「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

2018/08/17 | 五輪代表

スポンサードリンク

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から7人のメンバー入れ替え、GKが小島、3バックが岡崎、板倉、大南、中盤が遠藤、松本、神谷、長沼、1トップが前田、2シャドーが岩崎と旗手の3-4-2-1、対するパキスタンは4-1-4-1のフォーメーションでスタート。

試合が始まった直後の前半2分、早速スコアが動く。日本は岡崎のロングボールに反応した岩崎が左サイドで抜け出し、裏でダイレクトに合わせるゴールを決めて幸先よく先制点をゲットする。

さらに日本は、前半9分に左サイドから攻め上がった大南からのクロスを旗手怜央が胸でトラップ、シュートを流し込む。その1分後にも岩崎がボールを奪ってから最後は旗手のスルーパスに抜け出した前田大然が右足アウトで合わせて3点目。

その後はパキスタンが攻勢に出るも、日本は遠藤渓太、長沼の両サイドを使ったワイドな展開で基点を作って押し返すと、35分に遠藤のパスカットから旗手が繋ぎ、岩崎が決めて4点目と、追加点を取るのに苦労した初戦とは打って変わったゴールラッシュ。

後半はパキスタンが明確に5-4-1にして来たが、日本は臆せずサイドを攻め立て、後半6分には長沼のクロスから前田が頭で合わせるもパキスタンのGKサキブにセーブされ5点目ならず。その後、パキスタンはさらにサイドをマンマークで重点的に守り、日本は基点を作れず後方でパスを回すだけの展開になってしまう。しかし守備では高い位置でゲーゲンプレッシングする意識が高く、パキスタンにチャンスを作らせない。

日本は後半25分にGK小島が相手とぶつかり負傷交代というアクシデントはあったが、そのままスコアは動かず4-0で勝利。裏の試合ではベトナムがネパールに2-0で勝利したため、これで日本とベトナムが勝ち点でも得失点差でも並ぶ事になった。

もしグループを2位で突破すると、兵役免除のためにソン・フンミンらOAを入れて必勝体制の韓国と対戦してしまうため、是が非でも1位突破を目指さないといけないが、ベトナムもU-23アジア選手権で準優勝を果たした黄金世代。

そう考えると、パキスタン戦で後半に落ち着いてしまわずもう1点を取りに行って欲しかったところだが、初戦の課題だったDFラインの裏を狙う意識が生まれて来たのは良い兆候だ。少なくとも前線の3人については、パキスタン戦の組み合わせのほうが良いように見えるが、また中2日での試合なのでどういうメンバーで臨むのか。早速、森保監督の手腕が大きく問われる事になる。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

2018/08/16 | Jリーグ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.twitter.com/1IJ1dbQbFU— daiyusaku (@daiyusaku) 2018年8月15日 ...

続きを見る

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

2018/08/15 | 五輪代表

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の1次リーグはネパール、パキスタン、ベトナムが相手で、行徳浩二監督率いる初戦のネパールはU-23の選手にOAを加えたメンバーで臨んで...

続きを見る

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスター・シティのビッグカードがあったのでそれを観戦。 どちらもフォーメーション的には4-2-3-1で、シティの右SHにはレスター...

続きを見る

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたのでそれを観戦。しかし今期はブンデスリーガなどスカパーが放映権獲得で巻き返していて、画質が良くて止まらないビデオ録画で見られるのはあり...

続きを見る

「まるでダンスのようなターンでイニエスタがJリーグ初ゴール!」J1第21節 

2018/08/12 | Jリーグ

昨日は、もしニューカッスルとスパーズの試合で武藤が先発したらそっちを見ようかと思っていたんだけど、ベンチスタートだったのでイニエスタがJリーグ初ゴールを決めた神戸対磐田の試合を見てみた。 神戸は...

続きを見る

「宮本監督がガンバに巣食う悪癖を解消しないと、偶発的な勝利しか望めない」J1第21節 ガンバ大阪-FC東京

2018/08/11 | Jリーグ

昨日は飲み会があって酒が入った状態だったけど、DAZNを見るとガンバ大阪とFC東京の試合があったので、時々寝落ちしながらも試合を見てみた。 スタンドで森保代表監督が見守る中、どちらもフォーメーシ...

続きを見る

「ナポリで花開いたサッリ監督のサッカーは、チェルシーで再現出来るのだろうか?」インターナショナル・チャンピオンズカップ 

ナポリで超攻撃的ハイプレスサッカーを構築、昨期のチャンピオンズリーグではベスト16に進出し、対戦したレアルをあと一歩まで追い詰めた手腕を評価され、コンテ監督の首を飛ばしたチェルシーに三顧の礼で迎えられ...

続きを見る

「結婚を発表した久保裕也、幸せボケでまさかのPK失敗?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第2節 ゲント-ズルテ・ワレヘム

一気に7人の日本人選手が所属する事になったベルギーリーグ。その最も先輩格となる、先日一般女性との結婚を発表した久保裕也は、今期もゲントでレギュラーとしてスタートを切っている。 初戦のスタンダール...

続きを見る

「中途半端にコンセプトを引きずる”ハリルホジッチ病”にかかったFマリノス」J1第20節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

2018/08/08 | Jリーグ

Jリーグにおけるハイライン・ハイプレス戦術を掲げたチームは少なくないものの、高温多湿の夏場があるのと、インテンシティを備えた選手を揃える必要があるという理由で、成果を出せたチームは残念ながら多くない。...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑