「金メダルが目標の森保ジャパン、アジア相手に為す術もなく力負け」AFC U-23選手権 グループB 日本-サウジアラビア

2020/01/10 | 日本代表

スポンサードリンク

日本はGK大迫、DF古賀、岡崎、渡辺、ボランチが田中碧と田中駿、WBが杉岡と橋岡、シャドーが食野と旗手、1トップが小川の3-4-2-1。サウジは日本に合わせて同じフォーメーションでマッチアップを仕掛けて来た。

序盤はサウジが高い位置からプレッシャーをかけて来て、日本はDFラインと中盤の間に大きなスペースがあり、サウジにセカンドボールを拾われて連続攻撃を浴びてしまう。布陣が間延びしてるから、小川が一生懸命裏抜けしても遠すぎて全く意味がない。

ようやく15分ごろから、シャドーが中盤に下がって相手のマークを外し、ビルドアップに参加する事で日本は組み立てが出来るようになるが、その分1トップの小川が孤立、旗手や食野が中盤から小川1人を狙ってラストパスを出すようでは分厚い攻撃など出来るはずもない。

守備でも、全体が間延びしているので1対1での対処が多く、人は付いているのにボールをキープされ、バイタルで前を向かれるとズルズルラインが下がってしまい、誰がボールに行って誰がカバーをするのか役割分担が出来ておらず、30分には7番に決定的なシュートを打たれるがGK大迫がかろうじて弾き失点を免れる始末。

そして後半早々に、案の定ドリブルで簡単に持ち込まれ、最後は10番にフリーで打たれて失点。日本は直後にCKから橋岡がシュートもゴール前でカットされる。が、後半11分に食野がカットインからシュート、これがサウジの選手に当たってコースが変わってやっとゴール。

しかし後半40分に、古賀のバックパスがずれて相手に拾われ、VARで岡崎が押したという判定でPKが与えられ、あっさり決められ2失点目。ロスタイムに慌てて相馬、田川を入れるというお馴染みの遅すぎる森保采配を見せるが、パワープレイをするでもなくクロスを上げるでもなく淡々と試合終了。

とにかく、3バック対3バックはサイドの主導権争いが全て。そのためにはラインを上げる、サイドへ早く展開する、サイドで縦に仕掛けるしか無い。例外として、1トップが強力ならそこにボールを集めてシャドーがこぼれ球を拾うパターンもあるが、小川に代えて上田ではさらに可能性が落ちる。つまり、森保ジャパンは対3バックで勝つ方策を全て放棄しているようなものだ。

森保監督は選手に全てを丸投げなので、ここが現状の国内組U-23メンバーでは限界なんだろう。これがA代表なら、吉田はぐいぐいラインを上げるし、柴崎はボールに絡んでいろんなところにボールを展開、ゲームのデザインを図るんだけど、田中碧にその仕事はさすがに無理だ。

まあ正直、負けるべくして負けた試合。森保監督は負けたことを選手のミスのせいにしているけど、明らかにそれ以前の問題。DF陣が良かったとは言わないけど、ビルドアップが選手任せではミスが起きるのも当然だ。これでも監督は「目標は私だけのものか」と責任を選手になすりつけて終わりなんだろうけどね。

これで同グループのカタールとシリアが引き分けたために日本は初戦だけどグループリーグ最下位。このままチームの意識がバラバラのままでグループリーグで敗退してしまったらどうするんだろうね。個人的にはそれで監督が変わるならいいかと思うんだけど、田嶋サンはそのまま突き進むんだろうなあ(苦笑)。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「冨安がスイッチを入れないとボローニャの攻撃は始まらない」イタリア・セリエA第18節 ボローニャ-フィオレンティーナ

今期は2019年までで17位と低迷、モンテッラ監督を解任してイアキーニ新監督にバトンタッチ、再スタートとなったフィオレンティーナをホームに迎えたボローニャ。ボローニャのフォーメーションはいつもの4-2...

続きを見る

「中島の”逆スペースメイク”で先制点を誘発、しかし直接的な仕事は出来ず」ポルトガル・プリメイラリーガ第15節 スポルディング-ポルト

年明け再開のポルトガルリーグは、2位のポルトがアウェイで3位のスポルディングと対戦する、優勝を狙うためには絶対に負けられない大一番。中島はこの試合も4-2-3-1のトップ下で先発。 当然、両チー...

続きを見る

「前半だけで”ザルツブルク流”を捨てた南野、次は正解を見つける番」FAカップ 3回戦 リバプール-エヴァートン

大晦日からチームに帯同してわずか5日、たった3日の全体練習をこなしただけで、怪我人続出のためにいきなり公式戦のFAカップ、それもエヴァートン相手のマージーサイド・ダービーで先発起用された南野。 ...

続きを見る

「新年になっても久保の孤立は変わらず、2020年も試練は継続確実な模様」リーガ・エスパニョーラ第19節 グラナダ-マジョルカ 

リーグ戦5試合未勝利で、降格圏ギリギリの17位に張り付いているマジョルカは、11位のグラナダとアウェイで対戦。マジョルカのフォーメーションは3-4-2-1という形で、久いつもの1トップであるブディミル...

続きを見る

「セットプレイで全得点、別年代のようなプレイぶりで青森山田が圧勝」高校サッカー選手権 3回戦 青森山田-富山第一

高校サッカー選手権のディフェンディングチャンピオンであり、高円宮杯ファイナルも制したユースも含む高校年代王者の青森山田が、今年のインターハイ準優勝の富山第一と対戦する、3回戦屈指の好カード。 青...

続きを見る

「元旦早々のプレミアリーグ、マンU相手にアルテタ体制初勝利!」イングランド・プレミアリーグ第21節 アーセナル-マンチェスター・ユナイテッド

高校サッカー選手権も始まっているけれど、興味のあるカードが無かったので、元旦から絶賛営業中のプレミアリーグをDAZNで観戦。 ユングベリ暫定監督から受け継いだものの、公式戦でまだ勝利がないアーセ...

続きを見る

「相手の1G1Aプレゼントで、イニエスタ率いるヴィッセル神戸が初タイトル!」天皇杯 決勝 ヴィッセル神戸-鹿島アントラーズ

2020/01/01 | 天皇杯

東京五輪のメイン会場となる新国立競技場のこけら落としとなった、今年の天皇杯元日決勝。 神戸のフォーメーションは3-4-2-1で、藤本の1トップにシャドーがポドルスキと古橋、イニエスタと山口蛍がダ...

続きを見る

「もはやU-15でも全員守備をしないと勝てない時代の到来」高円宮杯U-15選手権 決勝 サガン鳥栖U-15-ガンバ大阪ジュニアユース

中学生年代の日本一を決める高円宮杯U-15選手権。今年の決勝は夏のクラブユース選手権を制したサガン鳥栖U-15と、ガンバ大阪ジュニアユースとの対戦になった。 鳥栖のフォーメーションは4-3-3で...

続きを見る

「最大の収穫は森保批判の収束か?」キリンチャレンジカップ U-22日本-U-22ジャマイカ

2019/12/29 | 五輪代表

一応、代表絡みの試合についてはどんな形でもレポートに書いてきたわけだが、ぶっちゃけ昨日のU-22ジャマイカ戦ほど全く評価の参考にならない試合は初めてだったね。 DFラインこそ形だけは揃っているが...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
ブータン サッカー少女の夢

昨日は飲み会があったので試合を見るのはパス、たまたまサッカー関連で番組...

「上下動と1対2でヘロヘロ、失点につながるクロスを上げられた冨安」イタリア・セリエA第20節 ボローニャ-ヴェローナ

相変わらず勝ちきれない試合が続いているボローニャは、現在10位と好調の...

「ウィンターブレイクで別チームに変貌したシント・トロイデン」ベルギー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-コルトライク

年明けからミロス・コスティッチ新監督による体制がスタートしたシント・ト...

アジアの誤審に「拡大解釈」というお墨付きを与えてしまったVAR

昨日のAFC U-23選手権、タイ対サウジアラビアは0-1でタイが敗れ...

「マシンガンのような縦パスを連発、冨安の加入で五輪代表は変貌する?」イタリア・セリエA第19節 トリノ-ボローニャ

前節はアウェイでローマ相手にベロッティの2ゴールで勝利したトリノは、ホ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑