「5レーン理論、何それ美味しいの?とムシャムシャ食べてしまうアトレティコ」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ アトレティコ・マドリー-ユベントス

スポンサードリンク

クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したので、彼にとってはマドリー・ダービーの再現となったチャンピオンズリーグ1回戦。アトレティコはジエゴ・コスタが先発に復帰、グリーズマンがトップ下に入った4-2-3-1、ユベントスはマンジュキッチの1トップに、ウイングにはクリロナとディバラが入った4-3-3のフォーメーション。

試合の序盤は、アウェイのユベントスが攻勢をかける。前半7分にクリロナにFKの場面、無回転のボールをアトレティコGKオブラクが腕一本で辛うじて弾く。前半12分にはクリロナのコーナーキックからボヌッチがフリーでヘディングもバーの上。

その後はアトレティコが守備を修正して膠着状態になったが、前半26分にアトレティコはカウンターからジエゴコスタが抜け出したところを倒され、一度はPKの判定になったがVARで枠外とみなされFK、今度はグリーズマンの無回転キックをユベントスGKシュチェスニーが弾く、

後半はユベントスがボールを支配する流れで始まるが、アトレティコは5分にカウンターからジエゴコスタが完全に抜け出しシュートも、大きく右へと外してしまう。その直後にもアトレティコがセカンドボールをダイレクトでつなぎ、ラインの裏を取ったグリーズマンが完全に抜け出しシュートも、クロスバーに当たって跳ね返り、必死で戻ったキエッリーニがクリアする。

アトレティコはここでジエゴ・コスタに代えてモラタを投入、後半24分に左サイドからのクロスをモラタが合わせてゴールを決めたように見えたが、VARでキエッリーニが押されたというで判定でノーゴール。

しかし後半32分、アトレティコはCKからPA内にこぼれたボールをヒメネスが蹴り込んで先制点をゲットする。さらに37分には、アトレティコが右サイドでFKを得ると、キックはマンジュキッチがゴール前でクリアしたものの、右サイドでこぼれ球を拾ったゴディンが角度のないところからシュートを決めて2点目。

ユーベは後半44分、左サイドでFKを得るとクリロナのグラウンダーキックにダイレクトで合わせるがオブラクが弾く。後半ロスタイムには、アーリークロスに反応したクリスティアーノロナウドがヘディングも、やや体勢が伸びてしまってシュートは枠外。そして2-0のまま試合終了。ホームでの第2戦が待っているとは言え、アウェイゴールを取れずの2点差はユベントスにとって厳しい結果になってしまった。

それにしてもアトレティコはさすがである。ユベントスはマイボール時にはアンカーが下がり、SBが高い位置に上がって4パックゾーンの外側から攻める、5レーン理論に則った攻撃を構築してボールを支配したにも関わらず、アトレティコは中盤がシフトしてボールに近いサイドには常時2枚で対処、ファーサイドはSBが1人でしっかりスペースと人を監視、CBは中をしっかり閉めてクリロナとディバラに仕事をさせなかった。

ユベントスは試合内容自体はそれほど悪くなかったけど、前線の3人をアトレティコに分断されてしまって、ボールは支配したけど攻撃の厚みが作れなかった。セットプレイでも運が無かったしね。第2戦は、クリロナの爆発に期待するしか無いね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「2年ぶりに復活したノイアーとフンメルス、プレスを華麗にいなしアンフィールドを沈黙させる」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ リバプール-バイエルン・ミュンヘン

これも今節のチャンピオンズリーグでの注目カード。リバプールはいつものフィルミーノ1トップにマネとサラーが控える4-3-3、バイエルンも1トップにはいつものレヴァンドフスキが入るものの、2列目にはコマン...

続きを見る

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いているフランクフルト。ミッドウィークにヨーロッパリーグをこなしての中2日で、リーグ3位と好調を維持しているボルシアMGと対戦。 フ...

続きを見る

「酒井が戻ったら、マルセイユはあっという間に10位から4位へジャンプアップ」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-アミアン

もちろんそれだけが理由じゃないだろうが、酒井がアジアカップから戻って来てからは連勝中のマルセイユ。今節は下位のアミアンとホームで対戦。 マルセイユはバロテッリとジェルマンの2トップに、SHがオカ...

続きを見る

「プレイが研究され始めた鎌田、これからが本人もチームも正念場」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ズルテ・ワレヘム-シント・トロイデン

現在3連勝中のシント・トロイデンは、前節から同じメンバーで鎌田と冨安がスタメンに入ったが、フォーメーションは4バックから3バックに変更して、3-1-4-2の形でスタート。対するズルテ・ワレヘムは4-3...

続きを見る

「パス成功率94.5%を記録した長谷部、それでも試合は整えきれず」UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ シャフタール・ドネツク-フランクフルト

今週から、チャンピオンズリーグに続いてヨーロッパリーグも決勝トーナメントがスタート。グループリーグを首位で勝ち抜いたフランクフルトは、チャンピオンズリーグから回ってきたウクライナのシャフタール・ドネツ...

続きを見る

「唯一無二とは、結果であって目的ではないのだが」アスリートの魂・堂安律

昨日は飲み会があったので帰りが遅く、ヨーロッパリーグを見るのは諦めて録画してあった、「アスリートの魂 サッカー日本代表 堂安律」を見ていました。 例によって、内容を抜粋しての箇条書きで。 ...

続きを見る

「森保ジャパンとスールシャール・マンUとの類似性、PSGはもちろんあのチーム」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-パリ・サンジェルマン

今週から始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。その中でも注目カードであるマンU対PSGの試合を見てみた。 ホームのマンUはラッシュフォードの1トップに、ウイングがマルシャルとリンガード、...

続きを見る

「加入初戦で先発の乾はイキイキとプレイしたが、天気晴朗なれども波高し」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 アラベス-レバンテ

ベティスで出番を失っていた乾は、冬にアラベスへレンタル移籍。そして早速、加入後の初戦でスタメンに名を連ねた。アラベスのフォーメーションは4-3-3で、乾は右ウイングで先発。対するレバンテは3-1-4-...

続きを見る

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノーファーの原口は4-4-2の左SHとして先発、ニュルンベルクは同じ4-4-2のフォーメーションで、久保はすっかり出番を失ってベンチ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑