日本代表

「マスコミさんにとっては試合よりもこっちが本番」カタールW杯日本代表メンバー予想

なんか過密日程の欧州リーグを追っかけるのに精一杯で、全く気分が盛り上がらないまま、いつの間にやらカタールW杯本戦のメンバー発表の日がやってまいりました。 多分、サプライズもクソも無いいつものメンバーが選ばれると確信しておりますが、まあ...
イングランド・プレミアリーグ

「守備タスクから解き放たれた三笘、プレミアリーグで初アシスト」イングランド・プレミアリーグ第14節 ブライトン-チェルシー

2019年からブライトンを率いていたグレアム・ポッター監督が9月にチェルシーへ引き抜かれ、ブライトンは新たにロベルト・デ・ゼルビ監督を招聘、新旧監督が相まみえる状態になった試合。 ホームのブライトンは4-2-3-1のフォーメーションで...
ドイツ・ブンデスリーガ

「代表でも遠藤が3バックのセンターというシフトはありなのでは?」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 シュツットガルト-アウクスブルク

ここまでリーグ16位で残留争いを強いられているシュツットガルトは、ホームで12位のアウクスブルクと対戦。シュツットガルトのフォーメーションは中盤フラットの4-4-2で、伊藤が右CBで先発復帰、遠藤がダブルボランチで先発。対するアウクスブルク...
UEFAヨーロッパリーグ

「久保が肩を決められる危険な転倒で負傷交代」UEFAヨーロッパリーグ グループD オモニア・ニコシア-レアル・ソシエダ

グループリーグ4戦全勝で首位をひた走っているレアル・ソシエダは、ここまで全敗のオモニアとキプロスのアウェイで対戦。ソシエダはいつもの中盤ダイアモンドのではなく、久保が右ウイングに入ってカリカブルが1トップの4-3-3フォーメーション。対する...
UEFAチャンピオンズ・リーグ

「チームを勢いづけた鎌田の鮮やかな先制ゴール」UEFAチャンピオンズリーグ グループD フランクフルト-マルセイユ

ここまでグループリーグ4試合を経過して、勝ち点4で最下位のフランクフルトにとっては、決勝トーナメント進出に向けて絶対に勝利が必要な試合。相手は勝ち点6で2位に付けているマルセイユとホームで対戦。 フランクフルトは3-4-2-1のフォー...
ドイツ・ブンデスリーガ

「堂安はターンオーバーで地味に貢献、チームは3位を快走中」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 フライブルク-ブレーメン

現在リーグ3位のフライブルクは、ミッドウィークにポカールを戦って中2日でのリーグ戦。対戦相手のブレーメンは10位ながら、勝ち点差はわずか3しか無い混戦状態。フライブルクのフォーメーションは3-4-2-1で堂安はベンチスタート。対するブレーメ...
フランス・リーグアン

「本来の位置に戻った伊東が、ホーム初勝利を飾る決勝ゴール」フランス・リーグアン第12節 スタッド・ランス-オセール

今シーズンは11節を終えて15位に沈んでいるスタッド・ランスは、第10節の後にオスカル・ガルシア監督を解任、アシスタント・マネージャーのウィル・スティルが暫定監督となり、スコアレスドローで終わったロリアン戦を受けてのオセールとのホーム戦。 ...
スペイン・リーガエスパニョーラ

「久保のゴラッソが不運な取り消し、バジャドリードの巧妙な策略に屈す」スペイン・リーガエスパニョーラ第11節 バジャドリード-レアル・ソシエダ

現在リーグ3位と好調のソシエダは、11位のバジャドリードとアウェイで対戦。ソシエダのフォーメーションはいつもの中盤ダイアモンドの4-4-2だが、セルロートが発熱で欠場、久保とカルロス・フェルナンデスの2トップに、トップ下がダビド・シルバとい...
ドイツ・ブンデスリーガ

「鎌田が本物のボランチに大変貌、大黒柱としてチームを快勝に導く」ドイツ・ブンデスリーガ第11節 ボルシアMG-フランクフルト

ワールドカップの中断まであと3週間、リーグで現在7位のフランクフルトはすぐ下に位置するボルシアMGとアウェイで対戦。ボルシアMGは4-2-3-1のフォーメーションで板倉はベンチ外。フランクフルトは3-4-2-1で鎌田はボランチに入り、3トッ...
ベルギー・プロリーグ

「上田綺世がベルギー初のドッピエッタ、果たして本格的に覚醒したのか?」ベルギー・プロリーグ第11節 セルクル・ブルージュ-シャルルロワ

開幕から降格圏に沈んだままのセルクル・ブルージュは、ここに来てリーグ戦で連勝して12位まで順位を上げている中、ホームで森岡がキャプテンで率いているシャルルロワと対戦。 セルクル・ブルージュのフォーメーションは3-4-2-1で、デンキー...
タイトルとURLをコピーしました