「ベイル投入で全てが裏目に出たジダン監督の采配」UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦 第1レグ レアル・マドリー-マンチェスター・シティ

スポンサードリンク

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦屈指の好カード。レアルはベンゼマ、ヴィニシウス、イスコの3トップで、シティはベルナルド・シウバの1トップに、2列目がジェズス、デ・ブライネ、マフレズを並べた攻撃陣。

シティは攻撃時は4-3-3のフォーメーションでビルドアップするが、守備時には4-4-2の形でコンパクトなゾーンを作り、レアルの前線にスペースを与えずバルベルデ、モドリッチ、カゼミーロの中盤に対しても2トップとボランチで囲んで仕事をさせない。

ベンゼマは狭いスペースを嫌ってサイドに流れるなど、レアルはワイドな攻撃布陣を取ってゾーンの外側から攻めて行く狙いは見えるのだが、中盤を抑えられているのでボールを保持している割には、決定的な場面を作らせてもらえない。

レアルの決定機はベンゼマのヘッドからヴィニシウスがこぼれ球を狙った場面ぐらいで、カウンターやセットプレイからジェズスが2度の決定的なシュートを放つなど、どちらかと言うとシティのペースで前半を終了する。

後半もマフレズが立て続けに決定機を作るなどシティのペースで始まったが、14分にレアルが高い位置でボールを奪うと、ヴィニシウスの折返しをイスコが決めてレアルが先制する。

その後もレアルのペースが続き、ジダン監督はベイルを投入して試合を決めにかかったが、結果的にこの交代は裏目に出た。まず後半33分にデ・ブライネのピンポイントクロスからジェズスが頭で流し込み同点に追いつくと、37分にスターリングのドリブルにカルバハルが追いつけず足を引っ掛けてPK、これでシティが逆転。

さらに41分、カゼミーロのバックパスをジェズスに拾われ、セルヒオ・ラモスが手で引き倒してしまって一発レッド、これでレアルの勝ち目は無くなってしまった。そしてそのまま1-2で試合終了、シティがまさかのサンチャゴ・ベルナベウで先勝してホームでの第2戦を迎える事になった。

これでシティが断然有利にはなったが、レアルの潜在能力はもちろん侮れない。この試合でもヴィニシウスがちゃんと決めていればここまで苦しい試合にはならなかったはずだ。きっと第2戦では意地を見せて面白い試合になると思う。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「レヴァンドフスキとニャブリの最強2トップ、アウェイでチェルシーを粉砕」UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦 第1レグ チェルシー-バイエルン

プレミアリーグで首位のリバプールから勝ち点35も離されて4位のチェルシーと、ブンデスリーガで首位に立っているバイエルンとの対戦。ホームのチェルシーは前節のスパーズ戦と同じ3-4-2-1のフォーメーショ...

続きを見る

「中島が攻撃に火を付けたポルト、権田の堅守を破るゴラッソで劇的勝利」ポルトガル・プリメイラリーガ第22節 ポルト-ポルティモネンセ

日本人が合計3人所属している対戦カードだが、先発したのは2試合前からポルティモネンセで先発の座を手にしたGK権田のみで、同じチームのDF安西とポルトの中島はベンチスタート。ポルトはソアレスとマレガを2...

続きを見る

「結局は冨安が攻撃しないと点が取れないボローニャ」イタリア・セリエA第25節 ボローニャ-ウディネーゼ

前節はジェノア相手に退場者を2人出して0-3と大敗、今節はけが人を併せて実に10人ものメンバーが欠けた体制になってしまったボローニャは、ホームでウディネーゼと対戦。冨安はいつも通りに4-2-3-1の右...

続きを見る

「宮本監督の奇策が的中、早くも王者Fマリノスは丸裸?」J1第1節 横浜Fマリノス-ガンバ大阪

2020/02/24 | Jリーグ

ディフェンディングチャンピオンの横浜Fマリノスが、ホームにガンバ大阪を迎えての開幕戦。Fマリノスはオナイウの1トップに2列目が遠藤、マルコス・ジュニオール、仲川を並べた4-2-3-1、ガンバは宇佐美を...

続きを見る

「久保に待望の1G1A、これでやっとセビージャに認められたか?」リーガ・エスパニョーラ第25節 ベティス-マジョルカ

久々にリーグ戦で久保が先発復帰したベティス戦。久保はいつものように右SHのポジションに入った4-2-3-1の形でスタート。 前半5分、久保のパスカットから始まったカウンターで左サイドのクチョ・エ...

続きを見る

「ハットトリック鎌田、カイザー長谷部、それに対して奥川は・・・」UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント1回戦 フランクフルト-ザルツブルク

長谷部、鎌田、奥川と3人の日本人選手が揃ったヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦の試合。 フランクフルトは4-3-2-1の形で、長谷部がアンカーで鎌田がシャドーの位置に入った。そしてハーランド...

続きを見る

「世界最強の攻撃力を誇るリバプールを完封する、シメオネマジックの秘訣」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 アトレティコ・マドリー-リバプール

あの世界最強の3トップを擁してプレミアリーグを独走中のリバプールが、何と90分間の試合を通じてシュートがたったの8本、そのうち枠内シュートが何とゼロという事から想像されるように、凄まじいまでの塩試合を...

続きを見る

「ネイマールやムバッペに匹敵するスターになったハーランド」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 ボルシア・ドルトムント-パリ・サンジェルマン

PSGのトゥヘル監督にとっては古巣との対戦で、ネイマール、ムバッペ、ハートランド、サンチョという世界トップクラスのタレントが揃ったという事で、今節最も注目された試合。 ドルトムントの3-4-2-...

続きを見る

「柴崎の役割にますます近づきつつある森岡」ベルギー・プロリーグ第26節 アントワープ-シャルルロワ

今期はリーグ3位と絶好調で、プレーオフ1入りをほぼ確実にしているシャルルロワ。今節はアウェイでアントワープと対戦。アントワープの三好は残念ながらベンチ外。 シャルルロワの森岡はずっとスタメンで出...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑