「プレイが研究され始めた鎌田、これからが本人もチームも正念場」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ズルテ・ワレヘム-シント・トロイデン

スポンサードリンク

現在3連勝中のシント・トロイデンは、前節から同じメンバーで鎌田と冨安がスタメンに入ったが、フォーメーションは4バックから3バックに変更して、3-1-4-2の形でスタート。対するズルテ・ワレヘムは4-3-3の並び。

試合はアウェイのシント・トロイデンが受ける形で展開、しかし相手にボールを持たせる余裕ではなく、かなりPA付近で攻撃を仕掛けられて何度か危ないシーンを作られてしまう。

前半20分を過ぎるとシント・トロイデンがやや盛り返し、冨安もオーバーラップする機会が出始める。前半26分に右サイドから一発のロングパスにボリが抜け出しGKと1対1になるもシュートはバーの上。40分にはカウンターから鎌田がスルーパスを受けるも、DFと競り負けてシュートまで行けず。

後半は両チームともにやや間延びした展開になり、シント・トロイデンがバイタルでボールを持つ機会が何度かあったものの、ラストプレイの息が合わずに決定機を作れず。逆に後半19分に冨安のサイドにダイアゴナルな動きで入られ、クロスをハルバウィにフリーでシュートされるもGKステッペが何とか弾く。

守備の要であるテイシェイラが筋肉系の怪我で交代。その影響もあったのか、後半29分に中盤でのセカンドボールを拾われると、右サイドからのクロスにファーで詰めていたペーテルスがダイレクトで押し込みズルテ・ワレヘムが先制する。そのサイドには冨安もいたのだが、完全に数的優位を作られていた。

しかしシント・トロイデンも反撃、後半35分にアコラツェのスルーパスからアサモアのシュートはGKに防がれたが、直後にガルシアがパスカット、スルーパスに抜け出したボリがGKを交わして冷静に決めて同点に追いつく。

その後は互いにチャンスはあったが、冨安が至近距離からのヒールシュートに反応してクリアするなど得点には至らず、結局試合は1-1のドローで試合終了。シント・トロイデンにとっては下位相手に痛い足踏みだが、7位のゲントが負けたためプレーオフ1圏内に勝ち点5の余裕が出来た。が、次節は同じくシント・トロイデンと勝ち点5差のシャルルロワが相手。ホームだけに絶対に勝利が必要な大一番だ。

冨安は同サイドのWBボタカの守備意識が低いために、何度か数的不利の状況に陥ったが、素早いカバーリングで守備を決壊させなかった。アジアカップで完全に一枚むけた感がある。逆に鎌田は研究されたのか、ボールを持ってからの股抜きや切り返しといった、鎌田らしいトリッキーなプレイをことごとく読まれていて、今シーズン最悪の出来。彼自身もチームも、ここが正念場だろう。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「中島は案の定な代表プレイで危うく失点の原因、まずは戦術理解が先」ポルトガル・プリメイラ・リーガ第2節 FCポルト-セトゥーバル

昨日は福井まで日帰り旅行に出かけていて、帰って風呂から出たらあっさり寝...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画...

記事を読む

「”戦術横綱”大分に対しがっぷり四つも、最後に寄り切られた鹿屋体育大学」天皇杯3回戦 大分トリニータ-鹿屋体育大学

2回戦で名古屋グランパスを破った鹿屋体育大学。3回戦の相手は、昨期にJ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑