「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

スポンサードリンク

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦目は上位につけるフライブルクとの試合。大迫はレバークーゼン戦に続いてベンチスタート。

まず前半18分にブレーメンは押される展開からカウンターのチャンスを得ると、前線右へと抜け出しだビッテンコートがゴール左隅に完璧なシュートを決めて先制する。

その後はブレーメンが4-4-2のフォーメーションを取るフライブルクに対し、4バックはほぼ自陣で壁を作り、中盤はマンマークでボールを追いかけ回す受け身の守備に終始、ブレーメンは相手に主導権を一方的に握られながらも何とか無失点で折り返す。

後半も一進一退の攻防が続いていたが、10分過ぎからブレーメンのプレスに遅れが見え始め、16分にはへフラーが強烈なシュートを放つもブレーメンGKパブレンカがかろうじて弾いたところで、大迫とバーテルスが投入。

大迫は4-3-3の1トップの位置に入り、後半25分にはCKからの折返しに頭で合わせるが浮いてしまう。その後はフライブルクのペースが続き、後半37分にはゼルケが1トップに入って大迫は右シャドーの位置に下がる。

ロスタイムにはCKからのこぼれ球をPA内からシュートされる決定機を作られたが、これもパブレンカがファインセーブ、ブレーメンは残留の可能性を繋ぐ大きな勝ち点3をアウェイでゲットした。

今のブレーメンの戦略的に、後ろをしっかり固めて1トップは高さと強さで時間を作る役割を求められているので、このポジションで大迫を起用してもメリットが薄い。しばらくはシャドーや場合によってはインサイドハーフで汚れ仕事をやるしか無さそうだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

2020/05/25 | 天皇杯

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシー、中盤に平野と望月、ウリダ、山口素弘を配した4-4-1-1、対するトムソン監督の広島は1トップに高橋泰、シャドーに服部公太と藤本...

続きを見る

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

2020/05/23 | Jリーグ

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に就く事が決定しました。ようやく日常が戻ることにホッとはしましたが、お気楽なテレワーク稼業が無くなってしまうのも少し寂しい気がします...

続きを見る

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

2020/05/21 | Jリーグ

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見通しになって来ましたが、そろそろ開催への動きが本格化しているJリーグにとって、一見地味だけど極めて大きなニュースが飛び込んで来まし...

続きを見る

「長谷部がいないとソーシャルディスタンスなフランクフルト」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ボルシアMG

DAZNじゃなくてスカパーなのに、出演者のスケジュール調整が間に合わなかったのか、英語実況のままで放送されてしまったフランクフルト対ボルシアMGの試合。 ホームのフランクフルトは、ドストの1トッ...

続きを見る

「欧州サッカーの再スタートは、怪物くんの静かなゴールで封切られる」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 ボルシア・ドルトムント-シャルケ04

まだドイツにおける新型コロナウイルス感染者、死亡者が完全に収まりきらない中で、見切り発車的に10週間ぶりの再開となったドイツ・ブンデスリーガ。 その皮切りとなったのが、ジグナル・イドゥナ・パルク...

続きを見る

ブンデスリーガが今日から再開、”サッカーのある日常”がようやく戻って来る

日本のJリーグは、まだ再開へのロードマップが明らかになっていない状態ですが、欧州では早くもサッカーリーグについての動きが見えて来ています。 まず、残りのリーグ戦を打ち切ってしまったのがオランダと...

続きを見る

「今は絶滅してしまった、ファンタジスタの華麗な共演」2002-03シーズン チャンピオンズリーグ準決勝 第2レグ ユヴェントス-レアル・マドリー

サンチャゴ・ベルナベウでの第1戦を2-1で終え、レアルがリードした状態で迎えたデッレ・アルピでの第2戦。 リッピ監督率いるユーベは、ブッフォン、テュラム、ダービッツ、ネドベド、デルピエロ、トレゼ...

続きを見る

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

2020/05/12 | Jリーグ

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本平スタジアムで行われたJリーグチャンピオンシップの第2戦、静岡ダービー。当時の現地はそれはそれは凄い盛り上がりだったそうな。 ...

続きを見る

「ギグスとベッカム、ファーガソン第1次黄金期を作った攻撃の万能性」1998-99シーズン イングランド・プレミアリーグ最終節 マンチェスター・ユナイテッド-トットナム・ホットスパー

首位のマンUが2位のアーセナルに対して勝ち点1、得失点差も1という状況で迎えた、プレミアリーグ最終節。対戦相手はスパーズだったが、マンUに勝つとライバルのアーセナルを優勝させてしまうかもしれないという...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑