「久保が受けたファールへの判定に、セビージャが切れてベンチから退場」リーガ・エスパニョーラ第26節 マジョルカ-ヘタフェ

スポンサードリンク

リーガでは4位とチャンピオンズリーグが狙える位置に付け、ヨーロッパリーグでもアヤックスを破ってベスト16へ進出しているヘタフェをホームに迎えたマジョルカ。前節で得点を決めた久保はこの試合も4-4-2の右SHで先発。

それにしても、ヘタフェのサッカーは聞きしに勝る”アンチ・リーガ”ぶりである。4-4-2のハイライン戦術なのだが、ゾーンから素早くボールを受ける選手にアタック、ファールを辞さない激しい当たりで相手の攻撃を寸断、その瞬間FWがいち早く動き出し、そこにロングボールを集める。

まあそれだけなら特に珍しいスタイルではないのだが、ヘタフェの場合はボールを奪われた瞬間に、ボールに近い選手が再びボールに食らいついて奪い返しに行く。このセカンドエフォートを誰一人サボらず徹底しているところに凄さがある。

ただ前半は、ヘタフェのインテンシティサッカーにマジョルカもしっかり対応、久保にボールが集まって得意のゴールライン際ドリブルから股抜きクロスや、アウトサイドでのスルーパスなど久保らしいテクニカルなプレイからチャンスは作ったのだが、ピッチが濡れていたせいもあるのか味方と合わず、シュートまで行けず。

後半もマジョルカは良いリズムの立ち上がりを見せたのだが、セビージャを下げてチャバリアをFWに入れた事でロングボールでの攻撃が多くなって中盤が間延びし始める。そして後半22分にクロスからフリーでマクシモビッチに決められヘタフェが先制。

失点後のマジョルカはさらにアバウトなロングボールを増えてしまい、久保は後ろのラインに引っ張られて前線との距離が遠くなり、徐々に存在感が薄まって行く。

そして試合終了間際の44分、FKから久保が左サイドでボールを受け、足で引っ掛けられてファールを受けたに見えたが、逆に倒れた久保がボールに触ったと見なされ、ヘタフェにFKが与えられる。これに抗議したサルバ・セビージャがベンチで2枚連続でイエローをもらう笑えない珍プレーで退場。マジョルカにとっては後味の悪い敗戦になってしまった。

久保にチームの信頼が集まりつつあり、SBのポゾが徐々にコンビネーションを見せている中で、次節はセビージャが出場停止なのは痛い。ブディミルの復帰でどこまで盛り返せるか、マジョルカにとっては正念場である。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「苦しい時間をプレイで牽引したからこその、得点というご褒美」スペイン・リーガエスパニョーラ第35節 マジョルカ-レバンテ

リーグ残り4試合で残留圏とは勝ち点6、ここで負けたらほぼ降格は確実にな...

記事を読む

「アトレティコ相手に久保無双、ヒメネスもコケもセグンダ扱い」スペイン・リーガエスパニョーラ第34節 アトレティコ・マドリー-マジョルカ

昨日はJリーグの試合を見た後だったので、主に久保を注目しながらのんびり...

記事を読む

「今回はメッシじゃなくてイニエスタだった久保、味方のケチャドバで大勝」スペイン・リーガエスパニョーラ第33節 マジョルカ-セルタ

再開後はまだ勝ち点1しか取れていないマジョルカに対し、セルタは前節であ...

記事を読む

「何も出来なかった半年前、今はレアルの守備を手玉に取るレベル」スペイン・リーガエスパニョーラ第31節 レアル・マドリー-マジョルカ

現在バルサを抑えて首位に立っているレアルと降格圏に沈むマジョルカという...

記事を読む

「マジョルカフロントの判断は、レアル戦で久保を使って金儲け?」スペイン・リーガエスパニョーラ第30節 マジョルカ-レガネス

残り9試合となったスペインリーグ。現在18位のマジョルカは、最下位のレ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑