にボランチまで下がって4-4-2のような形でセット、大迫は動きを見る限りではまだ本調子ではないが、ボールを収める仕事はきっちりこなし、しっかり攻撃の基点を作る形が出来ている。

フライブルクは実質的に5-3-2のような形で守備を固め。ブレーメンが攻めあぐねる展開が続いたが、38分に大迫のポストから流れでクロスをクルーズが合わせ、直後にはクルーズがミドルを放つもフライブルクGKシュヴォロフが手に当ててギリギリ枠を外れる。フライブルクも前半終了間際に上手く裏を取ったグリフォが振り向きざまのシュートも枠外でブレーメンは命拾い。

ブレーメンは、後半9分に右サイドでの抜け出しから、クロスをクラーセンだダイレクトで合わせるもゴール前でギリギリクリアされる決定機。しかしその後は膠着状態で、大迫は相手の守備の間受けを狙ったり、ラインと細かい駆け引きをしているのだが、味方からさっぱりボールが出て来ない。そして後半18分に大迫はピサーロと交代する。

ここから、ブレーメンの攻撃はシンプルにサイドからクロスを上げる攻撃が多くなり、後半31分に右に流れたピサーロのクロスからラシツァが拾ってまたクロス、クラーセンが頭で合わせたシュートが相手に当たってゴールイン、VARになったがゴールが認められる。さらにカウンターから得たCKからゲブレシラシエが合わせて2点目。

後半ロスタイムにはフライブルクにミドルシュートのこぼれ球をシュミットに押し込まれて1点差に追いつかれるが、結局2-1のまま試合終了、ブレーメンは7位に浮上、ヨーロッパリーグまで勝ち点1差まで迫って来た。

大迫については、2トップで先発も相変わらず大迫にパスを出す大迫がいないなと。ラシツァやピサーロの強引さが結果に繋がっている状況では、また大迫のポジションが中盤に下がってしまいそうではある。監督に評価されているので干される心配は少ないが、やっぱり得点という結果は欲しいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「内容は期待したほどじゃなかったが、柴崎にとっては何より結果が重要」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 ヘタフェ-セビージャ

リーガ・エスパニョーラもいよいよ終盤戦。今節は4位のセビージャと5位の...

記事を読む

「得点は決めたが良くも悪くもザックジャパンの長友だった」トルコ・スーパーリーグ第29節 ガラタサライ-カイセリスポル

左膝を負傷して欠場していた長友が、復帰戦でいきなりゴールを決めたという...

記事を読む

「3点目のゴールに絡むも、すっかり伊東は守備の人?」ベルギー・プレーオフ1第5節 スタンダール・リエージュ-ゲンク

ベルギーリーグのプレーオフ1もこれで前半の折返し、現在首位を快走してい...

記事を読む

「体はヘロヘロでもセフェロビッチに完勝、長谷部はチェルシーも整えに行く」UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 第2レグ フランクフルト-ベンフィカ

ベンフィカホームでの第1戦を2-4で折り返し、フランクフルトに...

記事を読む

「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑