「グアルディオラ監督の戦術革命、旧態依然のモウリーニョ・レアルを粉砕」2010-11シーズン リーガ・エスパニョーラ第13節 バルセロナ-レアル・マドリー

スポンサードリンク

「グアルディオラ監督の戦術革命、旧態依然のモウリーニョ・レアルを粉砕」2010-11シーズン リーガ・エスパニョーラ第13節 バルセロナ-レアル・マドリー

今節のフランクフルトは疲労でいいところなくマインツに負けてしまったらしいので、昨日はDAZNのRe-Liveから2010-11シーズンのエル・クラシコを観戦。

このシーズンのバルサは、スペインリーグ3連覇、チャンピオンズリーグ優勝を達成、まさにグアルディオラ監督時代のピークと呼べる強さを見せていた。

その象徴とも言えるのが、この試合でバルサが見せていた「ゼロトップ」戦術。それでもって、4-4-2のコンベンショナルなゾーンディフェンスを取るレアルの守備を完膚なきまでに粉砕、5-0という信じがたいスコアで戦術革命の到来を痛感させられた試合となった。

フォーメーション的にはメッシの1トップに、左右がビジャとペドロを配した4-1-2-3なのだが、実際にはメッシはフリーマンでしょっちゅう中盤に降りてきて、ビジャとペドロがサイドに張っているために、レアルの4-4ゾーンの間に誰もいない状態。

バルサはあえてバイタルエリアにスペースを作り、メッシをおとりにシャビやイニエスタ、時にはインナーラップしたダニ・アウベスが入り込み、決定機を作り出す。先制点のイニエスタからのスルーパスをシャビが浮かせたトラップから決めたゴールは、まさに狙い通りの形であった。

この失点で、レアルは中央を意識せざるを得なくなり、4-4のゾーンが中央に向かって狭まると、今度はワイドに張ったビジャとペドロの出番。そしてメッシも右に流れてサイドで起点を作り、クロスに中盤が飛び込んで来る。レアルにとってはあちらを立てればこちらが立たずで為す術も無かった。

ただ、レアルも2失点を食らった前半の終わり頃には、バルサのお株を奪うように4バックの外を使って基点を作り、クリロナの個人技でチャンスを作り出した。が、そこで点が取れずに後半9分から立て続けにビジャに得点を許し、そこでほぼ試合は終わってしまった。

その後しばらくはバルサがヒールや股抜きで面白いようにパスを繋ぎ、レアルは報復プレイをやってもおかしくない屈辱を与えられたが、さすがにそこはキレる事なくプライドのために得点を狙いに行くレアル。

しかしロスタイムにジェフレンが5点目を決めると、さすがにレアルも堪忍袋の緒が切れたのか、メッシに対する3人がかりの悪質なタックルの後に、セルヒオ・ラモスが相手を突き飛ばしてブチ切れレッドカード、そして試合終了。

まさしく戦術の定義を変えたモニュメントと言うべき試合だったわけだが、モウリーニョも決してやられっぱなしではなく、このシーズンはコパ・デル・レイに優勝して一矢を報いると、翌年は圧倒的強さでリーガを制したのであった。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「フランクフルトに裏切られ、運にも見放される大迫とブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ 第30節 ブレーメン-ヴォルフスブルク

前節はフランクフルトに0-3で大敗、今節も残留争いのライバルであるマインツがフランクフルトに勝利するなど、残留に向けて厳しい立場が続いているブレーメンは、ホームでヴォルフスブルクとの試合。 ブレ...

続きを見る

「アジア記録を勝利で飾った長谷部、どこまでも巡り合わせが悪い大迫」ドイツ・ブンデスリーガ 第24節順延分 ブレーメン-フランクフルト

ともに前節はシャルケ、ヴォルフスブルクという格上のチームを破って調子に乗っているチーム同士による、第24節順延分の試合。これで全チームが29節まで消化した事になる。 ブレーメンは攻撃陣がターンオ...

続きを見る

「メッシですら脇役にしたロナウジーニョ、花火のような最後の輝き」2005-06シーズン 第12節 レアル・マドリー-バルセロナ

昨日はブレーメンとフランクフルトの試合を見るつもりだったけど、予約を忘れていて再放送が翌日だったので、DAZNのRe-Liveの中から2005-06シーズンに行われたエル・クラシコを見てみた。 ...

続きを見る

金崎選手の感染と、若者のパーティ、東京アラートの関係性

2020/06/03 | Jリーグ

7月4日からの再開が決まって、さあこれからだとファンの期待が盛り上がりつつあったJリーグにとって、昨晩にいきなり冷や水を浴びせかけられるニュースが飛び込んで来ました。 金崎夢生選手に、新型コロナ...

続きを見る

「インテンシティに目覚めた鎌田、チームを残留に導く決勝弾」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ヴォルフスブルク-フランクフルト

前節のフライブルク戦でようやく再開後の勝ち点をゲットしたものの、残留プレーオフ圏のデュッセルドルフとは勝ち点2差と、全く安心できない状況のフランクフルトは、リーグ6位のヴォルフスブルクと対戦。 ...

続きを見る

「後半から出場で交代させられた大迫、コーフェルト監督による懲罰か?」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 シャルケ04-ブレーメン

再開後は10試合勝ち無し、3試合で失点9と守備が崩壊しているシャルケは、GKシューベルトからニュベルに代えて立て直しを図る。アウェイのブレーメンは大迫がまたベンチスタート、2トップがサージェントとラシ...

続きを見る

「感染予防とクラブ経営の微妙なバランス」Jリーグの再開スケジュールが決定!

2020/05/30 | Jリーグ

既に試合が行われているドイツのブンデスリーガに続き、イタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョーラ、そしてイングランド・プレミアリーグでも6月からのリーグ再開が決定しました。 そして我が日...

続きを見る

「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能性を繋いだ後の、リーグ5位の強豪ボルシアMGとホームで対戦した試合。大迫はこの試合で先発に復帰した。 ブレーメンのフォーメー...

続きを見る

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バックの中央に長谷部が再開後初先発、鎌田がトップ下に入った3-4-1-2のフォーメーション。前節はブレーメンにホームで破れたフライブ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑