「結局は冨安が攻撃しないと点が取れないボローニャ」イタリア・セリエA第25節 ボローニャ-ウディネーゼ

スポンサードリンク

前節はジェノア相手に退場者を2人出して0-3と大敗、今節はけが人を併せて実に10人ものメンバーが欠けた体制になってしまったボローニャは、ホームでウディネーゼと対戦。冨安はいつも通りに4-2-3-1の右SBとして先発。

最近はほとんどWBのように攻撃参加の場面が目立つ冨安だったが、ウディネーゼの攻撃が左サイドに流れてプレイするオカカを中心に組み立てられるためか、反対サイドのエムバイェのほうが高い位置に上がって、冨安が3バックの右CBのような形で推移する。

しかし前半33分、ゴール前25m右の地点からウディネーゼのFK、競り合いの中でフリーでオカカに飛び込まれてしまい、ウディネーゼが先制する。冨安はその後も意外に上がるシーンが多くないまま前半を終了する。

後半になると、冨安が上がって攻撃参加するシーンが見られるようになるが、ウディネーゼは5バックでサイドを完全に塞いだ上に、オカカもプレスバックしてカバーするためアタッキングサードにほとんどボールを入れられない。

これもどういう狙いがあるのか、25分過ぎから冨安とエムバイェのポジションが変わって、冨安が左サイドの高い位置を取る形になるが、左足でのプレイはいまいちやりにくそうで、かえってウディネーゼのほうにカウンターから良い形が生まれ始める。

35分を過ぎからまた冨安は右SBに戻り、39分にはオーバーラップからようやく良いクロスを上げるシーンも。さらにボローニャはオルソリーニやドミンゲスらが惜しいシュートを放つが決められず。

このまま無得点で試合が終わるかと思われたロスタイム、左サイドからの展開に冨安がダイレクトでクロスを上げると、オルソリーニのオーバーヘッドは空振ったが裏に走り込んだパラシオが流し込み、冨安のアシストで同点ゴール。そして1-1で試合終了。

まあ流れとしては完全なボローニャの負けゲームだったがラストチャンスで何とか追いついた格好。冨安は前半を守備的に、後半途中から左SBと戦術変更に翻弄されていたが、結局彼のクロスから得点。もう完全に攻撃の人になってしまったなあ(笑)。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑