「柴崎がテネリフェのアイドルになった理由は、香川以上の意外な”柔軟性”にあり」

スポンサードリンク

既にほとんどの欧州リーグがシーズンを終了しているのに、まだあと2節+昇格プレーオフが残っている過酷なスペイン2部。

現在4位と3~6位までのプレーオフ圏に入っているが、7位のウエスカとは勝ち点4差で負けられない試合が続くテネリフェは、アウェイで残留争いをしているアルコルコンと対戦。

とは言え、アルコルコンはここ3試合負け無しと好調で、この試合もゾーン・ディフェンスをベースにしながらもマンマーク指向が強い守備で、4-2-3-1のトップ下に入った柴崎も左右に大きく動いてみるのだが、相手にきっちりマークを受け渡しされ、中盤からのパスコースも切られてほとんどボールが出て来ない。

が、少ないプレイ機会でチャンスを作り出すのが柴崎で、10分にゴール前でボールを受けてから右に流れ、PA右側にいたアーロンにスパッとパスを通すと、アーロンがそのまま持ち込んでクロス、これをフリーになっていたロサノがヘディングで押し込みワンチャンスでテネリフェが先制点を挙げる。

その後も15分、18分とテネリフェは決定的な場面を作るのだが、アーロン、ティロネと外してしまって得点ならず。さらに28分には右サイドで柴崎が絶妙なタイミングでロサノの裏抜けにスルーパスを合わせるが、これもシュートまで持って行けない。ならば自分がと思ったのか(笑)、30分に右のニアゾーンへ走り込んだ柴崎にティロネからスルーパスが通り、柴崎はそのまま左足ダイレクトでシュートを放つと、ボールはGKの足元を抜けてゴールに飛び込み、柴崎はバースデイゴールである同時にスペインリーグ初となる得点を決めた。

しかしここからアルコルコンが猛反撃、活発なサイドアタックを中心にテネリフェを激しく攻め立てると、43分にはクロスから完全などフリーとなるヘッドを至近距離から打たれるが、テネリフェGKダニ・エルナンデスがスーパーセーブで防ぐと、ロスタイムの強烈なシュートもきっちりキャッチ、テネリフェはかろうじて無失点のまま前半を終える。

後半4分のオスカル・プラノが放った完璧なFKは、さすがにエルナンデスも止められず1点差に迫られたが、11分にCKで相手が競ったボールがフリックのような形になってティロネの前に落ち、ワントラップから放ったボレーが突き刺さってテネリフェが大きな3点目をゲット、アルコルコンに傾いた試合のペースを引き戻す。

このあたりから疲れが見え始め、プレイのインテンシティが落ちた柴崎は、23分にアマトが入った後は右SHに場所を移してボールを落ち着かせる役割を果たすと、35分にカミーユが2枚目のイエローで退場した直後に守備固めの選手と交代。その後はテネリフェが相手に押されながらも5分の長いロスタイムを消化、試合はそのまま3-1で終了した。

下位のウエスカ、バジャドリードが勝ったために順位と勝ち点差4は変わらないが、1試合を消化したので残り2試合。次のホーム戦は奇しくも鈴木大輔が所属するヒムナスティック・タラゴナとの日本人ダービー。ヒムナスティックも残留がかかっているだけに複雑ではあるが、試合は楽しみである。

柴崎はリーガ・エスパニョーラ2部第40節のMVP候補になるなど、世間からは絶賛の試合だったが、後半は疲れていたし個人的には凄く出来が良かったとは思えなかった。ただ、中盤で試合が作れないと裏抜けをしてみたり、守備でも激しいスライディングを見せるなど、現代のトップ下に求められる要件については、香川以上に理解してプレイに反映させているように思う。

チームに加入した当初は前線に蹴り込むだけだった退屈なサッカーを、柴崎が入ることでパスで繋ぐサッカーに変貌させたし、テネリフェとしては何としても柴崎との契約延長を望んでいる事は疑いない。そのためにも、何とかプレーオフで勝ち抜き、晴れて1部の選手として契約を結んでもらいたいものだ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「良くも悪くも集大成と言える内容、ドルトムントにトゥヘルの明日はあるのだろうか」DFBポカール決勝 フランクフルト-ボルシア・ドルトムント

昨日は恒例のイベントで朝から夜まで立ち続け、ヘロヘロ状態での観戦だったので簡単に。 結果的には本命のドルトムントが順当に優勝した試合ではあったのだが、実際はドルトムントの試合運びが非常に危なっか...

続きを見る

「大人のイタリアに頭を押さえつけられ、談合に同意させられた日本」U-20ワールドカップ グループD 日本-イタリア

2017/05/28 | ユース代表

いきなり試合開始3分に、左SBで先発した杉岡がラインを乱して先制点を決められ、7分にはFKに誰も集中しておらず裏へ抜け出され、そのままシュートを流し込まれて2点目を与えた時には、さすがにU-20代表も...

続きを見る

「”決勝マイスター”モウリーニョの完璧過ぎるゲームプラン」UEFAヨーロッパリーグ決勝 アヤックス-マンチェスター・ユナイテッド

ボールポゼッションが69%対31%、シュート数が17対7と聞けば、10人中9人は左側のチームが勝ったと思うだろう。しかし結果は右のマンチェスター・ユナイテッドが2-0で左のアヤックスに完勝してしまった...

続きを見る

2016-2017シーズン海外組通信簿(オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編)

欧州の主要リーグがほぼ終了に近づいて来たので、忘れないうちに恒例の海外組通信簿をスタートします。まずはオランダ、ベルギー、オーストリア、フランス編。 オランダ・エールディビジ 小林祐希 6 ...

続きを見る

「調子に乗ったハリルホジッチの大鉈炸裂、ところでベロエってどこ?」親善試合シリア戦、W杯最終予選イラク戦 日本代表メンバー発表!

2017/05/25 | 日本代表

U-20の試合にかまけてすっかり忘れていましたが、今日は最終予選イラク戦のメンバーが発表になってました。 GK 川島永嗣(FCメス) 東口順昭(G大阪) 中村航輔(柏) DF 酒井...

続きを見る

「苦悩する堂安が参考にすべき、右サイド本田のお手本プレイ」イタリア・セリエA第37節 ミラン-ボローニャ

今月末で解約予定だったケーブルテレビが、実はフジテレビOneも契約チャンネルに入っていた事に今さら気づき(笑)、昨日はリアルタイムでU-20ウルグアイ戦を観戦。 いつもなら後でもう1度試合を戦術...

続きを見る

「代償を払いながらも着実に成長の跡を見せた日本、しかし期待の堂安は乗り遅れる」U-20ワールドカップ グループD 日本-ウルグアイ

2017/05/24 | ユース代表

南米王者のウルグアイに対して、戦前の予想以上に日本は良く戦ったし、久保のシュートから堂安のヘディングという決定機を作り、終盤にはウルグアイを自陣に張り付かせるぐらいに押し込んだ。しかし結果は0-2の敗...

続きを見る

「おしどり夫婦のケルンと、仮面夫婦のマインツという大きな差」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ケルン-マインツ

33節終了時点では7位に位置し、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて絶対に勝ち点3が必要なケルンは、ホームでの最終節で既に残留を決定的にしているマインツと対戦。 ケルンのフォーメーションは、モデス...

続きを見る

「乾がカンプノウで2ゴールの伝説、しかしそれ以上に株を上げた選手がいた」スペイン・リーガエスパニョーラ第38節 バルセロナ-エイバル

各国の最終節が行われた先週末は、いろいろ見るべき試合が多くて迷ったんだけど、やはり岡崎も大絶賛するこの試合は外せないなと思ってまず観戦。 乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しな...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑