「兄は敗退、弟は首位通過という下剋上、南野の選択は正しかった?」UEFAヨーロッパリーグ グループB セルティック-ザルツブルク

スポンサードリンク

既に5戦全勝でグループリーグ首位通過が決まっているセルティックは、南野がトップ下に入った4-3-1-2。対するセルティックは4-1-4-1のフォーメーション。

現在グループ2位で、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるセルティックは、4-1-4の形で自陣にコンパクトなゾーンを引いて、ザルツブルクのDFにほとんどプレッシャーをかけない専守防衛の形に終始。

既に首位通過が決まっているザルツブルクも無理に攻める事をせず、南野はトップ下の位置から動かず、相手のアンカーが陣取った狭いスペースで何とかパスをもらおうとアピールするが、ボールはサイドやDFライン裏へと飛んで行くばかりで、ボールポゼッション率で60%以上を記録するも決定機は片手で数えるほど。

ようやく前半の終わり頃になって、セルティックが攻撃する時間が作れるようになったと思ったら、後半からセルティックはアンカーにブラウンを投入すると一転してホームのセルティックが前に出て来て、逆にザルツブルクがカウンターを狙う形に。

南野も前半に比べるとボールに触る機会が増えたが、前半10分にバイタルで前を向いた南野のシュートを寸前でブロックしたクリスティが怪我で退場、セルティックはここで交代枠を全て使ってしまう。

その後は互いにハイプレスの掛け合いで、プレスを回避したロングボールによる組み立てが多くなって落ち着かない試合展開。そして試合が動いたのは21分、右サイドで数的優位を作ってライナーがフリーでクロス、これをダブールがヘディングで決めてザルツブルクが先制する。

さらに南野が交代した後の後半32分、流れて来たボールをキャッチしてアンダースローをしたセルティックGKゴードンにグルブランセンがチャージ、弾いたボールをそのままグルブランセンが押し込み、思わぬ形でザルツブルクに2点目が入る。

セルティックは猛攻を仕掛けるも、後半38分にCKからドフリーのアイエルがゴールまで1mのシュートを打ち上げる大失態。セルティックはロスタイム5分にPKをゲット、エンチャムのキックはGKヴァルケが弾き、こぼれ球をエンチャムが押し込みようやく得点を挙げたものの、試合は1-2で試合終了。

しかし裏の試合でライプツィヒがローゼンボリに追いつかれてドローで終わったため、セルティックはライプツィヒに勝ち点で上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。試合に負けはしたがセルティック・パークは喜びに包まれたのであった。

ライプツィヒとザルツブルクは、どちらもレッドブルがメインスポンサーになってはいるが、リーグの格はドイツが上だし、クラブ経営でもライプツィヒのほうにレッドブルが深く関与しているため、ライプツィヒのほうが兄でザルツブルクが弟という位置づけなのだが、グループリーグでは完全に立場が逆転、下剋上状態となっている。ザルツブルクと契約を延長した南野は、ステップアップのチャンスを逃したのではないかと言われているが、ヨーロッパリーグを見る限りでは正しい選択だったと言えるのかもしれない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「マネの逆アシストで体裁を保った地獄のアンフィールド」UEFAチャンピオンズリーグ グループC リバプール-ナポリ

グループCの最終節は、3位のリバプールと首位のナポリの直接対決。リバプールは、勝てばグループリーグ突破の可能性が出て来るとあって、ホームのアンフィールドは、ユルネバでCLアンセムが聞こえないぐらいの大...

続きを見る

「浅野の選出は、吉田と冨安の大胆コンバートを踏まえた可能性?」アジアカップ・日本代表メンバー発表

2018/12/13 | 日本代表

昨日はとある野暮用で裁判所まで出向いたりしておりまして、帰った時には気疲れでグロッキー、酒を飲んだら早々に寝落ちしてしまいました。なので、昨日発表された、アジアカップの日本代表メンバーについて。 ...

続きを見る

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィットせず、浅野も期待を裏切る出来でリーグ戦わずか2勝、降格圏に沈んでいるハノーファー。今節は久々に原口と淺野が先発に戻って来た。 ...

続きを見る

「鎌田からスイッチが入って冨安がサポート、そして遠藤が弾かれる(?)シント・トロイデンのメカニズム」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第20節 シント・トロイデン-スタンダール・リエージュ

現在リーグ戦で5位とプレーオフ1圏内にガッチリ食い込んでいるシント・トロイデンは、7位で勝ち点4差のスタンダール・リエージュとホームで対戦。 シント・トロイデンのスタメンは、出場停止のボリが戻...

続きを見る

「オリヴェイラ率いる浦和の手堅すぎる優勝、来年のACLは堀時代の再現なるか」天皇杯 決勝 浦和レッズ-ベガルタ仙台

2018/12/10 | 天皇杯

今期はアジアカップが年明けに開催される影響で、元旦ではなく12/9という早い時期に決勝となった天皇杯決勝。対戦カードは、浦和レッズ対ベガルタ仙台、会場である埼玉スタジアムは5万人の観客で埋まった。 ...

続きを見る

「ロストフの14秒」NHKスペシャル W杯日本vsベルギー 知られざる物語

2018/12/09 | 日本代表

昨日は午後にJ1参入プレーオフの試合の戦評を書いたのもあって、まだサッカーの試合を見る意欲がわかなかったので、NHKスペシャルで放送された、「『ロストフの14秒』NHKスペシャル W杯日本vsベルギ...

続きを見る

「ジャンケンで手を1つしか出せないヴェルディに、余裕を見せつけたジュビロ」J1参入プレーオフ決定戦 ジュビロ磐田-東京ヴェルディ1969

2018/12/08 | Jリーグ

とうとうJ1・J2入れ替えプレーオフも今日の試合で最終決着、磐田とヴェルディの入れ替え決定戦。ヴェルディが勝てば、11年ぶりのJ1復帰となる。 ホームのジュビロは1トップが小川、2列目にアダイ...

続きを見る

「先発復帰の遠藤、良くも悪くもらしさを発揮して上位撃破に貢献」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第17節 アントワープ-シント・トロイデン

今朝のベルギーカップでシント・トロイデンは鎌田の1G1Aの活躍でベスト8に進出したが、その前に行われたアントワープとのリーグ戦を昨日は観戦。 アントワープは現在勝ち点32で2位、5位のシント・ト...

続きを見る

「ジーコの神通力も届かない勤続疲労の鹿島、クラブW杯に向けて充電を選ぶ?」天皇杯 準決勝 鹿島アントラーズ-浦和レッズ

2018/12/06 | 天皇杯

浦和はACLの出場権を取るには天皇杯の優勝が必要で、鹿島はリーグの成績ではプレーオフからのACL出場だが、天皇杯を取ると本戦からのストレートインという事で、どちらも本気になる条件が揃った天皇杯準決勝。...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑