「日本人選手は4人が先発、今までとは見違えるほど大きな進歩を見せた選手とは?」ベルギー・プレーオフ2第4節 シント・トロイデン-オーステンデ

スポンサードリンク

AB2グループに分けて10試合を戦うベルギーのプレーオフ2で、グループA1位のシント・トロイデンと2位のオーステンデとの対戦。シント・トロイデンは3-4-2-1のフォーメーションで、冨安が右CB、遠藤がダブルボランチ、関根が左WB、鎌田が右シャドーと日本人4人が先発。対するオーステンデは3-4-2-1と同じ形。

試合はホームのシント・トロイデンが圧倒的にボールを支配、ゴール前までは簡単にボールを運ぶものの、アタッキングサードでラストパスがスペースをきっちり埋めるオーステンデの守備に引っかかる展開が続く。

シント・トロイデンは復帰すると言われたボリではなくシラが1トップで先発したのだが、なかなかボールを収めて基点になる事が出来ず、むしろ鎌田のほうが彼独特の足に吸い付くトラップで縦パスを受ける仕事が出来ている有様。

そんな中、前半27分に関根が左サイドからドリブルで1人抜き、ゴールライン際でさらに戻って来た同じ選手に対してダブルタッチで抜くと、最後は角度のないところからシュートという見せ場を作る。

前半終了間際にはボタカの惜しいミドル、ロスタイムには右からのFKを左から飛び込んだ関根が折り返すもクリアされるなど、シント・トロイデンは何度かチャンスを作ったもののスコアは動かず前半を折り返す。

後半もいきなり関根が左サイドでの突破を見せると、5分に遠藤からDF裏へ抜け出した関根にパス、ヘッドで流して初ゴールと思いきやオフサイド。さらにカウンターから左サイドを抜け出した鎌田が自分で持ち込みシュートもわずかにファーへ外れ、冨安の攻撃参加からデサールへスルーパスもGKがセーブと、なかなかシント・トロイデンはチャンスをものに出来ない。

しかし後半12分、関根の右CKからファーに流れた遠藤が頭で折り返し、シラが押し込んでようやくシント・トロイデンが先制。その後もしばらくはシント・トロイデンの攻勢が続くも、後半30分ごろからは守りの人数を増やし、オーステンデがボールを保持する展開に。

ただそうなるとシント・トロイデンのカウンターも容易になり、長いパスからワントラップでボリのシュート、42分にはセバージョスのシュートからこぼれ球を鎌田が押し込むなどまたチャンスを作り出す。が、結局追加点は入らず1-0で試合終了。

試合内容からするともっと楽な展開に持ち込めたはずだが、自らのミスで接戦になってしまったのは反省点。ただそんな中でも関根はベルギーでのプレイに慣れてきたのか、随所で切れのあるプレイを披露、左WBとしてファーストチョイスになったのではないかと思う。それも含めて、日本人選手の総評は以下の通り。

  • 関根:切れのあるボールタッチとスピードで左サイドを切り裂き、多くのチャンスに絡む。結果は欲しかったが移籍後ベストの出来で後半44分までプレー。
  • 鎌田:前線での活発な飛び出しにはボールが出て来ず、足元で受けて基点になる形が多かったのは忸怩たるところか。
  • 遠藤:中盤のダイナモとして幅広く動き攻守に数多く絡み、先制点のアシストも記録するなど勝利に貢献。
  • 冨安:相手が攻めて来ない分、攻撃参加でチームに勢いをもたらす。ただ攻撃時の判断、キック精度という面では万全とは言えなかった。
↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「伊東はアシストを決めたが、前半と後半ではあまりにジキルとハイド」ベルギー・プレーオフ1第4節 ゲンク-クラブ・ブルージュ

ベルギーリーグの優勝プレーオフで1位と2位の直接対決。しかもクラブ・ブルージュはプレーオフに入って3連勝と絶好調、ホームのゲンクとしては是が非でも勝っておきたい試合。 ゲンクのフォーメーションは...

続きを見る

「大迫は先発に復帰するも、FWではあまり活きないのは変わらない様子」ドイツ・ブンデスリーガ第29節 ブレーメン-フライブルク

ブレーメンは怪我から復帰して2試合目の大迫が早速先発復帰、ラシツァとの2トップでクルーゼがトップ下でシャヒンがアンカーに入った4-1-3-2、対するフライブルクは3-4-1-2のフォーメーションで対戦...

続きを見る

「今期のJ1を盛り上げるチーム同士の対戦、確信力で差をつけた風間革命軍も結果はドローに終わる」J1第7節 横浜Fマリノス-名古屋グランパス

2019/04/14 | Jリーグ

どちらも現在J1で6試合を経過して横浜Fマリノスが5位、名古屋グランパスが3位と好調同士の対戦。 ホームの横浜Fマリノスは4-3-3のフォーメーションで、三好がインサイドハーフに入り、3トップが...

続きを見る

「ジョアンフェリックスに長谷部が屈辱の串刺し、ハットトリックの雪辱は次戦で実現するか?」UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 第1レグ ベンフィカ-フランクフルト

まだヨーロッパリーグはおろか、今年に入って15戦無敗を続けているフランクフルトは、準々決勝でベンフィカと対戦、アウェイでの第1戦に臨んだ。 フランクフルトはハラーがまだ怪我から復帰せず、2トップ...

続きを見る

「これからのマンUを背負って立つ22歳の新星現る」UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-バルセロナ

マンUはフォーメーション的には3-1-4-2だが、実質的には5-3-2の守備的な布陣で、2トップはラッシュフォードとルカク。バルサはいつもの4-3-3で3トップはコウチーニョ、スアレス、メッシという並...

続きを見る

「好調なチームにあって、早速アシストを記録した大迫の出番はあるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ 第28節 ボルシアMG-ブレーメン

現在5位とは言え、前節はデュッセルドルフに3失点を食らって敗戦、ヘッキング監督の今シーズンでの退任が報じられたボルシアMGと、大迫が欠場しながらもラシツァの台頭によって、ここ5試合で4勝13得点と好調...

続きを見る

「鎌田はドッピエッタ、関根も初めてチームで存在感を出すも、遠藤が負傷で退場」ベルギー・プロリーグ プレーオフ2 第3節 ウェステルロー-シント・トロイデン

プレーオフ2を連勝でスタートした好調同士の対戦。シント・トロイデンは2トップが木下と鎌田、インサイドハーフに遠藤、3バックの右に冨安と日本人4人が先発となった3-1-4-2、対するウェステルローは4-...

続きを見る

「恩師ハリルホジッチに、昌子はクリーンシートの恩返し」フランス・リーグアン第31節 トゥールーズ-ナント

2月にフランスカップで対戦した時には、ハリルホジッチ率いるナントに0-2で敗戦を喫してしまったトゥールーズ。今度はリーグ戦で、15位のナントと14位のトゥールーズという残留争い直接対決で再び顔を合わせ...

続きを見る

「伊東は普通に戦力化、守備が緩いチームの中でしっかり立場を作っている」ベルギー・プロリーグ・プレーオフ1第3節 ゲンク-ゲントルト

プレーオフ出場ながら、ここのところ連敗を喫しているヘントが、伊東を擁するゲンクに乗り込んでのプレーオフ1の第3節。ゲンクは4-2-3-1のフォーメーションで伊東は右SHで先発、ヘントは4-1-4-1で...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑