「乾と同じ5レーン戦術の罠に苦しむ伊東純也」ベルギー・プロリーグ第3節 ゲンク-ズルテ・ワレヘム

スポンサードリンク

開幕戦でコルトレイクに勝利はしたものの、2節のメヘレン戦で1-3で負け、さらに今節のズルテ・ワレヘムとの試合でも0-2で連敗と、早くもフェリス・マッズ監督の首が涼しい事になりはじめたゲンク。

この試合でも、開始わずか1分にサマッタがGKと1対1になるもシュートを足1本で止められると、6分に一発のロングボールで裏を取られ、それは何とか防いだのだがセカンドボールを拾われて、クロスをフリーで合わされあっさり得点を献上すると、その後もどうにもパッとしない攻撃に終始する。

昨期までのゲンクだと、伊東は基本的にサイドの高い位置で張っていて、ボールを持ったら1対1で積極的に仕掛けて相手の守備を崩していたのだが、今期は伊東がインサイド気味の位置取りをして、サイドのスペースにはSBが上がってポゼッションしつつニアゾーンを使うという、5レーンを意識したスタイルを目指しているように見える。

しかし実際は、狭い中でボールを繋ごうとしてミスになる回数が非常に多く、ボールを奪われるとSBもSHも上がっているので裏のスペースががら空き、CBが対応に釣り出された後のカバーリングが全く整理されていないので、クロスから簡単に相手をフリーにしてしまう。

後半になると、ゲンクはCBの間にボランチが下がって3バック化し、伊東がまたワイドでボールを受けるようになり、1対1やSBのインナーラップを使った攻撃で反撃開始、13分には伊東の強烈なシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球をヘイネンが押し込めず同点ならず。その後もクロスは挙げても跳ね返され、逆に後半33分、カウンターから相手のシュートがDFに当たってコースが変わってゴールと、とことん運にも見放されての敗戦。

昨シーズンにベティスへ移籍した乾も同じように、サイドに張ってから中へ切れ込むプレイスタイルを封じられ、インサイドハーフで狭い中でのプレイを強いられて全く良さが出せず、結局は戦力外になってアラベスへレンタルされてしまった。伊東がそうなる可能性は低いだろうが、彼自身にフラストレーションが溜まっている事は確かだろう。

最近は5レーン理論の影響なのか、本来ウイングがやっていたサイド攻撃はSBの仕事になり、前線の選手はほぼインサイドにポジションを取る戦術が増えているけど、今までの戦術に慣れた選手にとっては難度が高すぎて攻守のバランスが取れず、正直うまく行っている例は少ないように思う。

チャンピオンズリーグも待っているのに全くチームが出来ていない状態は絶望しか無いが、果たしてここからどうやって立て直すのだろうか。ひとまず8月中にトロサール、マリノフスキーが抜けた穴の補強は必須である。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑