「ゾーンの5バックだけでは勝ち切ることは難しい」全国高校選手権 準決勝 前橋育英-佐野日大

スポンサードリンク

割りとコンベンショナルな4バックを採用する事が多い高校年代において、ある意味最新トレンドとも言える5バックを駆使して勝ち上がってきた佐野日大。

それが強豪の前橋育英に対してどういうサッカーを見せるのかに注目して試合を見てみたのだけど、結果こそ1-0の最小得点差ではあったが、正直なところ内容的には埋めがたい差があったなという印象。

佐野日大の5バックは5-4-1で2ラインのゾーンを作る守備戦術。1トップと5バックの場合は、ボールの出しどころにプレッシャーをかけられないので、5バックが縦パスに対して厳しいマークに行く必要があるのだが、佐野日大の守り方はゾーン寄りで、WBも比較的中に絞って中央に壁を作る形だったので、序盤からかなりサイドを攻められる展開になっていた。

ただ前橋育英も数え切れないぐらいにクロスは上げていたが、中央をぎっちり固める佐野日大の前になかなか得点できず、28分にGK月田がかろうじてセーブしたものの、佐野日大の長崎に天才的なトラップから決定的なシュートを打たれて冷や汗をかくシーンも。

しかしその直後に、相手の厳しいマークを受けていた1トップの人見を囮に使って飯島が飛び出し、マイナスの折り返しを高沢がきっちり決めてようやく前橋育英が先制する。

前半は5バックの両サイドがほとんど上がらず、ボールを奪っても適当に前へと蹴り出すだけだった佐野日大だったが、後半になるとようやくボールと逆サイドのWBが上がって4バックに近い形になる事が増え、サイドで基点を作れるようになるが、15分に佐野日大はショートカウンターから長崎がドリブルからシュートを狙うもDFに阻まれて得点できず。

その後は、佐野日大のプレススピードが落ちて前橋育英の攻撃に対して後追い守備になってしまう場面が増え、前橋育英に何度も追加点で突き放せるチャンスはあったのだがやはり決められず、後半終了間際に佐野日大がカウンターからクロスを上げる場面はあったがラインを割ってしまい、試合はそのまま1-0で終了。前橋育英が順当に決勝へと駒を進めた。

今日の決勝は青森山田と前橋育英というカードになった。前橋育英はこの試合を見ても自分たちがボールを持つより、人見をポストに使ったカウンターのほうが得意だろうから、青森山田が優位に試合を進めるとは思うが、前橋育英が先制点を奪うと面白い展開になるかもしれない。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「戦術的な幅で、東福岡よりも一枚上手だった青森山田」全国高校選手権 準決勝 青森山田-東海大仰星

東福岡を1-0で破った試合を見て、東海大仰星は高円宮杯王者である青森山田に対しても良い試合をするのではないかと思ったが、その予想通りの熱い展開になった試合だった。 青森山田のフォーメーションは東福岡...

続きを見る

「戦術の狙いがあまりに中途半端だった東福岡」全国高校選手権 準々決勝 東福岡-東海大仰星

今大会で東海大仰星の試合を2つ見て、これは決してフロックの実力じゃないから東福岡にも良い試合が出来るんじゃないかとは思ったのだが、まさか勝ってしまうとは驚いたね。 試合はもちろん、序盤からというか最...

続きを見る

「日本のユースらしい弱点を露呈してしまった滝川第二」全国高校選手権 準々決勝 滝川第二-前橋育英

ここまで3試合で13得点と圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた滝川第二と、優勝候補だった市立船橋を破って無失点で勝ち上がった前橋育英との対戦になった準々決勝。 試合の序盤は、コンパクトなゾーン・ディフェン...

続きを見る

「普通のチーム、普通の監督になってしまったシティとグアルディオラ」イングランド・プレミアリーグ第19節 リバプール-マンチェスター・シティ

クリスマスも年末年始も関係なく続くプレミアリーグは、選手たちには大変だろうがウインターブレイク中のサッカーファンにとっては非常にありがたい存在である。てなわけで、高校サッカーの試合が無かった昨日は、元...

続きを見る

「サイドを使えず、同じ土俵に引きずり込まれた富山第一」全国高校選手権 2回戦 東海大仰星-富山第一

2回戦から3回戦は中ゼロ日という相変わらず異様なスケジュールで行われている高校選手権。違うチームの対戦が見たかったんだけど、大阪の読売テレビでの放送という事で、2試合連続で東海大仰星の試合を見ることに...

続きを見る

「高校サッカーの”5分間”は、ここまで結果を大きく左右する」全国高校選手権 2回戦 鹿島学園-東海大仰星

元旦の天皇杯が終われば、高校選手権の季節がやって来る。と言う訳で、2回戦の鹿島学園対東海大仰星の試合を見てみた。 鹿島学園のフォーメーションは中盤ダイアモンドの4-4-2で、ビルドアップ時にはアンカ...

続きを見る

「通算19冠の鹿島、年間シルバー3冠の川崎との埋めがたい差」天皇杯 決勝 鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ

2017/01/01 | 天皇杯, 未分類

通算で18冠のタイトルを獲得し、今年のクラブW杯で準優勝という結果を出した鹿島と、今期はJリーグ年間2位をマークするも、未だタイトルを獲得できていない川崎フロンターレとの対戦になった、2017年元日の...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「イブラヒモビッチ・ミランを相手に過酷な開幕戦も、冨安自身はまずまずのスタート」イタリア・セリエA第1節 ミラン-ボローニャ

今シーズンからSBではなくCBとして起用されるようになった冨安。その相...

「乾は安定の乾ぶりで、久保は短い時間で見せ場を作る」スペイン・リーガエスパニョーラ第2節 ビジャレアル-エイバル

開幕戦をウエスカとドローに終わったビジャレアルは、第2節で同じくセルタ...

ツール・ド・フランス2020 第21ステージ

昨日の山岳個人タイムトライアルで、衝撃的な大逆転劇が起こった後のシャン...

ツール・ド・フランス2020 第19・20ステージ

第19ステージ 最終シャンゼリゼゴールステージ以外では、最後のポイン...

「9年ぶりPSG撃破に酒井が大きく貢献、しかし最後は5人退場の結末に」フランス・リーグアン第3節 パリ・サンジェルマン-オリンピック・マルセイユ

PSGはムバッペを含む7選手が新型コロナウイルスに感染、選手のやりくり...

→もっと見る

PAGE TOP ↑