「伊東の相手を背負いながらのターンから、優勝を決める1点が生まれた」ベルギー・優勝プレーオフ 第9節 アンデルレヒト-ゲンク

スポンサードリンク

前節は優勝がかかったホームでのクラブ・ブルージュ戦で逆転負けという失態を喫してしまい、残り2試合で勝ち点3差、しかも同勝ち点の場合はクラブ・ブルージュが上回るレギュレーションのために、尻に火がついた状態になってしまったゲンク。

絶対に負けられない今節は、アンデルレヒトとのアウェイ戦。ゲンクのフォーメーションは4-2-3-1で伊東はいつものように右SHで先発。対するアンデルレヒトも同じフォーメーションでスタート。

試合は、前節はプレッシャーがあったのか先制した後は受けに回って失敗したゲンクが、その反省からか立ち上がりから積極的にプレスを仕掛ける激しい展開。そんな中、前半11分に伊東がセンターに降りて来てマークを受けながら反転してアウトサイドでパス、そこからサイドに展開してからのグラウンダーをニアでヘイネンが合わせて先制する。

その後はアンデルレヒトが攻め込み、またゲンクは受けに回る流れになってしまったが、19分にはライン裏に抜け出した伊東がヘディングもコースが甘くGKにキャッチされ、24分には右サイドからドリブルシュートもコースを外れるが、何とか流れを変えようという意欲を見せる。

これでまたゲンクにエンジンがかかり、アンデルレヒトのライン裏を狙う攻撃が機能、前半の残りはむしろゲンクのほうに何度か決定的なチャンスを作り、アンデルレヒトもロスタイムにはポストに当たるシュートを放つが得点には至らず、試合は後半へと突入する。

後半も前半と同じように一進一退の立ち上がりとなり、12分に伊東が下がってパインツィルが投入される。が、このあたりからゲンクの足が止まり始め、試合の流れはアンデルレヒトに傾いていく。すると後半20分に右からのクロスにファーサイドからボラシエが飛び込み同点。

さらに後半40分にはPAすぐ右でゲンクがFKを与えると、キックの勢いはあったがコースが甘くてGK正面。終盤はアンデルレヒトが優勢な展開だったが、シュートの甘さに助けられ試合はそのまま1-1で終了。

裏で行われていた、2位のクラブ・ブルージュがスタンダール・リエージュに敗れたため、残り1試合を残して勝ち点差が4となり、ゲンクが8年ぶりの優勝を決めて来期はチャンピオンズリーグのグループリーグから出場する事になった。

サイドが押される展開になって、伊東が目立つ場面はあまり多くなかったが、それでも先制点に繋がる基点になったターンは見事だった。最終戦では、伊東が優勝カップを掲げるシーンを楽しみにしておこう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「このスーパーボレーが、久保のJリーグラストゴールになってしまわないように」J1第11節 FC東京-ジュビロ磐田

2019/05/17 | Jリーグ

東京は4-4-2で2トップがディエゴ・オリヴェイラと永井、久保は右SHで先発。対する磐田はフォーメーション表記では3-5-2だが、実際は中山が1トップ、2列目に山田とアダイウトンが並ぶ3-4-2-1の...

続きを見る

「ルヴァンカップ、ライバル韓中との交流リーグに」は決して悪くない思いつき

2019/05/16 | Jリーグ

昨日は飲み会に行った後、あっさり撃沈のお約束。なので、サッカー関係のニュースを漁っていたら、大住御大によるコラムがちょっと気になりました。 ルヴァンカップ、ライバル韓中との交流リーグに:日本経済...

続きを見る

「鎌田のアシストも、”相棒”不在で勝ちきれず苦境に陥るシント・トロイデン」ベルギーリーグ・プレーオフ2 第8節 シント・トロイデン-オイペン

プレーオフ2は首位でスタートしたのに、ここ3試合は勝ちが無く2位に落ちてしまったシント・トロイデンは、第8節で豊川擁するオイペンとの対戦。 シント・トロイデンの先発からは関根と遠藤が外れ、鎌田が...

続きを見る

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルトに残り2試合で勝ち点6差とほぼ降格が決まっているハノーファーは、13位のフライブルクと対戦。ハノーファーはホーム最終戦だが、スタン...

続きを見る

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグの可能性を残している9位のブレーメンは、アウェイで勝ち点差4が付いている8位のホッフェンハイムとの対戦。 ブレーメンのフォー...

続きを見る

「お疲れ横浜Fマリノス、”セレッソと大阪の罠”に自らハマって自滅する」J1第11節 セレッソ大阪-横浜Fマリノス

2019/05/12 | Jリーグ

現在11位と低迷しているセレッソは、CBに18歳の瀬古を抜擢、2トップに都倉とブルーノ・メンデスを配した4-4-2のフォーメーション、対する横浜Fマリノスはいつものように4-1-4-1の形でスタートす...

続きを見る

「長谷部を中心に一丸となったフランクフルト、最後はケパのクソ度胸に阻まれる」UEFAヨーロッパリーグ 準決勝 第2レグ チェルシー-フランクフルト

フランクフルトでの試合を1-1で終えた後の、チェルシーホームのスタンフォード・ブリッジで行われた第2戦。 フランクフルトはレビッチが出場停止から戻り、ヨビッチとの2トップで、長谷部が第1戦と同様...

続きを見る

「中村敬斗と滝のU-20代表FW対決は、ファインゴールで決着は付いたけど・・・」ルヴァンカップ グループD ガンバ大阪-清水エスパルス

2019/05/10 | Jリーグ

グループステージも佳境に入っているルヴァンカップ。リーグ戦では残留争いに苦しんでいるガンバは、ルヴァンカップではグループ首位と好調、今節の清水戦で勝利すればグループステージ突破が決まる。 U-2...

続きを見る

「ほぼゼロに近かった逆転の可能性、魔境アンフィールドとクロップが奇跡を起こしてしまった」UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ リバプール-バルセロナ

リバプールはサラーが脳震盪、フィルミーノが怪我で欠場、代わりにオリジとシャチリが入った4-3-3、対するバルサはスアレスとメッシを並べた4-4-2のフォーメーションでスタート。 バルサにしてみた...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑