「1G1Aで大活躍の南野、これで本当にビッグクラブ一直線なのか?」UEFAチャンピオンズリーグ グループE リバプール-ザルツブルク

スポンサードリンク

ザルツブルクは4-4-1-1で南野は右SHで先発、対するリバプールはフィルミーノとマネ、サラーを前線に揃えた4-3-2-1のフォーメーション。

前半の3分に南野が思い切ったミドルシュートを放ったが、前半の試合をコントロールしたのはリバプール。クロップ監督のチームらしく、ボールを持ったら守備のギャップを前線の選手が着実に突いて、ボール扱いにミスも少ない。

そのため、ザルツブルクはボールの奪いどころが定まらず、ズルズルとラインが下がって前線と距離が空き、セカンドボールを拾われて南野も一生懸命守備に駆け回る場面が目立つ。

前半9分に、マネがフィルミーノとのワンツーから抜け出しあっさり先制すると、25分には右SBのアーノルドから左SBロバートソンに決められ2点目。30分には南野がスルーパスを受けて2本目のシュートを放つがGK正面、逆に36分にはクロスからヘディングをGKスタンコビッチがかろうじてセーブ、しかしこぼれ球をサラーに押し込まれ3点目。

しかしこれでリバプールは気を抜いたのか、フォーメーションを南野トップ下の中盤ダイアモンドに変えたザルツブルクが盛り返し、43分にミスパスからファン・ヒチャンがPA内で切り替えしてのゴールを決めて前半に1点を返す。

後半はザルツブルクが一転して前からプレスを仕掛けてオープンな展開になると、10分に早いリスタートからファン・ヒチャンのクロスを南野がダイレクトで叩き込んで1点差。さらに15分、右サイドでスルスルと抜け出した南野が股抜きクロス、ハーランドが難なく押し込みとうとう同点。

これでリバプールもネジを蒔き直し、再び押し込んでセカンドボールを拾い、最後はショボスライのクリアミスを拾ってワンツーからサラーが抜け出し勝ち越し。ここでザルツブルクは奥川を投入。30分に南野のボールキープから奥川がシュートもGK正面。

奥川は何度かサイドのスペースに抜け出す形はあったんだけど、このクラスになると守備も戻りと寄せが早く、競り負ける事が多かった。そして試合は4-3のまま終了、リバプールとザルツブルクが1勝1敗で並ぶことになった。

あらかじめニュースで聞いていたので、どれだけ南野が活躍したのか楽しみにしていたのだが、ちょっとリバプールが3点を取って緩んだ状態だったので若干肩透かしかなと。それでもアンフィールドでゴールをする事は特別であり、選手として一皮むける出来事になったんじゃないかと思う。代表でのプレイが楽しみになったね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑