「まさかのゲラント・トーマス失速、大統領が登場しまさにフランスの凱旋」ツール・ド・フランス2019 第14ステージ

スポンサードリンク

これまでアラフィリップがマイヨジョーヌを守り続け、あのベルナール・イノー以来34年ぶりにフランス人の総合優勝が生まれるかもしれないという事で、フランス全土を熱狂に陥れている今年のツール・ド・フランス。

その大きな関門となった第14ステージ、超級山岳トゥールマレー峠の頂上ゴールは、今年何度書いたか分からない、これもまさかの展開と結果になってしまった。

何しろ、1級山岳スロール峠の登りで、ニバリやサガンを含む8人の逃げ集団を追走するメイン集団を引っ張っていたのは、チームイネオスではなくモビスターチーム。

そして長いトゥールマレー峠の登りに入って逃げ集団を吸収すると、モビスターチームのエースであるキンタナが何と失速、アシストがキンタナをサポートすべく後ろに下がるとようやくチームイネオスが前に出て来るのだが、すぐに今度は総合3位の付けているステフェン・クライスヴァイク率いるユンボ・ヴィズマが先頭に立つ。

マイヨジョーヌのアラフィリップは何とか集団の後ろでトーマスをマークして食らいついている状態だし、チームイネオスはゲラント・トーマスがここでアタックしたら決定的な差を付けられると思ったのだが、ゲラント・トーマスはなかなか動こうとしない。

とうとう残り1kmになってブッフマンがアタックすると、何とゲラント・トーマスが反応できずまさかの失速、それを尻目にティポー・ピノが力強い走りで先頭に立ち、そのまま逃げ切ってトゥールマレーステージを勝利、アラフィリップもしっかり追走して6秒遅れの2位でゴール。逆にゲラント・トーマスは結局36秒遅れでフィニッシュ。表彰台ではマクロン大統領がプレゼンターとして登場、まさにフランスによるフランスのための1日となった。

総合ではアラフィリップが2位のゲラント・トーマスに対して、ボーナスタイムも含めて2分2秒の差をつける事に成功。総合4位に付けていたチームメイトのマスが失速してしまい、チームに山岳のアシストが彼以外にいないのが気がかりだが、また1歩フランス人の優勝に近づいた。今日も1級山岳の頂上ゴールが待つステージ、ライバル達の巻き返しに注目である。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/07/21 | 自転車

関連記事

新着記事

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「中島は案の定な代表プレイで危うく失点の原因、まずは戦術理解が先」ポルトガル・プリメイラ・リーガ第2節 FCポルト-セトゥーバル

昨日は福井まで日帰り旅行に出かけていて、帰って風呂から出たらあっさり寝...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「”戦術横綱”大分に対しがっぷり四つも、最後に寄り切られた鹿屋体育大学」天皇杯3回戦 大分トリニータ-鹿屋体育大学

2回戦で名古屋グランパスを破った鹿屋体育大学。3回戦の相手は、昨期にJ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑