「強豪レバークーゼン相手に大健闘、遠藤のCB起用は正解だったのか?」DFBポカール ベスト16 レバークーゼン-シュツットガルト

スポンサードリンク

現在ドイツ2部で首位から勝ち点3差の3位に付けているシュツットガルトは、ポカールの3回戦で1部で5位の強豪レバークーゼンと対戦。遠藤はボランチではなく、何と4-3-3の左CBとして先発していた。

シュツットガルトは2部だけども、華麗なパスワークこそ無いものの、各選手がしっかりボールを運んでフリーの選手に繋ぐ意識があって、シュツットガルトに押されながらもしっかりビルドアップする力を持っている。

遠藤がその中心にいるのは確かで、ボールを持ったら常にパスコースを探して積極的に縦パスを供給、前半10分に見せたようにパスカットからそのままドリブルで持ち上がる積極性を見せる。

しかし攻撃は2部の悲しさ、試合開始早々にレバークーゼンDFラインに出来たスペースを突いてど真ん中でフリーになるも、中途半端なループシュートが大きく外れて決められないなど、決定機は何度かあったが単純なミスでものに出来ず。後半3分にもゴンサレスが完全にDFラインを抜け出してGKと1対1もあっさりセーブされる。

後半も15分を過ぎるとシュツットガルトのプレッシングの勢いが落ち、レバークーゼンがボールを一方的に支配する展開になる。それでもオフサイドなどで何とかピンチは切り抜けていたが、後半26分にCKをシュツットガルトGKブレッドロウがパンチング、しかし上手くヒットせずボールは自陣ゴールに吸い込まれてしまう。

シュツットガルトは遠藤の一発のロングパスから何とか打開しようとするが、そう簡単に上手く行くはずもなく。38分にはベララビにカットインからミドルシュートを食らい、GKが何とか弾いたがこぼれ球をアラリオに押し込まれ2点目。

シュツットガルトはその直後に左からのクロスをファーから飛び込んだワマンギトゥカが鮮やかにボレーを決め、ロスタイムにはカウンターからフォラントが完全にフリーでクロスを合わせたが決められず、試合はそのまま2-1で終了。レバークーゼンがベスト8へ進出した。

遠藤はサイドやボランチへのミドルパスでビルドアップの中心になっていたし、ラインを高く保つことに貢献はしていたけど、やはり相手に押し込まれてしまうと、PA内でのカバーリングやセットプレイでの高さ勝負では本職のCBと比較すると厳しい。今回のCB起用は一時的な策らしいが、代表でも守備的ボランチは不足しているので、是非アンカーで活躍して欲しいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「ホランド出し惜しみのドルトムントに大迫が決勝アシスト、今度こそ復活か?」DFBポカール ベスト16 ブレーメン-ドルトムント

冬の移籍マーケットでザルツブルクから南野のチームメイトだったホランドを獲得、いきなり得点を量産して乗りに乗っているドルトムント。しかしDFBポカールのベスト16ブレーメン戦では、ローテーションでホラン...

続きを見る

「チームプレイを放棄したマジョルカ、久保は結果で居場所を作るしか無い」スペイン・リーガエスパニョーラ第22節 マジョルカ-バジャドリード

最近はとにかくフィジカルで押しまくるスタイルに変更したおかげで、先発から外れてしまった久保。バジャドリード戦もベンチスタートで、後半14分からようやく登場。例によって時系列で久保が絡んだシーンを列記。...

続きを見る

「いきなりの神業トラップとPKゲットで魅せた乾、ただ肝心の1点が足りなかった」スペイン・リーガエスパニョーラ第22節 エイバル-ベティス

アトレティコ相手に金星を挙げ、セルタに引き分けと調子を取り戻しつつあるエイバルは、レギュラーCBが故障して苦しい陣容。今節は乾の古巣であるベティスをホームに迎えての対戦。乾はこの試合も4-2-3-1の...

続きを見る

「南野は10分間の出場で絶好機を外すが、着実に歩みは進めている」イングランド・プレミアリーグ第25節 リバプール-サウサンプトン

昨日はとある事情で24枚の書類に署名をして複数のハンコを押しまくる仕事をこなしたので、リバプールの試合については南野が出場した時間のみのレポートで。 南野が出場したのは後半36分、ワイナルドゥム...

続きを見る

「怪我明けの鎌田は機能せず、しかしいなくなったらチームはさらに機能せず」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 デュッセルドルフ-フランクフルト

ウィンターブレイク明けから戦術を4バックに変更したために長谷部がベンチに回り、鎌田も怪我で欠場の間にチームは2連勝と結果を出している中、鎌田にとっては大事な復帰戦、4-2-3-1のフォーメーションでト...

続きを見る

「香川が無双したのは本物のレアル・マドリー?」コパ・デル・レイ 4回戦 レアル・サラゴサ-レアル・マドリー

コパ・デル・レイの4回戦、レアル・マドリー戦で先発した香川が久々に躍動したプレイを見せたという評判だったので、DAZNで試合を見てみる事にした。 サラゴサのフォーメーションは4-4-1-1で、香...

続きを見る

田嶋会長ご自慢の「ジャパンズウェイ」、東京五輪の鍵を握るのは横内コーチ?

2020/01/30 | 日本代表

AFC U-23選手権でグループリーグ敗退という屈辱を受けて、ようやく協会の御用メディアであるスポーツ新聞からも批判の声が上がり始めた森保ジャパン。 日本サッカー協会の会長選で単独候補となり、各...

続きを見る

「香川の轍を踏まずに、南野が筋肉を増やす事は可能なのだろうか」FAカップ 4回戦  シュルーズベリー・タウン-リバプール

絶賛過密日程中のリバプールは、リーグのウルブズ戦から全員メンバーを交代、若手とベンチ主体のスタメンとなった。南野は4-3-3の1トップの位置、いわゆるゼロトップの役割で先発、シャドーにはオリジとエリオ...

続きを見る

「鈴木は先制ゴールも、驚異のアシストマシーンの影に隠れる」ベルギー・プロリーグ第23節 ムスクロン-シント・トロイデン

ウィンターブレイク中にエースのボリをカタールに売却、監督も交代という博打に出たシント・トロイデンだったが、上手いことチームの作り変えに成功、再開後の初戦はコルトレイクにクリーンシートで勝利のりスタート...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑