「久保の終盤はまさかの左SB、これもある意味勉強と経験と割り切らねば」スペイン・リーガエスパニョーラ第8節 マジョルカ-エスパニョール

スポンサードリンク

久保が3試合ぶりのベンチスタートとなった、残留争いのライバルであるエスパニョールとの試合。試合はマジョルカが前半37分にクロスからブディミルが合わせたゴールで先制。後半12分に久保を投入した。

マジョルカのフォーメーションは4-4-1-1で、守備時には4バックがPAの幅から外に広がらず、サイドのスペースはSHが戻って6バックのような形になるので、ほとんどボランチの高さまで下がっている。

すると後半27分に右サイドで久保が絡み、センターにこぼれたボールをエスパニョールがクリアミス、走り込んだサルバ・セビージャが叩き込んで2点目。

その後は久保が左サイドでダブルタッチ気味にボールをキープするシーンで観客をわかせたが、攻撃での見せ場はそれぐらい。後はほとんど6バック状態で、久保は完全にSBの位置でスペースを埋めながら、3分のロスタイムを消化し試合終了。

これでマジョルカは3連敗からの勝利で、エスパニョールを准胝逆転し勝ち点7の18位に浮上。まだ降格圏ながら、12位のヘタフェとは勝ち点3差の位置まで上がる事になった。

久保については、攻撃面ではほぼ見せ場無しではあったが、ほぼSBにようになりながら守備のタスクをしっかりこなしてクリーンシートで試合を終えるというミッションはクリアしたので、これはこれで良かったのではないだろうか。

残留争いをしているチームは、まず守備が出来なければ使ってもらえないのは、柴崎や宇佐美らが苦労したのを見ても明らか。まずはチームとして遂行しているサッカーをきちんと表現し、その上で自分のカラーを発揮できるようにして行く必要がある。これもまた久保にとっては勉強と経験だ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「文字通り孤軍奮闘の冨安、味方にハブられた鬱憤は代表で晴らすしか無い?」イタリア・セリエA第7節 ボローニャ-ラツィオ

ここ3試合は1分2敗と得点力不足で波に乗れないボローニャは、今節は白血病で入院中のミハイロビッチ監督がベンチ入りして檄を飛ばしに来た。対戦相手はミハイロビッチの古巣であるラツィオで、監督は同僚だったシ...

続きを見る

「どっちがマンUの選手か分からないぐらい、存在感が際立った菅原」UEFAヨーロッパリーグ グループL AZ-マンチェスター・ユナイテッド

8月にAZのホームであるAFASスタディオンの屋根が強風により一部崩壊した影響で、ADOデン・ハーグ本拠地のカーズ・ジーンズ・スタディオンに場所を移して行われたヨーロッパリーグのマンチェスター・ユナイ...

続きを見る

「ファンボメル監督の評価を一変させる、堂安の自己アピール術」UEFAヨーロッパリーグ グループD ローゼンボリ-PSV

オランダ・エールディビジの試合をCSフジテレビが独占してしまったために、PSVでの堂安の試合を見るのが初めてとなったヨーロッパリーグのローゼンボリ戦。どちらもフォーメーションは4-3-3で、堂安は右の...

続きを見る

「1G1Aで大活躍の南野、これで本当にビッグクラブ一直線なのか?」UEFAチャンピオンズリーグ グループE リバプール-ザルツブルク

ザルツブルクは4-4-1-1で南野は右SHで先発、対するリバプールはフィルミーノとマネ、サラーを前線に揃えた4-3-2-1のフォーメーション。 前半の3分に南野が思い切ったミドルシュートを放った...

続きを見る

「試合を見てみたいのは当然アッチのほう」アジア2次予選 モンゴル・タジキスタン戦 日本代表メンバー発表!

2019/10/03 | 日本代表

ここ最近は特に仕事が忙しく、いつも以上にすっかり忘れていたのですが、アジア2次予選に臨む代表メンバーが発表になってますな。 アジア2次予選 モンゴル・タジキスタン戦 日本代表 GK ...

続きを見る

「カンナバーロ監督、相手を恐れすぎてアウェイゴールを取れず浦和に完敗」ACL準決勝 第1レグ 浦和レッズ-広州恒大

今日は珍しく、いつものCS放送じゃなくてBSでACLの浦和対広州の試合をやっていたので、これ幸いと録画観戦。 広州の監督は、あのW杯優勝メンバーのCBだったファビオ・カンナバーロで、イタリア人監...

続きを見る

「前半は今までの中島、後半は新しい中島、果たしてコンセイソン監督の選択は?」ポルトガル・プリメイラリーガ第7節 リオ・アヴェ-ポルト

先日行われた、リーグカップのサンタ・クララ戦でアシストを決めた活躍が認められ、リーグ戦の初先発を勝ち取った中島。フォーメーションは4-4-2の左SHで先発、対するリオ・アヴェも4-4-2のマッチアップ...

続きを見る

「リンブルク・ダービーはサポーターも試合も両チーム大荒れの結末」ベルギー・プロリーグ第9節 シント・トロイデン-ゲンク

シント・トロイデンのホームにゲンクを迎えた「リンブルク・ダービー」。日本人選手では伊東とシュミット・ダニエルが先発、鈴木優磨と伊藤達也はベンチスタート。 試合は序盤からゲンクがシント・トロイデン...

続きを見る

「チームは勝利したが、先発だと存在が消えてしまう鎌田は代表に復帰できるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 ウニオン・ベルリン-フランクフルト

ブンデスリーガ1部に初昇格したクラブなのに、いきなりドルトムントに勝った事で一躍台風の目扱いされるようになったウニオン・ベルリンだが、その後は退場者を毎回出す試合が続いて現在は14位。そして今節はホー...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑