「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

スポンサードリンク

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能性を繋いだ後の、リーグ5位の強豪ボルシアMGとホームで対戦した試合。大迫はこの試合で先発に復帰した。

ブレーメンのフォーメーションは、表記では4-3-3の形になっているが、ボルシアMGが3-1-4-2の形で臨んで来たのを受けて、相手ボール時にはサージェントとラシツァが2トップのようになって3バックにプレスをかけ、大迫はアンカーをマークする4-3-1-2のような形になっている事が多かった。

さらにブレーメンのSBが、全く攻撃に参加せず自陣に留まってひたすらサイドのスペースを潰していたので、ブレーメンが攻撃に転じた時の前線には3人しかおらず、大迫も中央に留まってターゲットとして働く以外に選択肢が無かった。

それでも、大迫はワンタッチで味方にボールを繋いだり、献身的なチェイシングで攻守に貢献はしていたのだが、単独で仕掛けたりシュートを打つような場面はほとんど無く、後半17分にビッテンコートと交代してお役御免。終盤はどちらもシュートチャンスはあったものの、結局最後までスコアは動かず0-0のままで試合終了。

大迫はシャドーの位置で先発したが、他のFWであるサージェントもラシツァもドリブルなどでアクセントを作れるタイプではなく、役割がかぶってしまって存在感が出しにくかった。中盤に下がってボールを受け、サイドに展開するプレイは良かったがまあそれだけで、シュートを打つ機会はゼロ。しばらくは途中出場になるだろうが、そこで結果を出して何とか空気を変えたいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「大迫は捨て駒にしても、残留だけを見据えたコーフェルト監督の選択」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第2レグ ハイデンハイム-ブレーメン

3日前の、ブレーメンホームでの第1戦はスコアレスドローに終わった結果を...

記事を読む

「ハイデンハイムの執念に、大迫も含めブレーメンの前線は仕事出来ず」ドイツ・ブンデスリーガ 昇降格プレーオフ第1レグ ブレーメン-ハイデンハイム

ホーム・アンド・アウェーで行われるブンデスリーガ昇降格プレーオフ。第1...

記事を読む

「残留への奇跡を呼び込む2ゴール、最後に絶好調の大迫が戻って来た」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ケルン

長い新型コロナウイルスによる中断から再開したブンデスリーガも、あっとい...

記事を読む

「残留へ絶体絶命のブレーメン、大迫は別の世界を見つけるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 マインツ-ブレーメン

新型コロナウイルスからいち早く再開したドイツのブンデスリーガも残り2節...

記事を読む

「ここまで頑張っても、とことんドイツに愛されない大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

前節は最下位のパダーボルン相手に4-1で大勝し、16位でプレーオフ圏の...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑