「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

2018/10/15 | Jリーグ

スポンサードリンク

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝した形を受けての、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた第2レグ。内田と中村を怪我で欠いた鹿島は、土居と金森の2トップを並べた4-4-2、横浜はメンバーもフォーメーションも第1レグと同じ4-3-3。

試合はビハインドを負った鹿島がポゼッションする形で試合が始まる。前半5分に、横浜はサイドでの早い展開から、遠藤のグラウンダークロスにウーゴ・ヴィエイラがわずかに合わないチャンスを作り出す。鹿島も前半7分にCKから犬飼がヘディングもファーに外れる。

前半19分、縦パス1本で仲川が抜け出し、ゆっくりしたドリブルで溜めてからのクロスに天野が合わせ、シュートは相手に当たったもののこぼれ球をウーゴ・ヴィエイラが押し込み横浜が大きな先制ゴールをゲットする。

さらに前半34分、中盤でボールを奪った横浜は天野から右サイドへ展開、ニアゾーンへ入った天野からの折返しを仲川が押し込み横浜が2点目を追加する。

これで逆転するには後半だけで3点が必要になった鹿島は、セルジーニョを投入して4-3-3のような攻撃的なフォーメーションにシフトする。

そこから互いに攻め合ってチャンスを作ったが点は入らず、膠着状態に入るかと思った後半17分、横浜GK飯倉の不用意なパスを見逃さず土居がカット、そのまま押し込んで鹿島が思わぬ形で反撃の狼煙を上げる。

これで一気に攻撃の勢いが出た鹿島は、22分に右サイドを抜け出した山口のシュートは飯倉が防いだものの、25分に山口からオーバーラップした西にパスが渡り、クロスをセルジーニョがヘディングで決めて鹿島が2-2の同点に追いつく。

後半39分に、鹿島は3ヶ月ぶりに実戦復帰した昌子を投入、サイドから徹底的に攻め立てるも、10人が自陣に入って守る横浜の牙城を崩せない。逆に横浜はウーゴ・ヴィエイラの単独カウンターなどで効果的に時間を消費、最後のCKもニアで弾かれ試合終了。

鹿島は0-2から意地を見せて追いつきはしたが、そこで完全に力尽きてしまった感じで、鹿島らしい終盤の力強さが無かったのは残念。裏のカードでは湘南がPK戦で柏を破り、決勝は横浜Fマリノス対湘南の神奈川ダービーとなったが、まさに矛と盾のぶつかり合いで興味深い試合になりそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

2018/10/14 | ユース代表

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたAFC U-16選手権決勝、日本対タジキスタン試合を観戦。 森山監督率いる日本はお馴染みの4-4-2、決勝トーナメントからの2...

続きを見る

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

2018/10/13 | 日本代表

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようやく森保体制の本格スタートとなったパナマ戦。 日本の先発メンバーは、GK権田、DFが佐々木、槙野、冨安、室屋、ボランチが青山と...

続きを見る

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と変わらず長谷部がリベロの入り、前線がレビッチとヨヴィッチを並べた3-1-4-2。チャンピオンズリーグでシティに1-2と敗れた後で中...

続きを見る

「タフな住友金属もさすがに金属疲労、そしてチームの心棒内田が破断・・・」ルヴァンカップ 準決勝 第1レグ 鹿島アントラーズ-横浜Fマリノス

2018/10/11 | Jリーグ

今年は10/27に決勝が行われるルヴァンカップ。ミッドウィークには準決勝の第1レグが行われ、カシマスタジアムでは鹿島アントラーズ対横浜Fマリノスの試合が行われた。 JリーグとACL、天皇杯、そし...

続きを見る

「冨安がつき遠藤がこねし天下餅すわりしままに食うは鎌田」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第10節 シント・トロイデン-ムスクロン

ここまでリーグ戦6位とプレーオフ1入りが現実的な目標になりつつあるシント・トロイデンと、最下位ながら監督交代後は調子が上向きつつあるムスクロンとの対戦。 シント・トロイデンは2シャドーの位置でレ...

続きを見る

「プレイスタイルの変更で、相手の対策を無効化させた中島の応用力」ポルトガル・プリメイラリーガ第7節 ポルティモネンセ-スポルディングCP

第5節にリーグ戦初勝利を飾ったものの、未だ最下位に沈んでいるポルティモネンセと、4位と好位置につけているスポルディングとの対戦。ヨーロッパリーグから中2日のスポルディングは3人の先発選手を変えるターン...

続きを見る

「武藤がプレミアリーグ初ゴール、そして交代してからの逆転負けは偶然ではない」イングランド・プレミアリーグ第8節 マンチェスター・ユナイテッド-ニューカッスル

マンUは1トップにルカク、ウイングにマルシャルとラッシュフォードを配した4-3-3、ニューカッスルは武藤が1トップで2列目にケネディ、ペレス、リッチーを並べた4-2-3-1のフォーメーション。 ...

続きを見る

「名将ツネ様率いるガンバがシーズンダブルを達成、ユン・ジョンファン監督は解任へ?」J1第29節 セレッソ大阪-ガンバ大阪

2018/10/07 | Jリーグ

今期は怪我人が多くてなかなかベストメンバーが組めず、ここ7試合でわずか1勝と調子に乗り切れないセレッソと、今野が復帰後は4連勝、一気に降格圏から脱出したガンバとの大阪ダービー。 セレッソは杉本が...

続きを見る

「代表引退がもったいない、長谷部円熟の3变化で強豪ラツィオを整頓」UEFAヨーロッパリーグ グループH フランクフルト-ラツィオ

リーグとは対照的に、ヨーロッパリーグでは開幕節であのマルセイユをアウェイで破り最高のスタートを切ったフランクフルトは、第2節は同じく初戦でアポロンを破ったラツィオとのホーム試合。 両チームともに...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ヨーロッパリーグと同様に、もはやノルウェーは日本人にとってのお客様?」国際親善試合 日本女子代表-ノルウェー女子代表

昨日は、11/11に鳥取バードスタジアムで行われた、なでしこジャパンと...

「バイエルンに移籍して7年、宇佐美はようやくポジショニングの概念を理解し始めたのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 デュッセルドルフ-ヘルタ・ベルリン

前節のボルシアMG戦に続いて先発起用され、今期初得点を挙げた宇佐美のプ...

「バイエルンを抜いて4位浮上、やっぱりニコ・コバチ監督は長谷部を連れて行くべきだったような?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フランクフルト-シャルケ

ここ5試合は、リーグ戦・欧州戦どちらも無敗と好調同士の対戦。フランクフ...

「小野伸二や中村俊輔がなし得なかった、”ファンタジスタのゴールゲッター”が誕生しつつある?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第15節 オイペン-シント・トロイデン

今週の欧州リーグは日本人選手のゴールラッシュな様子だけど、昨日はその中...

「10万人のペルセポリスサポーターを黙らせる、冷静沈着な”ジーコ・スピリッツ”を見せつけた鹿島」AFCアジア・チャンピオンズリーグ決勝 第2レグ ペルセポリス-鹿島アントラーズ

ホームアンドアウェーで行われるアジア・チャンピオンズリーグの決勝。鹿島...

→もっと見る

PAGE TOP ↑