「フィクションでも書けない、3分間で直接FK2連発、ロスタイムに同点というジェットコースター」ロシアW杯欧州予選 グループF スコットランド-イングランド

2017/06/16 | ワールドカップ

スポンサードリンク

ロシアW杯欧州予選のグループFは、イングランドが順調に首位を快走する一方、スコットランドは4位で厳しい状況ではあるものの、「バトル・オブ・ブリテン」と称される強烈なライバル意識を持ったチーム同士の対戦にふさわしい、フィクションでもこんな展開は書けないだろうという、凄まじく劇的な結末になった。

イングランドはケインの1トップに、2列目がララーナ、アリ、ラッシュフォードを並べた4-2-3-1で、スコットランドは3-1-4-2で守備時には5バックでしっかり守る布陣で、試合は序盤こそホームのスコットランドが勢い良く前に出るサッカーを見せたものの、10分ほどで試合は落ち着きイングランドがボールを支配する展開に。

18分には浮き球のパスをケインが相手を交わすトラップからボレーを放つが上に外れ、29分にもケインとラッシュフォードがロングボールからの展開でシュートを狙い、40分にはララーナがPA内で切り替えしてからのシュートを放つが、スコットランドGKゴードンのセーブにあって得点ならず、スコアレスで前半を終了する。

後半も互いに単発のチャンスはあっても決めきれないまま、イングランドは後半20分にラッシュフォードに代えてチェンバレンを投入すると、この采配が的中した。その5分後に、右サイドからのスローインからパスを受けたチェンバレンがマークを交わして置き去りにすると、そのまま中へドリブルで持ち込み、コースは甘かったがGKゴードンの手を弾く強烈なシュートを叩き込んでイングランドが先制する。

その後もイングランドが立て続けに4本のシュートを放ち、もう試合はイングランドの勝利で決まりかなと思われたのだが、試合残り3分からとんでもないジェットコースターが始まる。まず後半42分にスコットランドのグリフィスがゴールまで約20mの直接FKをゴール右に叩き込んで同点に追いつくと、その3分後にもスコットランドがまたPAすぐ外でファールをゲットし、グリフィスが今度は左に直接FKを2連発で決めて何とスコットランドが逆転。

しかし試合はこれで終わらなかった、まだスタンドが逆転劇で沸き立っている状態のロスタイム3分に、イングランドは左サイドでパスを繋ぐと、最後はスターリングがアーリークロス、これをファーでフリーになっていたケインがボレーで叩き込み、またまた劇的な同点ゴールを決めて試合終了。このゴールシーンでスコットランドのストラカン監督が物を叩きつけたのも良く分かる結末だったね(笑)。

これでイングランドは新エースのケインがチームを救うゴールでグループ首位を守ったわけだが、一方今までのエースだったルーニーがベンチ外で、イングランドの前線が交代選手を含めても20台前半が並び、世代交代の波をひしひしと感じる試合だった。今までは期待を裏切り続けてきただけに、今度のロシアW杯ではイングランドが活躍する姿を見たいところだね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

固定リンク

「グリーズマンやポグバがパッとしなかったのは、久保や原口の不発と根っこは同じ」ロシアW杯欧州予選 グループA スウェーデン-フランス

2017/06/15 | ワールドカップ

昨日はさすがにイラク戦の低調な内容と結果にガックリ来てしまった1日だったけど、欧州予選で選手の質・量ともに世界トップクラスのフランスが、アウェーでのスウェーデン戦に負けた試合を見ると、このフランスより...

続きを見る

「野戦病院状態の中でこの結果は最低限だが、日本の準備に間違いは無かったのか?」ロシアW杯アジア最終予選 日本-イラク

2017/06/14 | 日本代表

戦前は、今野と山口、本田の中盤で4-3-3にするのではないかと思っていたが、蓋を開けてみれば井手口と遠藤をダブルボランチに置いた4-2-3-1。これはハリルホジッチがお得意のギャンブルに出たのかと思っ...

続きを見る

「UAE戦の悪夢再現が怖い、井手口のアンカー起用だが・・・」ロシアW杯最終予選 イラク戦展望

2017/06/13 | 日本代表

コンフェデの関係で、先に行われたオーストラリア対サウジアラビアでホームのオーストラリアが勝ってしまったので、日本を含む3チームが勝ち点16で並ぶ三つ巴になってしまったグループB。 オーストラリア...

続きを見る

「柴崎のボランチとしての守備は、現状では1部レベルから遠いかな・・・」リーガ・エスパニョーラ2部 第42節 レアル・サラゴサ-テネリフェ

長い長~いリーガ・エスパニョーラ2部もやっとこさ最終節。 既にプレーオフ進出を決めているテネリフェと、14位で残留が決まっているサラゴサとの対戦とあって、両チームともメンバーを大きく変えたテスト...

続きを見る

「風間監督対ロティーナ監督の知将対決は、ボヤキ節と褒め殺しの結末に」J2第18節 東京ヴェルディ-名古屋グランパス

2017/06/11 | Jリーグ

2009年にJ2へ降格してからは、テクニックはあるけどもなかなか結果に結びつかず、すっかりJ2暮らしが定着してしまった東京ヴェルディ。 しかし今年から20年間もスペインリーグで実績を残してきた名...

続きを見る

「PKのコースさえ捻じ曲げる(?)中村航輔の無双ぶり」J1第14節 柏レイソル-浦和レッズ

2017/06/10 | Jリーグ

欧州予選の試合は昨晩の深夜からだったので、昨日は先週に録画しておいた、リーグは7連勝中で首位に立っている柏と、3位浦和の上位対決の試合を見てみた。 浦和はミッドウィークに、試合終盤に乱闘があって...

続きを見る

「スペインだって、テストマッチではホームで引き分けるという慰め」国際親善試合 スペイン-コロンビア

2017/06/09 | その他戦評

昨日はどの試合を見るかとDAZNを開いてみたら、ロシアW杯の欧州予選で順調に勝ち点を積み重ねているスペインと、南米予選で2位とこちらも好調なコロンビアという、親善試合と分かっていても魅力的なカードがあ...

続きを見る

2016-2017シーズン海外組通信簿(ドイツ編その2、おまけスペイン)

ダラダラ続けていた、海外組通信簿も今回が最終回。ドイツ・ブンデスリーガ残り選手と、2部ではあるけど今期は試合を見ることが多かった浅野と柴崎について採点しました。   ドイツ・ブンデス...

続きを見る

「乾、本田、井手口の台頭はハリルホジッチにとってどっちの悩み?」キリンチャレンジカップ 日本-シリア

2017/06/07 | 日本代表

仮想イラクを想定して臨んだ、キリンチャレンジカップ・シリア戦。ホームで1-1のドローに終わったという事で、あちこちでお決まりのように悲観論やバッシングが沸き起こっている状況だけれども、個人的には下手に...

続きを見る



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑