「味方からも監督からも援護を受けられない久保、次の一手はどうする?」リーガ・エスパニョーラ第17節 セルタ-マジョルカ

スポンサードリンク

昨日はちょうど10時からLIVEでDAZNの中継があったのでセルタ対マジョルカの試合をリアウタイムで観戦。いつもと変わらずマジョルカは4-4-1-1で久保は右SHで先発。

試合は序盤からホームのセルタがペースを握る。マジョルカは相変わらずビルドアップが機能せず、苦し紛れにロングボールを蹴るのだが、サイドラインを割ったり1トップのブディミルがキープできず、相手のミスやアクシデントでしかマイボールに出来ない展開。

相手のCBがボールを持ち上がっても、チームの約束事なのか久保は4-4ゾーンをセットして中へのパスコースを切るだけなので、対面の左SHオラサがオーバーラップするとプレッシャーが全くかからず、セルタのクロス練習のような状況になっている。

せっかくボールを奪って久保が逆サイドでフリーになっていても、サイドチェンジ出来ずにセルタの選手が密集している同サイドでパスを繋ごうとして奪い返されるパターン。そして20分に、またマイボールを奪われて左サイドへ展開、クロスをラフィーニャが決めてセルタが先制。

しかし前半30分、スローインの場面でブディミルがエイドールに足を蹴られ、VARの判定でPKを獲得、これをサルバ・セビージャがコースに決めてそこまで全くチャンスが作れてなかったマジョルカが同点に追いつく。

その後もパッとしない内容で前半を折り返すと、後半からフェバスに代えてクチョ・エルナンデス投入され、久保が右に移る。が、早速4分にそのクチョがPA内で相手を楽してしまいPK。後半17分にサルバ・セビージャが退いてまた久保が右に戻る。

後半33分、久保は3人目の交代でチャバリアと交代するが、その直後にCBのライージョが2枚目のイエローで退場と踏んだり蹴ったり。誰もがこのままマジョルカが負けると思った流れだったが、39分にこの試合初めてと言っていいブディミルのポストプレイが決まり、クチョが潰れたこぼれ球をブディミルが押し込みマジョルカが同点。その後はセルタの猛攻を何とか凌ぎきって2-2のドローで終了。マジョルカは今期初のアウェイでの勝点をゲットした。

久保は相手チームにも相当警戒されて、SBのマンマークを付けられた上に久保がたまにボールを持ったら3人に囲まれ、自身だけじゃなくて久保がパスを出す先もカバーされてしまっている。しかもこれだけマジョルカの中盤がボールを奪ってもまともに味方へ繋げないのではどうしようもない。

ようやく先発で固定され、ボールも来るようになったらまた壁がやって来てしまったという感じで、久保の良さを最大限に活かすのであればトップ下での起用なんだろうが、監督はSHから違うポジションで使うつもりは無さそうなので、自らこの壁を乗り越えるしか無さそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「大島無双も、あくまで五輪代表2軍の練習試合」E-1選手権 日本-香港

2019/12/15 | 日本代表

結果は5-0の大勝で、小川航基がA代表デビューでハットトリックとキャッチーな話題も生まれたのだが、ぶっちゃけ香港のレベルはJ3程度で、中国戦の内容やメンバーの出来をそのまま当てはめる事は出来ないかなと...

続きを見る

「鎌田の頑張りはあっても、現状では長谷部が普通の人」UEFAヨーロッパリーグ グループF フランクフルト-ギマランイス

首位のアーセナルに勝ち点1差で最終節を迎えたフランクフルト。ギマランイスに勝利すれば1位抜けの可能性があった試合だったが、序盤は敗退が決まってのびのびプレイするギマランイスにペースを握られてしまった。...

続きを見る

南野が対戦相手のリバプールへ移籍はネタじゃなかった?

チャンピオンズリーグのリバプールとの2試合で、南野が活躍を見せた事でリバプールファンが獲得を望んでいるという話題はありましたが、まさかクラブが本気で動いているとは思わず、獲得のニュースが出ても最初はネ...

続きを見る

「南野キレキレの猛攻を見せるも一発逆転ならず、ザルツブルクはヨーロッパリーグへ」グループE ザルツブルク-リバプール

UEFAチャンピオンズリーグもグループステージ最終戦。まだステージ突破の可能性を残しているザルツブルクは、ホームで首位のリバプールと対戦。ザルツブルクのフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で...

続きを見る

「2軍同士の塩味対決は、少ないチャンスをものにした日本に軍配」E-1サッカー選手権 日本-中国

2019/12/11 | 日本代表

中国が試合開始からハイプレスを仕掛けて来て、日本はU-22コロンビア戦に引き続いて全くビルドアップをさせてもらえず、3-4-2-1の形で臨んだ日本はいつものように烏合の衆で連携も皆無で、これは相当厳し...

続きを見る

「下から出て来る相手をことごとく叩き潰すスタイル」フランス・リーグアン第17節 オリンピック・マルセイユ-ボルドー

前節はアウェイでリーグ3位のアンジェを下した後、入れ替わりで3位に上がって来たボルドーと、マルセイユはホームで対戦。アンジェ戦で肩を痛めて前半で交代した酒井も右SBで先発、4-3-3のフォーメーション...

続きを見る

「ハブられていたのも今は昔、全員が困ったら久保にボールを渡すマジョルカ」リーガ・エスパニョーラ第16節 バルセロナ-マジョルカ

かつて久保が在籍していたバルサと対戦するという事で注目された試合。バルサはグリーズマン、スアレス、メッシの3トップを並べた4-3-3、久保は4-4-1-1の右SHで先発。で、例によって久保のプレイを中...

続きを見る

「これからはフロントにも”世界基準”が問われる、エポックメイキングな優勝」J1第34節 横浜Fマリノス-FC東京

2019/12/08 | Jリーグ

J1リーグ優勝がかかった大一番。FC東京が逆転優勝するためには、4点差以上での勝利が必要な試合だったが、前半23分に永井が横浜DFラインを完全に抜け出したシュートを決められず、逆に3分後にティーラトン...

続きを見る

「酒井はPKを奪うドリブルも怪我で負傷交代、改めて存在の大きさを痛感」フランス・リーグアン第15節 アンジェ-マルセイユ

シーズン序盤は出遅れたが、現在4連勝でいつの間にかリーグ2位に浮上して来たマルセイユ。今節は3位のアンジェとアウェイで直接対決。酒井は4-3-3の右SBで先発。 試合はホームのアンジェが激しくプ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
ブータン サッカー少女の夢

昨日は飲み会があったので試合を見るのはパス、たまたまサッカー関連で番組...

「上下動と1対2でヘロヘロ、失点につながるクロスを上げられた冨安」イタリア・セリエA第20節 ボローニャ-ヴェローナ

相変わらず勝ちきれない試合が続いているボローニャは、現在10位と好調の...

「ウィンターブレイクで別チームに変貌したシント・トロイデン」ベルギー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-コルトライク

年明けからミロス・コスティッチ新監督による体制がスタートしたシント・ト...

アジアの誤審に「拡大解釈」というお墨付きを与えてしまったVAR

昨日のAFC U-23選手権、タイ対サウジアラビアは0-1でタイが敗れ...

「マシンガンのような縦パスを連発、冨安の加入で五輪代表は変貌する?」イタリア・セリエA第19節 トリノ-ボローニャ

前節はアウェイでローマ相手にベロッティの2ゴールで勝利したトリノは、ホ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑