「伊東は1G1Aの活躍だったが、どう見ても相手のレベルがJリーグ以下」ベルギー・プロリーグ第21節 ゲンク-オイペン

スポンサードリンク

プレーオフ1圏内まで勝ち点3差のゲンクは、13位のオイペンとホームで対戦。伊東純也は-2-3-1の右SHで先発。オイペンの豊川はベンチ外で、今日セレッソへの移籍が発表された。

試合は序盤からホームのゲンクが試合をコントロール、10分に右サイドで伊東がパスを受けると見せかけてスルー、裏にいた右SBメーレがそのボールをまた伊東にパス、伊東は一瞬のカットインからゴールを決めてゲンクが先制する。

さらにゲンクが試合のペースを握ったまま迎えた後半15分にも、カウンターから最後は伊東にパスが渡り、クロスが相手に当たったボールがオヌアチュの前に流れて2点目のゴール。

豊川がやっていた、前線でボールを引き出す動きが全く見られないオイペンは、後半17分に右からのクロスにラザレがフリーでヘディングを決め、36分には左からのクロスにコールズが合わせるもGKヴァンデヴォールトがかろうじて防ぐ。

ゲンクも37分に伊東がカットインからシュートへ持ち込もうとしたが途中でカットされ、43分にもカウンターからまたカットインでシュートを放つもファーに外れてゴールならず。そしてそのまま2-1で試合終了。

伊東は1G1Aでチームの全得点に絡む活躍を見せたが、豊川が居ないせいもあるのかオイペンのクォリティはJリーグ以下で、既に伊東としては物足りないレベルになっているのは間違いない。この冬はともかく、来年の夏はステップアップすべきタイミングだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「味方にも審判にも恵まれず、3アシストがフイになった久保」スペイン・リーガエスパニョーラ第18節 マジョルカ-セビージャ

リーグは4試合勝ちが無い泥沼のマジョルカは、ホームにセビージャを迎えての試合。久保はこの試合も右SHで先発、トップ下はフェバスじゃなくてダニ・ロドリゲスが入った4-2-3-1。 いきなり前半3分...

続きを見る

「鈴木優磨が取ってシュミット・ダニエルが防ぎ、リーグ2位に大健闘」ベルギー・プロリーグ第20節 シント・トロイデン-アントワープ

公式戦3連敗で10失点と、DF陣に怪我が相次いで守備が崩壊気味のシント・トロイデンは、現在リーグ2位と好調のアントワープをホームに迎えての試合。 シント・トロイデンのフォーメーションは3-4-1...

続きを見る

「久々にCBで先発の冨安、ボロはあったがしっかり勝利を手中に」イタリア・セリエA第17節 レッチェ-ボローニャ

前節はアタランタに勝利したボローニャは、アウェイでレッチェと対戦。レギュラーCBのダニーロがアタランタ戦でレッドカードを受けたために、いつもは右SBで出場している冨安が右CBとしてスタメン出場。 ...

続きを見る

「延長でのウノゼロという結果以上に、欧州王者の余裕が見えた試合」FIFAクラブワールドカップ 決勝 リバプール-フラメンゴ

今年は欧州王者対南米王者の顔合わせになったクラブW杯決勝。フラメンゴは準決勝と全く同じスタメンで、リバプールはマネ、フィルミーノ、サラーの3トップにCBにはファン・ダイクが復帰、ほぼベストメンバーでの...

続きを見る

「イニエスタ無双のヴィッセル神戸、念願の初タイトルに王手」天皇杯 準決勝 ヴィッセル神戸-清水エスパルス

2019/12/22 | 天皇杯

ともにリーグ戦は上位争いに加われなかった同士の天皇杯準決勝。神戸は3-1-4-2のフォーメーションで、イニエスタが先発でポドルスキがベンチ、ビジャは怪我の影響でベンチ外。対する清水は4-2-3-1の形...

続きを見る

「こりゃクロップ監督が南野を欲しがるのも無理はない」FIFAクラブ・ワールドカップ 準決勝 リバプール-モンテレイ

ちょうど今日、南野のリバプール移籍が決まったのもあって、入団したらどこのポジションで起用されるのだろうかと想像しながら、クラブW杯の準決勝モンテレイ戦を見てみた。 リバプールはワトフォード戦から...

続きを見る

「戦術皆無監督、ゴリ押しスターシステム、腰が引けた国内組という三重苦」E-1選手権 日本-韓国

2019/12/19 | 日本代表

E-1選手権の最終戦は、開催国の韓国との対戦。日本は引き分け以上で優勝が決まる。日本の先発は中国戦の11人からボランチを橋本から田中碧に変えただけの3-4-2-1。対する韓国は4-3-3のフォーメーシ...

続きを見る

「セルジオ・コンセイソン監督が、まさかの”中島システム”を採用した思惑とは?」ポルトガル・プリメイラリーガ第14節 ポルト-トンデラ

シーズン序盤は躓いたものの、ここ7試合は5勝2分負けなしでリーグ首位のベンフィカを勝ち点3差で追撃しているポルト。7試合ぶりに先発出場した中島は、トンデラ戦でこれまでのSHではなく4-2-3-1のトッ...

続きを見る

「冨安は決勝点のアシストでご祝儀気味の”盛り採点”」イタリア・セリエA第16節 ボローニャ-アタランタ

コッパイタリアのウディネーゼ戦、リーグでのミラン戦の連敗を受けて臨んだホームでの試合。相手はチャンピオンズリーグ初出場でグループリーグ突破の快挙を成し遂げたアタランタ。冨安はこの試合も右SBで先発。 ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
ブータン サッカー少女の夢

昨日は飲み会があったので試合を見るのはパス、たまたまサッカー関連で番組...

「上下動と1対2でヘロヘロ、失点につながるクロスを上げられた冨安」イタリア・セリエA第20節 ボローニャ-ヴェローナ

相変わらず勝ちきれない試合が続いているボローニャは、現在10位と好調の...

「ウィンターブレイクで別チームに変貌したシント・トロイデン」ベルギー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-コルトライク

年明けからミロス・コスティッチ新監督による体制がスタートしたシント・ト...

アジアの誤審に「拡大解釈」というお墨付きを与えてしまったVAR

昨日のAFC U-23選手権、タイ対サウジアラビアは0-1でタイが敗れ...

「マシンガンのような縦パスを連発、冨安の加入で五輪代表は変貌する?」イタリア・セリエA第19節 トリノ-ボローニャ

前節はアウェイでローマ相手にベロッティの2ゴールで勝利したトリノは、ホ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑