「戦術と個人は相反する要素では無いが、個人が戦術を凌駕出来ないのは寂しい」日本クラブユース選手権 U-15決勝 サガン鳥栖U-15-セレッソ大阪U-15

スポンサードリンク

準決勝ではFサガン鳥栖がFC東京を、セレッソが横浜Fマリノスを破って進出した決勝戦。鳥栖は4-3-3の形に対し、セレッソは4-4-1-1のフォーメーションで対峙。

試合は両チームともに縦に早いサッカーを仕掛けようとするが、サガン鳥栖のほうがセカンドボール争いで優位に立ち、ボールを奪ってサイド攻撃という形が徹底されているのに対し、セレッソはカウンターからトップ下の北野にボールを集めてドリブルからゴールを狙う展開になる。

前半の終わり頃になると、さらにセレッソがデュエルで劣勢になってボールを繋げなくなり、鳥栖が高い位置でボールを奪って次々にサイドから攻め立てる流れになる。その後はややセレッソが盛り返すも、どちらもゴールは奪えず前半を終了する。

後半は前半よりもセレッソが前に出て来た分、鳥栖にカウンターの場面が増えるようになり、後半14分に鳥栖が縦パスをカットすると、素早く右サイドを駆け上がる浦にパス、飛び出したセレッソGKを冷静に交わすループシュートを決めて鳥栖が先制する。

その後は当然セレッソが主導権を握るものの、あまり有効なサイド攻撃は出来ず、中央突破に頼った形が多くて4-5-1の形で自陣にブロックを作る鳥栖の守備を崩せない。逆に鳥栖は後半38分にカウンターからフリーでシュートを放つも、ゴールライン際でセレッソのDFが体で止めて何とか防ぐ。

そして試合は1-0で試合終了。点差こそ最小差での試合だったが、デュエルとフィジカル能力、それをベースにした戦術の堅固さで鳥栖の能力が1枚上だった。ただ、それにしても両チームともに、日本トップのクラブユースのチームとしてはラストプレイの精度が低いのが気になる。

ジュニアユース世代でも戦術が浸透し、時間とスペースが無い中でのプレイを強いられるのは分かるが、それでも個人技、精度という部分を大事にしていかないと、第2、第3の久保は生まれて来ないように思うのだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑