「まるで光明が見えないマルセイユ、これで酒井のプレミアリーグ移籍も加速するか?」フランス・リーグアン第2節 ナント-マルセイユ

スポンサードリンク

昨期はヨーロッパリーグの出場を逃し、ガルシア監督からアンドレ・ビラス・ボアス 監督に交代、バロテッリ、オカンポスは売却とチームをほぼ作り直している最中のマルセイユ。リーグ初戦のランス戦を0-2で完敗して迎えた第2戦。

マルセイユは4-3-3のフォーメーションで、酒井は右SBで先発、前線は1トップがボカ・ジュニアーズから加入したベネデット、ウイングがパイェとブナ・サールという並びで、ナントは4-2-3-1という形。

ビラス・ボアス体制になってから練習試合を含めて9試合目だが、マルセイユはほとんどビルドアップの形が作れておらず、酒井がボールをもらっても低い位置で、前にいるブナサールも高い位置を取れず、相手のマークを受けているので酒井から縦パスを出せず、たまにブナサールがボールを持っても周りが連動しないのでそこで攻撃が終わってしまう。

それでもたまにパイェの個人技や相手のミスからチャンスは作るのだが、前半31分にVARによってナントのハンドが認められ、PKの機会はあったがキッカーのベネデットが上に大きく外してしまい、マルセイユは絶好機をモノに出来ず。

酒井は前方で味方がボールを持った時はすかさずオーバーラップを仕掛けていたが、ナントのカバーリングも素早くフリーでクロスを上げられるような場面は作れず。むしろ後半30分頃にはセカンドボールを拾われ連続攻撃を浴びるも、GKマンダンダの奮闘で何とか失点を免れる有様。

後半ロスタイムには久々に酒井が良い形でオーバーラップ、折返しを途中出場のジェルマンに合わせるも、シュートは相手に当たってゴールならず。そして結局スコアレスドローで試合終了。

期待のベネデットは全くチームにフィット出来ておらず、PKも力任せに蹴って外すなど散々な出来。ビラス・ボアス監督の戦術もほとんど浸透できていらず、パイェの個人技ぐらいしか得点の匂いが感じられなくてマルセイユは前途多難だなと。今期は欧州戦を逃したのでまだ選手の売却が必要と言われているし、酒井もプレミアリーグへの移籍話が再燃するかもしれないね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「内容的に変わってないのに、連勝の強豪ニースに勝ててしまう不思議なマルセイユ」フランス・リーグアン第3節 ニース-マルセイユ

開幕から2試合無得点で未勝利のマルセイユは、アウェイで連勝スタートの強...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(フランス・トルコ編)

昨日はDVDを返しに行ったりなんだりしている間に、試合を見る時間が無く...

記事を読む

「昌子は守備で孤立、残留は決めたがホームで酒井にボコられる屈辱」フランス・リーグアン第37節

トゥールーズはほぼ残留を決め、マルセイユは欧州戦の可能性が無くなり、ど...

記事を読む

「恩師ハリルホジッチに、昌子はクリーンシートの恩返し」フランス・リーグアン第31節 トゥールーズ-ナント

2月にフランスカップで対戦した時には、ハリルホジッチ率いるナントに0-...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑