「乾で注目すべきは決勝点よりも、代表コーチに推薦したいぐらいの守備的戦術眼」リーガ・エスパニョーラ第26節 ビジャレアル-アラベス

スポンサードリンク

現在リーグ6位で、チャンピオンズリーグ圏内のヘタフェとは勝ち点2差に付けているアラベスは、降格圏に沈むビジャレアルとアウェイで対戦。

アラベスは4-4-2で乾は左SHとして先発したが、逆サイドのジョニーとしょっちゅうポジションを変えるので左右どちらか不明(笑)。対するビジャレアルは3-1-4-2のフォーメーション、2トップの一角にはかつて本田とミランでチームメイトだったカルロス・バッカが入っている。

試合はホームのビジャレアルが鋭い出足で攻勢に出て来るが、アラベスは相手DFがボールを持つと、カレリとジョニー、乾で3バックにプレスをかけ、WBのオーバーラップにはSBとSHのどちらかがきっちり付いてフリーにさせず、乾も自陣まで戻ってスライディングタックルを仕掛けるなど、全員の守備意識が非常に高い。

攻撃では、乾がシュートを打つような場面は無いものの、相手のアンカー脇に出来るスペースに乾が入って縦パスを受け、確実に味方につなげる基点として機能、ビジャレアルの圧力をきっちり押し戻してイーブンな状態に戻す役割を果たしている。

前半30分ごろからは、アラベスのDFラインが下がってビジャレアルに押し込まれ、アラベスもカウンターを狙うが中盤でミスが増えてセカンドボールを拾われる苦しい展開。しかし残り時間を何とかやり過ごし前半を折り返す。

後半の序盤はビジャレアルが完全にWBを高い位置に上げ、アラベスの4-4-ゾーンの外から攻める狙いを明確にする。それに対してアラベスはサイドは割り切って攻めさせ、中央を固めて跳ね返す形で対応、ボールを奪うと一気にWBの裏をロングボールで狙う攻撃を仕掛ける。

すると後半9分、アラベスはCKをゲットすると、ジョニーのキックにフリーで合わせたマリパンがヘディングゴールを決め、劣勢だったアラベスが先制点をゲットする。しかし13分、ビジャレアルのクロスをクリアしたボールが高く上がり、それに対してマヌ・ガルシアが手を使って弾いてしまい、VARでPKの判定。これをカソルラが決めて同点に。

その後はビジャレアルが勢いに乗り、一発のパスでDFラインを抜け出したエカンビのシュートはわずかポストの横という決定機を作る。さらにビジャレアルはサイドチェンジから徹底してクロスを浴びせかける。さらにビジャレアルは攻撃の選手を入れて4バックに変更、しかしこれが結果的には裏目に出てしまう。

後半33分、ロングパスに反応したジョニーが左サイドを突破、ドリブルで相手を抜いてからの折返しに、乾がダイレクトでロブ気味のシュートをゴール左に決めてアラベスが勝ち越し。直後にもカウンターからブルギがシュートもわずかに枠外。

乾は39分でワカソと交代、アラベスは守備固め。それでもビジャレアルに攻め込まれてあわやオウンゴールというピンチを作られるが、GKが何とか弾いて防ぐ。5分のロスタイムも最後まで守りきり、アラベスがアウェイで大きな勝利。裏の試合でヘタフェがベティスに勝利したため勝ち点は縮まらなかったが、アラベスは5位に浮上した。

これで乾が加入してからアラベスは負け無し。乾のプレイについては、決勝点を決めただけでなく守備での貢献が大きかった。上手くハーフスペースを埋めてドリブル、パス両方に対応できるポジショニングを取り、4-4-2の弱点であるサイドのスペースを開けるリスクを最小限にとどめていた。ベティスは乾をインサイドハーフで起用していたけど、守備面でもウイングとして使う利点が大きいことに気づくべきだ。

それにしても、乾は今の日本で最もゾーンディフェンスを理解している選手じゃないだろうか。カタール戦でもフォーメーションのミスマッチにいち早く気づいていたし、もし彼が先発していたらあそこまで前半がボロボロにはならなかったはず。森保監督は、乾をサブで腐らせておくぐらいなら守備コーチを兼任させてみればどうだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「整わないダーク長谷部、ナーゲルスマン監督に負け惜しみを吐かせる勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 フランクフルト-ホッフェンハイム

現在6位のフランクフルトは、勝ち点3差で8位に付けているホッフェンハイムとの対戦。ホッフェンハイムは序盤こそ出遅れたが、ここに来て5試合負け無しと好調、ヨーロッパリーグ争いにおいて絶対にホームで負けら...

続きを見る

「たった1人のおかげで、偽バルサからバルサもどきへと昇格した神戸」J1第2節 ヴィッセル神戸-サガン鳥栖

2019/03/03 | Jリーグ

土曜日の夜はNHKで放送が行われていた、ワールドカップ優勝経験者が両チームで4人という、どこのチャンピオンズリーグかなと勘違いしてしまう(笑)、神戸と鳥栖の試合を録画観戦。 戸は開幕戦のゼロトッ...

続きを見る

「吉田は何度かやらかしながらもクリーンシート、この運を次に繋げられるか」イングランド・プレミアリーグ第28節 サウサンプトン-フラム

今節は、18位のサウサンプトンと19位のフラムという降格圏同士の裏天王山。とは言え、勝ち点は7も離れており、事実上フラムが残留する可能性は奇跡に近いのだが・・・サウサンプトンは、アジアカップ以降はサブ...

続きを見る

情熱大陸【堂安律/世界が注目する20歳!!サムライジャパン若きエース野望と本音】

昨日は京都でのいつもの野暮用があり、空きっ腹にビールを流し込んで結構酔っ払ってしまい、試合を見始めたけど全く集中できず、仕方なしに録画してあった堂安が出演していた情熱大陸でお茶を濁しました。 例...

続きを見る

「ダービーでキレキレプレイを披露した香川、後半はチームの”ジャパンズウェイ化”に足を引っ張られる」トルコ・スュペル・リグ第22節 ベジクタシュ-フェネルバフチェ

ヨーロッパリーグを戦いながらも下位に沈んでいるフェネルバフチェと、現在リーグ3位のベジクタシュが対戦するイスタンブール・ダービー。ホームのベジクタシュは香川がトップ下で初先発になった4-2-3-1で、...

続きを見る

「縁の下の力持ちにシフトした鎌田、入れ替わったボリはハットトリック」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第27節 シント・トロイデン-シャルルロワ

ベルギーリーグのレギュラーシーズンも残すところあと4試合、プレーオフ1争いのラストスパート。現在5位のシント・トロイデンは、ホームで8位のシャルルロワとの負けられない試合。 シント・トロイデンは...

続きを見る

「スコアレスドローの多摩川クラシコ、やはり話題は家長に勝った17歳に」J1第1節 川崎フロンターレ-FC東京

2019/02/25 | Jリーグ

昨日から家の光モデムが完全にイカれてしまい、ネットワーク環境が死亡。当然DAZNは見られないわけで、録画してあった川崎対東京の試合を観戦。こういう時にオンデマンドは困るよね・・・ さてディフェン...

続きを見る

「長谷部を”猫だまし”に使ったヒュッター監督の奇策、難敵をノックアウト」UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント1回戦第2レグ フランクフルト-シャフタール・ドネツク

昨日はリーグ戦もいろいろあったけど、まだ見ていなかったヨーロッパリーグのフランクフルト対シャフタール・ドネツクの試合を録画で観戦。 シャフタール・ドネツクとの第1戦を2-2で終えた後を受けた、フ...

続きを見る

「リージョ監督は、VIPスターを抱えたままバルサ路線と心中してしまうのか」J1第1節 セレッソ大阪-ヴィッセル神戸

2019/02/23 | Jリーグ

2019年J1リーグ開幕戦は、ロティーナ監督が就任したセレッソ大阪と、ビジャが加入してさらにスター軍団化が進行しているヴィッセル神戸というカード。長居スタジアムは4万2221人の大観衆で埋まった。 ...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑