「フベロ新体制でも負けてしまったが、暗中模索からの光明は見つけ出せた磐田」J1第24節 ジュビロ磐田-セレッソ大阪

2019/08/29 | Jリーグ

スポンサードリンク

名波監督の後を引き継いだ鈴木秀人監督が体調不良でまたも交代、パラグアイの1部リーグ4クラブを歴任したフベロ監督が就任したジュビロ磐田。仕切り直しの再スタートの相手はセレッソ大阪。

磐田のフォーメーションは4-4-2、対するセレッソも同じ4-4-2のフォーメーションでスタート。磐田は基本的に自陣にブロックを作る守備なのだが、セレッソ陣内にボールが入ると積極的に前からプレスをかけに行くなど、メリハリを付けた試合運びになっている。

前半9分に磐田のパスミスから清武がシュートを押し込んだに見えたが、カミンスキーが弾いたボールが清武のハンドと判定されてノーゴール。しかしその後もセレッソは、デサパトがアンカー気味にプレイし、藤田が高い位置で攻撃に絡む事で磐田とのマッチアップをずらし、攻撃のリズムを作るようになる。

逆に磐田はファーストプレスがかからなくなって、セレッソに押し込まれる時間が続いた前半19分、PAの右側25mからのFKを丸橋がカミンスキーの反応をものともせず直接叩き込み、セレッソが先制点をゲットする。

ジュビロも左SHのアダイウトンを核に攻撃を組み立て、前半終了間際にはパスミスを拾ったアダイウトンが強烈なシュートを放つもセレッソGKキム・ジンヒョンが鋭く反応してセーブ。すると後半45分にセレッソはカウンターから右サイドで水沼がパスを受けると、カットインから見事なシュートを決めてセレッソが2点目。

後半から磐田は、中山と松本に代えて大久保と荒木を投入。単純にクロスを上げてもセレッソには高さで勝てないので、サイドで基点を作ってカットインからラストプレイを仕掛けるが、セレッソは4バックがPAの幅から動かず中央をガッチリ固め、サイドの攻守はほぼSHに任せるロティーナ流の撤退守備で守り倒す。

最後はむしろ磐田のほうが根負けし、次々にフレッシュな選手を入れたセレッソがカウンターを仕掛ける場面もあり、結局試合は0-2で終了。磐田はフベロ監督新体制を勝利で飾ることは出来なかった。が、今までのようにピッチ上の選手が何をやっていいか分からず、ひたすら右往左往していた時に比べると、戦術が整理されてチームとしての形は出来ていたように思う。今期は間に合わないかもしれないが、再建を任せられる監督なのではないかと思う。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「戦術と個人は相反する要素では無いが、個人が戦術を凌駕出来ないのは寂しい」日本クラブユース選手権 U-15決勝 サガン鳥栖U-15-セレッソ大阪U-15

準決勝ではFサガン鳥栖がFC東京を、セレッソが横浜Fマリノスを破って進出した決勝戦。鳥栖は4-3-3の形に対し、セレッソは4-4-1-1のフォーメーションで対峙。 試合は両チームともに縦に早いサ...

続きを見る

「冨安個人は上々のデビューだったが、10人相手に点が取れない攻撃はお寒い限り」イタリア・セリエA第1節 ヴェローナ-ボローニャ

シント・トロイデンからボローニャに移籍して、早速開幕スタメンに名を連ねた冨安。アウェイでの初戦はセリエBから昇格してきたヴェローナが相手。ボローニャのフォーメーションは4-2-3-1で冨安は右SBで先...

続きを見る

「コンパニがプレイングマネージャーをやっても、簡単にはシティになる事は出来ない」ベルギー・プロリーグ第5節 ゲンク-アンデルレヒト

昨シーズンはリーグ優勝を果たしながら、今期は4戦して2勝2敗と出遅れているゲンクと、まだ勝ち点2で未勝利とさらに苦しんでいるアンデルレヒトとの対戦。 アンデルレヒトはマンチェスター・シティからコ...

続きを見る

「大迫がボールを繋ぎ、得点まで決めてもブレーメンが勝てない理由」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム-ブレーメン

前節の開幕戦はデュッセルドルフに1-3で敗戦、厳しいスタートになってしまったブレーメン。第2節のホッフェンハイム戦は、フュルクルクの1トップに、ヨハネス・エッゲシュタインと大迫が2列目に入った4-3-...

続きを見る

「トーレスの引退試合に華を添えるイニエスタの超絶変態パス」J1第24節 サガン鳥栖-ヴィッセル神戸

2019/08/24 | Jリーグ

フェルナンド・トーレスの引退試合という事で、歴代2位の観客が詰めかけて満員の駅前不動産スタジアムだったが、鳥栖にとってはひたすら神戸の強さを見せつけられて終わってしまった試合だったね。 神戸は夏...

続きを見る

「DAZNが役立つときが来た!」久保建英、マジョルカにレンタル移籍が決定

昨日の深夜に、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した久保建英が、かつて大久保や家長が所属していたマジョルカにレンタル移籍する事が発表されました。 久保建英、昇格組マジョルカへの期限付き移籍が...

続きを見る

「まるで光明が見えないマルセイユ、これで酒井のプレミアリーグ移籍も加速するか?」フランス・リーグアン第2節 ナント-マルセイユ

昨期はヨーロッパリーグの出場を逃し、ガルシア監督からアンドレ・ビラス・ボアス 監督に交代、バロテッリ、オカンポスは売却とチームをほぼ作り直している最中のマルセイユ。リーグ初戦のランス戦を0-2で完敗し...

続きを見る

「ある意味、大学のレベルがJリーグを上回る時代がやって来た?」天皇杯3回戦 ガンバ大阪-法政大学

2019/08/21 | 天皇杯

どうもDAZNで見たい試合が無かったので、昨日は録画してあったガンバが法政大学にすんなりと力負けしたと言われる天皇杯3回戦の試合を見てみた。 ガンバは前節の広島戦から7人を入れ替えたのだが、戦術...

続きを見る

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷部はリベロの位置に入り、鎌田は1トップのレビッチの下に、ガチノヴィッチと並んだ2シャドーの位置で先発、フォーメーション的には3-4...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑