「今期こそレアルはベイルのチームになるかと思ったら、とんでもないライバルが出現」インターナショナル・チャンピオンズカップ レアル・マドリー-ユベントス

スポンサードリンク

ちょっとJリーグを見るのも飽きてきたので、昨日はDAZNで放映されているプレシーズンマッチ、インターナショナル・チャンピオンズカップの中から、クリスティアーノ・ロナウドの移籍元と移籍先になるレアル対ユベントスの試合を観戦。

とは言え、クリロナ自体はまだチームに合流したところでベンチ外。レアルはクロースがアンカー、ベンゼマの1トップにイスコとセベイルの2列目が並ぶ4-3-3で、ユベントスはファヴァッリの1トップに、2列目がカンセロ、マルキジオ、ケディラ、ベルナルデスキが並ぶ4-1-4-1の形。

ジダン監督時代のレアルは、比較的長めのボールを多用するカウンター志向のスタイルだったのだが、この試合ではマルセロが出ていないせいもあるが、全体的にアンカーのクロースを中心にしたショートパスによるポゼッションスタイルのサッカーをやっており、ロペテギ新監督のコンセプトが垣間見える。

そうなると、狭い場所でプレイできるイスコにボールが集まり、ベンゼマもユーベDFに囲まれながらもきっちりボールをキープと持ち味を出している反面、逆サイドのベイルは中に絞ったトップ下の位置で埋もれてしまい、バイタルでショートパスを繋いだ挙げ句に、結局はマルセロのように右に開いたカルバハルがクロスを出していて、やっぱりジダンカラーが拭いきれていない様子。

試合は前半2分、左サイドでフリーになっていたカンセロに展開するとダイレクトでクロス、これがカルバハルの足に当たってオウンゴールとなり、ユーベが先制点をゲットする。そこからはユーベが自陣の低い位置に9人のゾーンを引いて守る展開に。

しかし前半38分、ユーベのクリアミスを拾ったところから、それまでは試合の流れから消えていたベイルにセバージョスからボールが繋がり、すぐにPAの外側から左足を一閃、これが見事に決まってレアルが同点に追いつき前半を終了する。

後半からレアルはクロース、イスコ、ベイルが下がってテストモードと思いきや、2分にカウンターからアセンシオがヴィニシウスにパス、折返しをもらったアセンシオが決めてレアル2点目。さらに10分、右からパスを受けたアセンシオが絶妙なトラップで相手を外して押し込み3点目。

4-1-4-1の時には全く前線で基点が作れなかったユーベだが、ファジョーリとベルナルデスキがFWに並んだ4-4-2に変更してからはカウンターの形ができるようになり、セットプレイからキエッリーニがど真ん中でフリーになったが枠へ飛ばせず。同じくセットプレイでベルナルデスキ、ルガーニにチャンスがあったが決められず、結局3-1で試合終了。

それにしても驚いたのは18歳のヴィニシウスで、まさにプレイはニュー・ネイマールという感じ。スピードがありながらドリブルが足から離れず、ザクッと深いシザースで相手を置き去りと、間違いなくワールドクラスのタレントである。今期はクリロナが抜けてベイルのチームになるかと思ったのだが、彼をすっ飛ばしてヴィニシウスとアセンシオのチームになってしまうかもしれない。逆に、数年前は天才ともてはやされたウーデゴールはほとんど目立てず、またレンタルになってしまいそう。

ユーベについては、ベルナルデスキとカンセロはタレントだけど、あとはレアルに比べると控えの選手層は全体的に見劣りがする。アッレグリは全員に守備を要求する監督だけに、ここにクリロナとディバラ、マンジュキッチのスタメン攻撃陣が加わって、どういう形で攻守のバランスを取るのか注目されるところだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

遠藤航がデビューしてわずか2分後に初ゴール、一方ベティスでは乾が”新しい香川”とのコンビが生まれそう?

朝起きてみると、Twitterのサッカークラスタではシント=トロイデンに移籍した遠藤航選手が、公式戦デビュー後わずか2分で初ゴールを挙げた話題一色になってましたね。 Japanse debuta...

続きを見る

「日本の夏場に無謀なハイラインをやるならば、無謀に見合う選手が必要」J2第27節 ジェフ千葉-松本山雅FC

2018/08/05 | Jリーグ

松本山雅さんからお花が届きます。毎年毎年。あれから7年。想って頂けます事、当たり前の事ではありません。毎年月並みな言葉になりますが感謝という言葉しかありません。本当に本当にありがとうございます。&md...

続きを見る

「ワールドカップ落選メンバー同士のマッチアップは、思わぬ一方的な勝敗に」J1第19節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

2018/08/03 | Jリーグ

ワールドカップ期間の中断後は、公式戦4試合で3勝1分の無敗と、いよいよオリヴェイラ監督の本領発揮となりつつある浦和と、リーグ3位と今期も好調なスタートを切っている川崎の対戦。レッズのフォーメーションは...

続きを見る

「W杯に出場経験がある監督同士の対戦、しかし最も目立ったのは現役W杯選手」J1第19節 ジュビロ磐田-ガンバ大阪

2018/08/02 | Jリーグ

昨日はJ1のミッドウィーク開催があり、前節もガンバの試合を見たのだが、今節はジュビロの名波監督という、ともに選手としてワールドカップに出場した経験がある監督同士の対戦が気になったので、この試合をDAZ...

続きを見る

「既に見た目がオッサンな堂安、ポジションもオッサン化が進行中?」トレーニングマッチ フローニンゲン-ブレーメン

昨日はDAZNでやっていた、堂安律が所属するフローニンゲンと大迫が加入したブレーメンとのトレーニングマッチ。ただし大迫は同じ日に入団会見をしたのでまだこの試合には出場していない。 フローニンゲン...

続きを見る

「初陣から、いきなりツネ様の戦術マジックが炸裂した?」J1第18節 ガンバ大阪-鹿島アントラーズ

2018/07/31 | Jリーグ

今年もツール・ド・フランスの夏休みが終わり、今日からまたサッカーメインのブログとして再スタート。まずは足慣らしとして、監督選びと選手補強のダブルで失敗した強化部の大失態を全て押し付けられた形になった、...

続きを見る

「イギリス国旗がはためく中、勝者ゲラント・トーマスはウェールズ国旗に身を包んだ」ツール・ド・フランス2018 第21ステージ

2018/07/30 | 自転車

今年は序盤がワールドカップと重なったせいか、あまり長さを感じずに最終日まで来てしまった感があるツール・ド・フランス。 いつものように、シャンゼリゼ周回コースに入るまでは全編パレードラン状態で、例...

続きを見る

「”遅れない男”ゲラント・トーマス優勝を決め、フルームは意地の表彰台」ツール・ド・フランス2018 第20ステージ

2018/07/29 | 自転車

パリ・シャンゼリゼでゴールする今日の最終ステージは、総合争いは行わないという不文律があるため、この第20ステージの個人タイムトライアルが事実上の最終決戦。 距離は31kmと短いながらバスク地方特...

続きを見る

「元スキージャンパーはピレネーの下りでもジャンプする」ツール・ド・フランス2018 第19ステージ

2018/07/28 | 自転車

第20ステージが個人タイムトライアルであるため、チームとして戦える最後の決戦となった第19ステージは、ピレネー山脈伝統の峠がすし詰めで、1級山岳のアスパン、超級山岳のトゥールマレー、2級のボルデレ峠を...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑