「自慢の攻撃陣が行方不明でボコボコのフランクフルト、長谷部が必死に整え勝ち点1」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ライプツィヒ-フランクフルト

スポンサードリンク

現在リーグ4位のライプツィヒと、勝ち点差は5と開いているが5位に付けているフランクフルトとの直接対決。フランクフルトはアウェイだが、チャンピオンズリーグを狙うためには負けると相当厳しくなるシックスポインター。

ライプツィヒはいつもの4バックではなく3-1-4-2のフォーメーションで臨み、フランクフルトはドルトムント戦と同じメンバーの3-4-1-2。長谷部はもちろんリベロでスタメン、アブラアムが怪我でヒンテレッガーを右CBで引き続き起用。

試合はどちらもコンパクトな守備から、ボールを奪うとすぐに前線へとボールを運ぶ意識が強く、非常に目まぐるしい展開で始まる。が、フランクフルトは前線の3人へアバウトに蹴る形ばかりで、3バックとアンカーで数的優位を保つライプツィヒの守備を敗れず、逆にライプツィヒはWBを基点に使ってスムーズなカウンターを見せている。

前半15分頃からはライプツィヒがセカンドボールを支配、サイドから連続攻撃を仕掛けられると、長谷部の対応もカバーしきれずPA内に何度もボールを運ばれるが、フランクフルト守備陣の体を張った粘りで得点を許さない。

後半になるとホームのライプツィヒがさらにアクセルを踏み込み、5分には右サイドからのアーリークロスをハルステンベルクがGKよりも先に触ってヘディング、ギリギリ枠外という決定機を作る。7分にはカウンターからスルーパスも長谷部が間一髪でカバーする。8分にもPA内サイドからの折返しを長谷部が何とかカット。

フランクフルトはせっかくボールを奪っても、前線の3人にボールを受ける動きが無くてマークで消され、中盤からのつなぎであっさりミスになる事が多く、ずっと守備に戻るターンが続いて守備陣にとっては息をつく暇も無い苦しい展開。

後半15分にもセットプレイから連続して決定的なシーンを作られてしまうと、21分にはザビッツァーのミドルがポストに当たってGKトラップの体に当たり、ヴェルナーがこぼれ球に詰めるもトラップがかろうじて手に当て、何とか失点を免れる。

ずっとチャンスが作れなかったフランクフルトは、後半42分にカウンターからヴィレムスのスルーパスからガチノヴィッチが抜け出してシュートもサイドネット。その後は特に動きはなく、結局スコアレスドローで試合終了。

時々ハラーが孤軍奮闘でボールをキープしていた以外は、ヨヴィッチもレビッチもいったいどこにいたのというぐらい、フランクフルトご自慢の3トップが完全に消され、全く仕事が出来なかったことを考えると、勝ち点1を取れた事は非常にラッキーだった。

ライプツィヒが攻守両面、チーム全体で戦術がデザインされているのに対し、フランクフルトは攻撃は前線3人の個人能力頼み、守備は長谷部のラインコントロールと読み頼みである事が露呈してしまった感がある。ヨーロッパリーグ優勝やチャンピオンズリーグ出場権を狙うのであれば、この試合を糧にしてもう一段のレベルアップをしないとね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「木下康介、ヒールキックが相手と自分に当たるラッキーな決勝ゴールデビュー!」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-ワースランド・べフェレン

アジアカップから戻った冨安は当然のようにスタメンに復帰したが、シント・トロイデンはこれまでの3-1-4-2をやめて、冨安とテイシェイラが2CBで入り、アサモアがアンカー、インサイドハーフに鎌田とデサー...

続きを見る

「バロテッリはどこに行ってもやっぱりバロテッリ」フランス・リーグアン第24節 ディジョン-マルセイユ

マルセイユは酒井がアジアカップから復帰しての2戦目。1トップにバロテッリ、2列目がオカンポス、トヴァン、サール、ボランチにはいつの間にかストロートマンが加わっていてちょっとビックリ。酒井は右SBでこの...

続きを見る

「シント・トロイデンの経営を牛耳る黒幕は誰?」スカパー・FTLにシント・トロイデンの会長が出演

昨日は、スカパーのフットボールタイムライン#17に、日本人選手6人を獲得してベルギーリーグ1部で健闘している、シント・トロイデンの会長を勤めている村中悠介氏が登場していたらしいので、再放送を見てみる事...

続きを見る

「バロテッリ、トヴァン、パイェ、サポーター、相手選手と次々に人が消えて行く怪試合」フランス・リーグアン第18節 マルセイユ-ボルドー

フランスで繰り広げられている反政府デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」の影響で順延になっていた第18節延期分のボルドー戦。しかし第22節でマルセイユサポーターがピッチに爆竹を投げ込んだとの事で、ベロ...

続きを見る

「森保ジャパンのカタール戦と同じ、エメリ監督の戦術的な自滅」イングランド・プレミアリーグ第25節 マンチェスター・シティ-アーセナル

現在、リバプールが首位に立っているイングランド・プレミアリーグ。先週は、2位にマンチェスター・シティと、シティに7差で4位につけているアーセナルとの試合を観戦。 シティのフォーメーションは4...

続きを見る

「鎌田よりも豊川のほうが大迫の代役にふさわしい理由」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第24節 オイペン-シント・トロイデン

2/4に行われたベルギーリーグの第24節。アジアカップ組はまだチームに帯同しておらず、冨安は休み、遠藤も怪我のシント・トロイデンは、日本人選手のスタメンは鎌田のみ。フォーメーションは2トップの左に鎌田...

続きを見る

「香川が3分間2ゴールの衝撃デビュー、しかし喜んでいられないチームの現状」トルコ・スュペル・リグ第20節 アンタルヤスポル-ベジクタシュ

移籍直後のアンタルヤスポル戦で、後半36分に早速デビューするや否や、わずか3分間で2ゴールを奪ってしまった香川。公式Twitterには、ベジクタシュサポから1500件近いコメントが寄せられる凄まじい事...

続きを見る

「トルコリーグのデビュー戦で2ゴールを挙げた香川が、ドルトムントで干される理由」ドイツ・ブンデスリーガ

トルコのベジクタシュに移籍した香川が、昨晩のデビュー戦でいきなり2ゴールを挙げる衝撃のデビューを飾ったようだが、昨日はその香川が干されているドルトムントとフランクフルトの試合を観戦。 フランクフ...

続きを見る

「出場が危惧されていた昌子、普通にスタメンCBでチームに馴染む」フランス・リーグアン第22節 トゥールーズ-アンジェ

今期はどこも放送が無かったフランス・リーグアンだが、先日ようやくDAZNでの放送が始まったので、月曜日の試合だが昌子が移籍したトゥールーズとアンジェの試合を見てみた。 移籍前は、なかなか試合に出...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑