「欧州王者オランダに大勝は素晴らしいが、それだけに落とし穴はたくさん生まれている」U-17ワールドカップ グループD 日本-オランダ

2019/10/30 | ユース代表

スポンサードリンク

オランダのフォーメーションは4-2-3-1で、アヤックスユースの選手が中心となっているチームらしく、モダンなビルドアップが特徴。ボランチの1枚がDFラインに下がって3バックを形成、SBが高く上がって基点を作り、そこからトライアングルを作るように選手が動いてパスを繋いで攻めるチーム。

序盤の日本はオランダのパス回しに後手を踏む展開が多かったが、DFラインと中盤をコンパクトにして粘りの守備で何とか対応、徐々に試合のペースに慣れて来ると、プレスをかけて来る相手に対して個々人がしっかりボールをキープ、そこから落ち着いてボールを繋げるようになる。

すると20分にロングパスから若月が落とし、西川がカットインからシュートも左へ外す最初の決定機。23分には左SB中野からのロングパスに西川が抜け出しGKと交錯もファール無しと、立て続けに日本がチャンスを作る。

これで明らかに、オランダは攻めていいのか守るべきなのか迷いが見られるようになり、攻撃陣と守備陣の意識が乖離、中盤にスペースが出来たところを日本が突いて、前半36分に中盤に下がってフリーでパスを受けた西川から若月にスルーパス、冷静に流し込んで日本が先制する。

後半になるとオランダは選手を交代しながら、早めにサイドへパスを入れて基点を作る攻撃でスピードアップを図り、フィジカルの優位さを使って日本を押し込むようになる。が、シュートはGK鈴木ザイオンがしっかりセーブする。

そしてまた後半24分に、日本は一瞬のスキを突いて西川から若月に縦パスが通り、若月がワントラップで前を向いてゴール左に流し込む。さらに後半31分、若月のパスがDFダニエルズの腕に当たったというVARの判定で日本にPK、西川がGKの逆を突いて3点目。

そこからは完全にオランダも気持ちが切れてプレイの意識がバラバラになり、日本も疲れは見えたがあまり問題は起こらずそのまま3-0で試合終了。日本が死のグループの初戦で思わぬ大勝、決勝トーナメント進出に向けて絶好のスタートを切った。

試合後のマスコミの報道では、日本の強さばかりをクローズアップしてはいたが、ちょっと試合展開的に上手く行き過ぎた部分はあったように思う。特に若いユース年代の試合では、大勝ですっかり気を抜いてしまい、次の試合でコロッと大敗してしまう事は良くあるパターンである。

この結果で相手が日本を警戒し、自陣で守備を固めて若月が飛び出すスペースを埋め、西川にマンマークを付けてカウンター狙いで来られると、かなり苦労をしそうな気がする。終盤に西川が足をつっていたのを見ても、ハードワークで戦うチームだけに疲労の蓄積も心配である。

次節は後が無いアメリカとの試合だけに、下手にターンオーバーでOKと考えてしまうと、この世代は一気にリズムが崩れる事になりかねない。森山監督には油断は禁物としっかり引き締めていただきたい。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「シュミット・ダニエルは奮闘、鈴木優磨には呼吸を感じられるパートナーが必要」ベルギー・プロリーグ第12節 シント・トロイデン-ヘント

ここまで連敗と相変わらず波に乗れないシント・トロイデンは、現在リーグ3位のゲントと対戦。シント・トロイデンは3-4-1-2のフォーメーションで、GKはシュミット・ダニエル、鈴木優磨は2トップの右で先発...

続きを見る

「負けているとは思えないしょっぱいマジョルカの攻撃で、唯一見せ場を作った久保」スペイン・リーガエスパニョーラ第10節 レガネス-マジョルカ

昨日は終日恒例のイベントに参加していたので、帰宅してから久保が出場した場面だけ観戦。 久保は0-1でビハインドの後半14分に、ダニ・ロドリゲスに代わって4-1-4-1の右SHとして投入された。 ...

続きを見る

「気まぐれな勝利の女神に二転三転、最後は新井のスーパーセーブが川崎に初栄冠をもたらす」ルヴァンカップ決勝 コンサドーレ札幌-川崎フロンターレ

2019/10/27 | Jリーグ

どちらも勝てばルヴァンカップ初優勝となったこのカード。 戦前の予想では、過去4回も決勝に進出している川崎に比べ、札幌は初めての大舞台に浮足立つのではないかと思われていたのだが、蓋を空けてみれば地...

続きを見る

「鎌田はセットプレイから2アシスト、しかし全体ではプラマイゼロだった?」UEFAヨーロッパリーグ グループF フランクフルト-スタンダール・リエージュ

おそらくグループ1位通過はアーセナルが堅いとして、2位を勝ち点3で争っている両チームの直接対決。フランクフルトは3-4-2-1で、パシエンシアの1トップに、ガチノヴィッチと鎌田が2シャドーで並び、長谷...

続きを見る

「レアルは主力が復調、長友はロドリゴの勢いに飲み込まれる」UEFAチャンピオンズリーグ グループA レアル・マドリー-ガラタサライ

昨日は飲み会があってからの観戦だったのでレポートは簡単に。 いつもどおりにチャンピオンズリーグではグループリーグを突破できそうにないガラタサライと、逆にまさかの不振で、ここまで勝ち点1に留まって...

続きを見る

「外弁慶の浦和が広州に完勝、しかし試合を救ったヒーローは決勝で欠場へ」アジア・チャンピオンズリーグ 準決勝 第2レグ 広州恒大-浦和レッズ

埼玉スタジアムでの第1戦を2-0で折り返しての、広州ホームでの第2戦。浦和はボランチの1枚が青木から阿部に変わった以外は同じメンバー、3-4-2-1のフォーメーションで臨む。 対する広州は、3バ...

続きを見る

「攻撃面ではベルギーのレベルを超えつつ伊東だが、まだ他の課題は残ったまま」ベルギー・プロリーグ第11節 スタンダール・リエージュ-ゲンク

国際Aマッチウィーク明けのベルギーリーグは、2位のスタンダール・リエージュと5位のゲンクの直接対決。伊東は4-2-3-1の右SHで先発。 さすがに首位争いをしているチームだけあって、ダイレクトで...

続きを見る

「手抜きプレイでごまかせる、酒井宏樹もベテランの域」フランス・リーグアン第10節 マルセイユ-ストラスブール

第6節のモンペリエ戦で3人の退場者を出して以来、4試合勝ちが無いマルセイユは代表から帰った酒井が、2試合フル出場だったにも関わらず左SBで先発に名を連ね、前線はベネデットの1トップに、ジェルマンとラド...

続きを見る

「降格圏のマジョルカが首位レアルにまさかの勝利、久保が果たした貢献とは?」リーガ・エスパニョーラ第9節 マジョルカ-レアル・マドリー

現在リーガ・エスパニョーラ首位と18位という関係以上に、マジョルカにレンタル移籍して古巣との対戦が実現してしまった久保に大きな注目が集まってしまった試合。 しかし代表hに帯同していた久保はベンチ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑