「久保が受けたファールへの判定に、セビージャが切れてベンチから退場」リーガ・エスパニョーラ第26節 マジョルカ-ヘタフェ

スポンサードリンク

リーガでは4位とチャンピオンズリーグが狙える位置に付け、ヨーロッパリーグでもアヤックスを破ってベスト16へ進出しているヘタフェをホームに迎えたマジョルカ。前節で得点を決めた久保はこの試合も4-4-2の右SHで先発。

それにしても、ヘタフェのサッカーは聞きしに勝る”アンチ・リーガ”ぶりである。4-4-2のハイライン戦術なのだが、ゾーンから素早くボールを受ける選手にアタック、ファールを辞さない激しい当たりで相手の攻撃を寸断、その瞬間FWがいち早く動き出し、そこにロングボールを集める。

まあそれだけなら特に珍しいスタイルではないのだが、ヘタフェの場合はボールを奪われた瞬間に、ボールに近い選手が再びボールに食らいついて奪い返しに行く。このセカンドエフォートを誰一人サボらず徹底しているところに凄さがある。

ただ前半は、ヘタフェのインテンシティサッカーにマジョルカもしっかり対応、久保にボールが集まって得意のゴールライン際ドリブルから股抜きクロスや、アウトサイドでのスルーパスなど久保らしいテクニカルなプレイからチャンスは作ったのだが、ピッチが濡れていたせいもあるのか味方と合わず、シュートまで行けず。

後半もマジョルカは良いリズムの立ち上がりを見せたのだが、セビージャを下げてチャバリアをFWに入れた事でロングボールでの攻撃が多くなって中盤が間延びし始める。そして後半22分にクロスからフリーでマクシモビッチに決められヘタフェが先制。

失点後のマジョルカはさらにアバウトなロングボールを増えてしまい、久保は後ろのラインに引っ張られて前線との距離が遠くなり、徐々に存在感が薄まって行く。

そして試合終了間際の44分、FKから久保が左サイドでボールを受け、足で引っ掛けられてファールを受けたに見えたが、逆に倒れた久保がボールに触ったと見なされ、ヘタフェにFKが与えられる。これに抗議したサルバ・セビージャがベンチで2枚連続でイエローをもらう笑えない珍プレーで退場。マジョルカにとっては後味の悪い敗戦になってしまった。

久保にチームの信頼が集まりつつあり、SBのポゾが徐々にコンビネーションを見せている中で、次節はセビージャが出場停止なのは痛い。ブディミルの復帰でどこまで盛り返せるか、マジョルカにとっては正念場である。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑