「W杯最多1137本のパスを繋いだスペイン、謎のパワーに守られた鉄のカーテンに跳ね返される」ロシア・ワールドカップ ベスト16 ロシア-スペイン

2018/07/02 | ワールドカップ

スポンサードリンク

グループAとBが対戦するもう1つのカードは、開催国ロシアとスペインの対戦。

スペインはイニエスタがベンチスタートで、1トップがジエゴ・コスタ、2列目がイスコ、シルバ、アセンシオ、ボランチがブスケツとコケが並んだ4-2-3-1、対するロシアは並び的には3-1-4-2という形ではあるが、実質的には5-4-1のフォーメーションでスタート。

試合は当然のようにスペインがボールを保持し、ロシアが5バックで守ってカウンターを狙う展開で始まるのだが、前半11分にスペインがゴール右のFKからセルヒオ・ラモスとイグナシェヴィッチがもつれ、イグナシェヴィッチの足に当たってのオウンゴールになってスペインが先制する。

その後はなかなか攻め手が無かったロシアだが、前半43分にロシアのCKからジューバがヘディング、それがジューバと競ったピケが上げた腕に当たりPK、これをジューバ自身が決めてロシアが同点に追いついたところで前半を終了する。

後半も圧倒的にスペインがボールを支配するが、10人で自陣に鉄のカーテンを作るロシアに対し、スペインはゴール前にポツンと1人ジエゴ・コスタがいるだけで、ブロックの外側をぐるぐるパスを回すプレイに終始、全くPA内にボールを入れることが出来ない。

そこから延長戦の中でスペインが生み出した決定機はわずか3つ、後半39分にイニエスタのミドルをアキンフェエフが弾き、こぼれ球をアスパスが狙うもコースを外れ、延長後半4分にロドリゴのシュートをこれまたアキンフェエフが弾くもこぼれ球を押し込めない。延長後半ロスタイム、ロシアのクリアミスを拾ったロドリゴのシュートもセーブされ、試合はPK戦へともつれ込む。

PK戦は、スペインのGKデヘアが2本ぐらいコースを読んでいたのに止められず、ロシアが4人全員成功させたのに対し、スペインは3人目のコケがど真ん中に蹴ったのをアキンフェエフの足に阻まれ、5人目のアスパスはフェイントに引っかかり失敗、これでスペインはベスト16で敗退、開催国のロシアがクロアチアとの準々決勝へと駒を進めた。

スペインのパス数はW杯史上最多の1137本、ロシアの285本の実に4倍、ボールポゼッションは79対21と圧倒的にボールを支配したが、最後までロシアが作った「鉄のカーテン」を打ち破れなかった。イニエスタは確かにこの大会では安定していなかったが、こういうチーム相手にこそ必要だったはずで、ロペテギ監督の直前解任から結局スペインは自らのリズムを取り戻せないまま、大会から去る事になってしまった。

とは言え、いくら自陣に引きこもっていたとは言え、最後まで足を止めずにアタックとカバーリングを徹底、足をつる選手が続出しながらも延長戦では何度かカウンターを仕掛けるなど、凄まじい運動量である。初戦のサウジ戦では圧倒的なスプリント回数を記録するなど、この大会は何か別の”見えない力”が働いているようにしか思えない(笑)。日韓W杯の韓国と同じような感じで、開催国には「ド」のお目溢しをしてもらえる特権でもあるんだろうか? クロアチアも要注意である。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ウルグアイの翼くんと岬くんの裏には、石崎くんの活躍があった」ロシア・ワールドカップ ベスト16 ウルグアイ-ポルトガル

2018/07/01 | ワールドカップ

グループAを3戦全勝、無失点で勝ち抜けたウルグアイと、3戦目でイランにかろうじて同点で終わり、何とか2位でグループリーグを通過したポルトガルとの対戦。 ウルグアイはもちろんスアレスとカバーニの2...

続きを見る

「メッシとムバッペだけではない、美しくも残酷な新旧交代劇」ロシア・ワールドカップ ベスト16 フランス-アルゼンチン

2018/07/01 | ワールドカップ

グループリーグを先に2勝し、3試合目をターンオーバー出来たフランスと、辛くも3試合目にして初勝利、ギリギリでグループリーグ突破を決めたアルゼンチンが対戦した、ベスト16の初カード。 アルゼンチン...

続きを見る

「日本の番狂わせに巻き込まれてしまったグッドルーザー」ロシア・ワールドカップ グループH セネガル-コロンビア

2018/06/30 | ワールドカップ

どちらも慎重な立ち上がり。ドローでも勝ち抜けるセネガルは4-4-2のコンパクトな3ラインディフェンスを低めに引いて、カウンター狙い。 16分、セネガルはマネがDFラインをスルッと突破、ダビンソン...

続きを見る

「危うく宇佐美と心中しかけた西野ジャパン、勝ち抜けという結果以外に得た収穫は?」ロシア・ワールドカップ グループH 日本-ポーランド

昨日の忖度サッカーに対しては、スタメンの出来が酷いとか世界に恥を晒したとか西野監督の豪胆采配だとか、世間ではやたらと毀誉褒貶が激しい事になってるけど、前にも書いたように西野さんは監督を引き受けた時点で...

続きを見る

リアル忖度ジャパン、決勝トーナメント進出!

いや試合内容は全く何もいいところは無く、試合自体はまたもセットプレイから失点して0-1で負けてしまったけど、裏の試合でコロンビアが1-0でセネガルに勝ち、日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、当該...

続きを見る

「アルゼンチンが韓国と対戦していたら、ドイツのような結果になっていたかも」ロシア・ワールドカップ グループD ナイジェリア-アルゼンチン

2018/06/28 | ワールドカップ

クロアチア戦でまさかの大敗を喫し、チームが空中分解寸前に陥ったアルゼンチンだったが、その後の試合でナイジェリアがアイスランドに勝利した事で自力でのグループリーグ突破の可能性が復活、噂によるとサンパオリ...

続きを見る

「岡崎と武藤のショットガンフォーメーションが炸裂?」ドイツW杯 ポーランド戦展望

さて今度こそポーランド戦について軽く展望・・・と言いたいところですが、正直言って全く読めません。 試合が難しいのは確かです。今大会でも、サウジ、ペルー、コスタリカ、韓国と第2戦までに(ほぼ)グル...

続きを見る

「”自分たちのサッカー”だけではドイツだって自滅する」ロシア・ワールドカップ グループF 韓国-ドイツ

2018/06/28 | ワールドカップ

いや、確かに韓国がドイツに2-0で勝てばグループリーグ突破の可能性はあったんだけど、まさか本当にその通りのスコアになるとはいったい誰が想像しただろうか。結果的に、メキシコがスウェーデンに負けたために韓...

続きを見る

裸の王様・ケイスケホンダ、8年目にして初めて気づく「自分たちのサッカー」の真意

2018/06/27 | 日本代表

さて明日はグループリーグ最終戦、運命のポーランド戦ですね。で、その展望の前に触れて置かなければならないのがこのニュース。 本田圭佑が明かす、ついにW杯で結果を残した「自分たちのサッカー」 | G...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「またもライバルの敵失で高笑いのチームスカイ、しかしイノー対レモンのチーム内確執が勃発?」ツール・ド・フランス第12ステージ

マドレーヌ、クロワドフェール、そしてラストのラルプ・デュエズとアルプス...

「今年もチームスカイの牙城は1mmも揺るがず」ツール・ド・フランス第10・11ステージ

さていよいよアルプスの山岳ステージへと突入した今年のツール・ド・フラン...

「北京世代の卒業式は、華麗な打ち上げ花火で完結」ロシア・ワールドカップ日本代表総括

田嶋のやらかした発作的な監督交代のおかげで、あまり代表への思い入れが無...

「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

→もっと見る

PAGE TOP ↑