「今やフランクフルトにとって欠かせないのは、長谷部よりも鎌田かも」DFBポカール 準決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

スポンサードリンク

昨日に行われたDFBポカールの準決勝。タイトルまであと2つの試合ではあるが、疲労困憊のフランクフルトは長谷部と鎌田がベンチスタート、アンドレ・シウバの1トップにガチノビッチがトップ下の5-3-1-1という守備的な布陣、バイエルンはレヴァンドフスキの1トップに、2列目がペリシッチ、ミュラー、コマンを並べた4-2-3-1。

試合は圧倒的にホームのバイエルンが支配、14分にはノイアーのロングボールからレヴァンドフスキが落とし、それを拾ったミュラーのクロスをドフリーのペリシッチが決めてバイエルンがあっさり先制。

その後もフランクフルトが全くチャンスを作れず、バイエルンは好き放題攻めるも、フランクフルトGKトラップの奮闘で追加点を奪えず。後半に入ってフランクフルトが攻める場面を作るようになり、試合が膠着状態に入った後半20分、鎌田がガチノビッチに代わって投入。

すると後半23分、DFからの縦パスを受けた鎌田が左サイドでターン、ドリブルでキミッヒを交わしてチャンドラーに展開、クロスを足元で受けてから反転シュート、これは相手に当たったがこぼれ球をダ・コスタが押し込んで同点に追いつく。

鎌田はその直後にもアンドレ・シウバにスルーパスを通すなど、フランクフルトの攻撃に火を灯したように見えたが、29分にキミッヒからのパスをデイビスが受け、折返しをレヴァンドフスキが押し込み、一度はオフサイドと判定されるがVARでゴールが認められる。

その後も鎌田は、惜しいヘッドにつながるFKを蹴ったりPA付近でのクォリティを見せたが、そのままフランクフルトは追加点を奪えず試合終了。2年前は決勝でバイエルンに勝利したが、今期は選手層の問題もあって力を出し切る事無く敗退となってしまった。

ターンオーバーのために出場時間は25分のみだったが、出場後は随所にクォリティを発揮、明らかに疲れはあったがもはやフランクフルトの攻撃にとって欠かせない選手となっている。出来れば今シーズン中にもう1段階化けて欲しいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「大迫は捨て駒にしても、残留だけを見据えたコーフェルト監督の選択」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第2レグ ハイデンハイム-ブレーメン

3日前の、ブレーメンホームでの第1戦はスコアレスドローに終わった結果を...

記事を読む

「ハイデンハイムの執念に、大迫も含めブレーメンの前線は仕事出来ず」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第1レグ ブレーメン-ハイデンハイム

ホーム・アンド・アウェーで行われるブンデスリーガ昇降格プレーオフ。第1...

記事を読む

「残留への奇跡を呼び込む2ゴール、最後に絶好調の大迫が戻って来た」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ケルン

長い新型コロナウイルスによる中断から再開したブンデスリーガも、あっとい...

記事を読む

「残留へ絶体絶命のブレーメン、大迫は別の世界を見つけるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 マインツ-ブレーメン

新型コロナウイルスからいち早く再開したドイツのブンデスリーガも残り2節...

記事を読む

「ここまで頑張っても、とことんドイツに愛されない大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

前節は最下位のパダーボルン相手に4-1で大勝し、16位でプレーオフ圏の...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑