スポンサーリンク
日本代表

「勝ち点3が必須の崖っぷち、コンディション不良と戦術無策をどう乗り切るか」カタールW杯アジア最終予選 ベトナム戦展望

また性懲りもなくやって来ましたアジア最終予選。今日はアウェイでベトナムとの対戦になりますな。 そういや明日がベトナム戦なのか。相変わらず自分の中では、「ふーん、明日すんのね」ぐらい他人事ですがw— こばやしりょーじ@ファイ...
スコットランド・プレミアリーグ

「古橋は点を取っただけという事実が日本には貴重なのかも」スコットランド・プレミアリーグ第13節 ダンディーFC-セルティック

現在公式戦7連勝中のセルティックは、リーグの今節は12位中11位のダンディーFCとアウェーで対戦。スコットランドプレミア常連のダンディー・ユナイテッドと同じ街に構えるライバルチームである。 セルティックのスタメンは、ミッドウィークに行...
イングランド・プレミアリーグ

「エースのオーバメヤンが2点をドブに捨てるブレーキも4連勝」イングランド・プレミアリーグ第11節 アーセナル-ワトフォード

W杯予選ウィーク前最後の試合、リーグ戦7試合負け無しと好調のアーセナルはラニエリ監督が率いるワトフォードとホームで対戦。冨安はこの試合も4-2-3-1の右SBでスタメン出場。対するワトフォードは4-1-4-1のフォーメーション。 前半...
ベルギー・ジュピラー・プロリーグ

「絶好調のサンジロワーズ、三苫は大人しかったが森岡との日本人対決で圧勝」ベルギー・プロリーグ第14節 ユニオン・サンジロワーズ-シャルルロワ

現在リーグ戦4連勝中で首位を快走しているユニオン・サンジロワーズは、ホームでシャルルロワと対戦。この試合も三笘は3-1-4-2の左WBで先発、シャルルロワは3-1-4-2のフォーメーションで、森岡は最近の2トップではなく左のインサイドハーフ...
ドイツ・ブンデスリーガ

「浅野は右ウイングで先発しチームは快勝、代表への朗報になったのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 ボーフム-ホッフェンハイム

当初はベンチスタートだったが、9節フランクフルト戦から先発で起用され始めた浅野。9位のホッフェンハイム戦でも4-3-3の右ウイングとしてスタメン。対するホッフェンハイムは3-1-4-2のフォーメーション。 試合はホームのボーフムが前線...
ベルギー・ジュピラー・プロリーグ

「もしかすると、三笘はあのマルセロになれるかもしれない?」ベルギー・プロリーグ第13節 ユニオン・サンジロワーズ-ゲント

2部からの昇格組ながらベルギーリーグで首位を快走しているサンジロワーズ。シーズン序盤はベンチスタートだった三笘も、今や3-1-4-2の左WBとして先発に定着、この試合もスタメンで出場。対するゲントは3-4-1-2のフォーメーション。 ...
日本代表

「今さら川崎フロンターレの強さに代表が便乗」カタールW杯アジア最終予選 ベトナム/オマーン戦メンバー発表

もう気がついたらまた最終予選が迫って来ていたんですな。てなわけで、ベトナムとオマーン戦に出場する代表メンバー発表について。 GK 川島永嗣(ストラスブール) 権田修一(清水) 谷晃生(湘南) DF 長友佑都(FC東京...
Jリーグ

「大島と小林悠がサブでも安定した試合運び、川崎が盤石のJ1優勝」J1第34節 川崎フロンターレ-浦和レッズ

今節の試合で、川崎が5位の浦和に勝てば優勝が決定、引き分け以下の場合は横浜Fマリノスの成績次第で優勝が決まる大一番。 川崎はいつもの4-3-3のフォーメーションで、浦和も形はいつもの4-2-3-1ながらコンディションの問題でエースのユ...
ドイツ・ブンデスリーガ

「何とボランチで起用された鎌田、これが代表にとってのソリューション?」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 フランクフルト-ライプツィヒ

「何とボランチで起用された鎌田、これが代表にとってのソリューション?」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 フランクフルト-ライプツィヒ ヨーロッパリーグではグループ首位と好調なものの、リーグ戦では連敗中で下位に沈んでいるフランクフ...
イングランド・プレミアリーグ

「これはいつかボローニャで良く見かけたおなじみの光景」イングランド・プレミアリーグ第10節 レスター・シティ-アーセナル

ともに今期はスタートダッシュに失敗するも、徐々に調子を上げて同じ勝ち点で9位と10位に並んだチーム同士の対戦。ホームのレスターは1トップにジェイミー・ヴァーディを据えた3-4-2-1のフォーメーションで、アーセナルはアストン・ヴィラ戦と同じ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました