「久保はベンチ外、見どころはトリニダード・トバゴの魂の守りだけ」キリンチャレンジカップ 日本-トリニダード・トバゴ

スポンサードリンク

注目の久保は、岡崎、中山、川島と一緒にベンチ外で、スタメンはGKシュミット・ダニエル、DFが昌子、富安、畠中、MFが長友、柴崎、守田、酒井、シャドーが中島と堂安、1トップが大迫と、森保ジャパン始まって以来の3バックが予想される。対するトリニダード・トバゴは4-1-4-1のフォーメーション。

日本はサイドまでは楽にボールを運べるのだが、相手のSBが縦を切っているのでそこからなかなかゴール前にボールを持って行けない。こういう場合は、どちらかのサイドでドリブルなどで相手を引き付けてから逆サイドへ展開する、中央でダイレクトで回して一気にサイドチェンジするという方策があるのだが、日本は手探りで各選手がツータッチ以上のプレイでボールを持つ時間が長い。

ようやくチャンスを作ったのが前半も24分になってから。酒井のクロスに大迫が合わせるもGKのセーブに遭う。27分にはロングパスに抜け出した堂安がシュートもGKに詰められシュートは相手の体に当たってしまう。その後も日本は長友と中島のサイドからクロスを上げるのだが、中に高さが無くてヘディング出来ない。42分にゲットした中島のFKもクロスバー。そして前半終了。

後半も閉塞感が充満した展開が続き、逆に後半9分、トリニダード・トバゴにカウンターから1対1の場面を作られるがシュミットがセーブ、その後のCKも頭1つヘディングで飛び出されたがシュートはGK正面と危ないシーンを作られる。

日本は後半16分に酒井と守田を下げて室屋と小林を投入。直後に初めて柴崎、長友とダイレクトプレイが続いて大迫がヘッドもDFに当たる。しかし中島と堂安を下げた事でまた攻撃が停滞する。

しかし後半35分に長友の代わりに原口が入った事で、左サイドからの攻撃にバリエーションが出て、日本にチャンスが生まれるがトリニダード・トバゴGKのファインセーブでことごとく決まらない。ロスタイムには相手のミスからこぼれ球を伊東がシュートもGK正面で決まらず、試合は結局スコアレスドローで終了した。

まあ3バックの戦術練習なんてほとんどやってないに等しいだろうし、いきなり機能するなんて期待はしてなかったけど、ここまで形になってないのには笑うしか無い。だいたい、相手はカウンター1本で前線を前残りさせているだけなのに、日本はオフサイドを取りに行かずクソ真面目にマークして守っているのだから、間延びするのは当たり前である。

キリンチャレンジカップなんて単なる興行とは言え、せっかくの久保君は出さず、自分たちのプレイじゃなくてトリニダード・トバゴのGKとDFによる魂の守りだけが見どころだったというのは、お客さんが次の試合に来てくれるかどうか心配になってしまう(笑)。

さて4バックでも3バックでも、選手を並べて後は自分たちの好きなようにやれでおしまいのように見える森保ジャパンが、いったいコパ・アメリカでどんなマジックを見せてくれるのか、高度な情報戦は既に始まっている(棒)。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/06/05 | 日本代表

関連記事

田嶋会長の奥さん、土肥美智子医師が語る新型コロナウィルスのリアル

まだまだ新型コロナウィルスの脅威からサッカー界が立ち上がれる気配が見え...

記事を読む

田嶋会長ご自慢の「ジャパンズウェイ」、東京五輪の鍵を握るのは横内コーチ?

AFC U-23選手権でグループリーグ敗退という屈辱を受けて、ようやく...

記事を読む

「金メダルが目標の森保ジャパン、アジア相手に為す術もなく力負け」AFC U-23選手権 グループB 日本-サウジアラビア

日本はGK大迫、DF古賀、岡崎、渡辺、ボランチが田中碧と田中駿、WBが...

記事を読む

「戦術皆無監督、ゴリ押しスターシステム、腰が引けた国内組という三重苦」E-1選手権 日本-韓国

E-1選手権の最終戦は、開催国の韓国との対戦。日本は引き分け以上で優勝...

記事を読む

「大島無双も、あくまで五輪代表2軍の練習試合」E-1選手権 日本-香港

結果は5-0の大勝で、小川航基がA代表デビューでハットトリックとキャッ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑