「”戦術横綱”大分に対しがっぷり四つも、最後に寄り切られた鹿屋体育大学」天皇杯3回戦 大分トリニータ-鹿屋体育大学

スポンサードリンク

2回戦で名古屋グランパスを破った鹿屋体育大学。3回戦の相手は、昨期にJ2から昇格後6位に付ける快進撃を見せている大分トリニータ。とは言え、大分は前節の神戸戦から全員を入れ替えたメンバーでの対戦。

フォーメーションはともに3-4-2-1で、守備時には5-4-1の形で自陣にコンパクトなゾーンを引き、ボールを奪うと手数をかけずに攻め切る同じサッカースタイルを見せるチーム同士らしく、序盤から渋い内容の試合展開が続く。

鹿屋体育大学はエースの藤本を中心に試合の序盤は良い攻撃を見せたが、大分は名古屋のように相手を舐めて来てくれず、しっかりと守備を構築して対応すると、徐々に大分が高い位置でWBが基点を作り、試合を支配する流れになる。

後半29分からは鹿屋体育大学が伊藤、西村と高さのある選手を投入して勝負に出たが、後半のロスタイムに大分の高山がゴールライン際でのフェイントからクロスを上げると、ファーでフリーになっていた星が頭で押しこみ、これで誰もが勝負は決まったと確信したはずだ。

ところがロスタイム3分、大分の刀根がバックパスをしたら、ポープ・ウィリアムの逆を取るボールになってしまいまさかのオウンゴール、そして延長戦に突入。

延長の序盤は同点に追いついた鹿屋体育大学が勢いを見せるが、すぐにサイドで主導権を握り返し、延長前半8分にクロスから三平がフリーで合わせるもボールは枠の外。

しかし延長前半10分ごろから鹿屋体育大学の足が止まり、ほぼ大分のハーフコートゲームのような展開になるが、鹿屋体育大学も数少ないカウンターの場面にはエースの藤本にボールを集めて打開を図る。

延長も後半15分に入り、これはPK戦に突入するかと思われたのだが、大分はセカンドボールを拾ってから縦パス、これは相手にカットされたが、そのこぼれ球を伊藤がダイレクトで流し込み、今度こそ大分が4回戦進出を決めた。

Jリーグ屈指の戦術完成度で旋風を巻き起こしている大分に対して、鹿屋体育大学も一歩も引かない練度で対抗したが、徐々にスタミナが落ちて大分に寄り切られた格好だった。しかし大学勢はどこも戦術のレベルが高い事をこの試合でも証明したと言える。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/08/15 | 天皇杯

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑