Jユース・高校選手権

「PK戦まで計算していた佐野日大が戦略勝ち」高校サッカー選手権 佐野日大-履正社

大阪に住んでいると地元チームの放送が優先されるもので、今回も大阪の履正社と栃木の佐野日大が対戦した高校サッカー選手権の3回戦。 佐野日大は3-4-2-1のフォーメーションだが、実質的に5-4-1の形でブロックを作る守備的な形。対する履...
未分類

「三笘と冨安のプレミア日本人対決はどっちが勝利?」イングランド・プレミアリーグ第18節 ブライトン-アーセナル

現在7位と好調のブライトンが、首位のアーセナルをホームに迎えての元旦対戦。ブライトンは4-2-3-1のフォーメーションで、三笘は左SHで先発、1トップにはトロサール、2列目はセンターにララーナ、右にマーチという形、アーセナルは4-3-3で、...
戯言

蹴球 謹賀新年 2023

皆様、新年明けましておめでとうございます。 選手の酷使だと言われながらも、天皇杯決勝がない元旦は少々寂しく感じますな。 今年もダラダラとサッカーの試合を見て駄文を書き散らすブログになるかと思いますが、よろしくお付き合いい...
フランス・リーグアン

「伊東が攻守に貢献、3位のレンヌを撃破」フランス・リーグアン第16節 レンヌ-スタッド・ランス

フランスのリーグアンはクリスマス明けから再開。伊東純也が所属する11位のスタッド・ランスは、ホームで現在3位と好調のレンヌとホームで対戦。伊東は4-2-3-1の右SHで先発。 ランスは前半3分に伊東の絶妙なトラップからカットインシュー...
Jユース・高校選手権

「川崎、徳島のJリーガー2人が結果を出す」全国高校サッカー選手権1回戦 履正社-東邦

今期はプレミアリーグWESTで8位を記録して残留を決めた大阪の履正社高校と、愛知の東邦が対戦した1回戦。履正社は4-4-2で、東邦は3-4-2-1のフォーメーションでスタート。 試合は履正社がボールを保持する流れで始まるが、会場は強い...
ベルギー・プロリーグ

「林のゴールで快勝も、日本代表にとっては厳しい現実」ベルギー・プロリーグ第18節 シント・トロイデン-ズルテ・ワレヘム

W杯中断後の最初の試合となったカップ戦で、リーグ王者のクラブ・ブルージュを4-1で破ったシント・トロイデンは、16位のズルテ・ワレヘムとホームでリーグ戦を再開。 シント・トロイデンは3-4-2-1のフォーメーションで、シュミット・ダニ...
イングランド・プレミアリーグ

「三笘は、どフリーヘッドを外すも勝利に大きな貢献」イングランド・プレミアリーグ第18節 サウサンプトン-ブライトン

イングランド・プレミアリーグは、W杯明けの初戦はボクシング・デーでの開催。 W杯中断前の順位はブライトンが7位なのに対し、サウサンプトンは19位のブービーと対称的な成績になっている両チームの対戦。ホームのサウサンプトンは4-2-3-1...
ベルギー・プロリーグ

「世界との現実の前にもがく上田綺世」ベルギー・プロリーグ第18節 メヘレン-セルクル・ブルージュ

ベルギーは12月23日からリーグ戦が再開、早速上田綺世がスタメンで出場している。そのメヘレン対セルクル・ブルージュは、メヘレンが4-2-3-1のフォーメーションで、セルクル・ブルージュはデンケイと上田綺世の2トップに、ホディッチがトップ下に...
戯言

「終わりよければ全てよし?」2022年 日本サッカー界10大ニュース

まだ今年はあと1週間ほど残っていますが、ちょうど欧州リーグが再開する直前のタイミングなので、今年の日本サッカー界10大ニュースをエントリーしておきます。 10.U-23アジアカップ、U-21の日本は3位に終わる 今年の6月に行われたU-...
ワールドカップ

「当たり前に強くなったからこそ当たり前の監督を」カタールW杯 森保ジャパン総括

ロシア大会に続き、決勝トーナメント1回戦で敗退を喫してしまった森保ジャパン。思い入れがあまり無かったのでそんなに強く提言したいことは無いんだけど、とりあえず総括らしきものを書いてみる。 森保ジャパンといえば、田嶋会長が高らかに提唱する...
タイトルとURLをコピーしました