「ロスタイムにまさかのVARでPK、これも長谷部がもたらす神通力?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 シャルケ-フランクフルト

スポンサードリンク

今シーズンは残留争いに巻き込まれ、チャンピオンズリーグでマンチェスター・シティ相手に0-7という歴史的大敗を喫した事をきっかけに、テデスコ監督からステフェンス監督に交代したシャルケと、目下絶好調のフランクフルトとの対戦。

フランクフルトはレビッチとヨビッチの2トップに、トップ下がデ・グズマンの3-4-1-2、長谷部は当然3バックのセンターで先発。対するシャルケは3-1-4-2のフォーメーションで、中盤の3枚がマッチアップする形。

試合は序盤からフランクフルトが優勢、シャルケのぎこちないビルドアップを高い位置から寸断、何度もゴール前に迫るがシャルケGKヌーベルが至近距離からのシュートを体に当てるなど奮戦、簡単にはゴールを与えない。が、前半13分にショートカウンターでコスティッチからヨビッチにスルーパス、ヨビッチはGKを交わしてのゴールを決め、フランクフルトが先制する。

しかしシャルケも、前半21分にCKからヘディングはフランクフルトGKトラップが防いだものの、こぼれ球をセルダルに押し込まれて1-1の同点に。これでシャルケに勢いが出て、試合はイーブンな展開に。

フランクフルトは2トップがマークされ、トップ下のダ・コスタがあまり攻撃面で機能せず、試合序盤のようなチャンスが作れない。さらに痛いことには、38分にヒンテレッガーが頭にハードヒットを受けて念の為交代されてしまう。

後半から、フランクフルトは前半が微妙な出来だったデ・グズマンを下げてパシエンシアをFWで投入、レビッチがトップ下に入った形にする。後半7分にはセットプレイから連続してフランクフルトがチャンスを作るが、シャルケGKヌーベルがことごとく防いでしまう。

しかしその後は、ラインを高く上げるシャルケの守備の前に、フランクフルトの攻撃が寸断されてショートカウンターを浴びる流れになり、20分には長谷部がファールをもらいに行った場面がスルーされ、危うく失点のピンチを作ってしまう。

そこからはフランクフルトが再び盛り返すも、この試合は自慢の攻撃陣がシャルケのマンマークに遭ってパッとせず。ヨビッチは前線に突っ立っているだけで縦パスは相手に狙われ、パシエンシアは強引で不正確なミドルシュートを打つばかり。レビッチは中盤で良くボールに絡むが、そこからのパス出しが上手く繋がらない。

後半ロスタイムにシャルケのゼルダルが2枚目のイエローで退場、FKからサインプレイでのシュートにシャルケのカリジューリが思いっきりハンド、VARでフランクフルトにPKが与えられる。ヨビッチのキックはヌーベルが手に当てたがボールの勢いが強くゴールイン、そして試合終了。

ちょっと後味が悪い結末だったし、攻撃陣の不甲斐なさはあったけれども、とにもかくにもこれでフランクフルトは暫定の4位でチャンピオンズリーグが完全に視界に入った。

長谷部については、いつも通りに絶妙なラインコントロールでオフサイドに仕留め、カバーリングも的確でシャルケの勢いをしっかり押し留めた事は評価出来る。念願のチャンピオンズリーグまでもうひと踏ん張りだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シー...

記事を読む

「大迫は、とうとう”大迫にパスを出す大迫”を育てる決心をしたのかも?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-アウクスブルク

怪我人が続出して守備崩壊、開幕から2連敗と最悪のスタートとなったブレー...

記事を読む

「大迫がボールを繋ぎ、得点まで決めてもブレーメンが勝てない理由」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム-ブレーメン

前節の開幕戦はデュッセルドルフに1-3で敗戦、厳しいスタートになってし...

記事を読む

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑