「宇佐美と交代した選手が決勝点、監督が宇佐美を先発で起用する理由は?」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 アウグスブルク-デュッセルドルフ

スポンサードリンク

リーグ戦14位で残留争いをしているデュッセルドルフのウィンターブレイク明け最初の試合は、すぐ下に位置する15位アウグスブルクとの重要な対戦。

どちらもフォーメーションは4-4-2で、宇佐美は左SHとして出場。序盤はホームのアウクスブルクがサイドを高い位置に上げてガンガンとハイプレスを仕掛け、デュッセルドルフは防戦一方、宇佐美も守備に追われてほとんど攻撃に絡めない。

前半20分を過ぎると、ようやく相手のサイド攻撃が落ち着き、デュッセルドルフはビルドアップでボランチの1枚が落ちて3バックになり、SBが高く上がって宇佐美が中へ絞る3-1-4-2-1で組み立てるようになってから前線でプレイ出来るようになる。

それでも相変わらずのインテンシティの低さでなかなか攻撃の流れに乗れなかったが、44分にGKからのロングキックから頭でそらせたボールを宇佐美が中央で受け、上手いターンからサイドへ展開、ルケバキオのクロスにファーでフリーになっていたデドゥクシュが頭で流し込み先制。

後半はデュッセルドルフが4-4-2のコンパクトな3ラインブロックを作って守る展開。それで何とかしのいでいたが、宇佐美がイエローカードをもらったスライディングで与えたFKをシュミットに直接決められ同点。そして宇佐美は22分にラマンと交代。

その後は一進一退の工房を続けていたが、後半45分に中盤でボールを奪ってからのカウンターで、ラマンがDDライン裏に飛び出しトラップからシュート、これが決勝点となってデュッセルドルフがアウェイで大きな勝利を手にした。

宇佐美は、得点には絡んだけど失点に繋がるファールをしたのでプラスは帳消し。テクニックはチームで随一なんだけど、相変わらず攻守の切り替えが遅くボールに絡む回数自体が少ない。つーか、交代で入ったラマンはパスアンドゴーも活発で点を取ったし、何で俺が先発じゃないんだと不満を持っててもおかしくないよね・・・日本人が多い街だからマーケット的な狙いがあるのかもしれないけど、使ってもらっているうちに結果は出して欲しいよな。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「フランクフルトで平凡な選手がグングン伸びるのは、長谷部キャプテンの育成力のおかげ?」

国際Aマッチウィーク明けのブンデスリーガ。9位のフランクフルトはライバ...

記事を読む

「チームは勝利したが、先発だと存在が消えてしまう鎌田は代表に復帰できるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第6節 ウニオン・ベルリン-フランクフルト

ブンデスリーガ1部に初昇格したクラブなのに、いきなりドルトムントに勝っ...

記事を読む

「長谷部の読みがドルトムントの攻撃を摘み取り、鎌田がオウンゴールを誘発!」ドイツ・ブンデスリーガ フランクフルト-ドルトムント

ミッドウィークのヨーロッパリーグでアーセナルに0-3で負けたフランクフ...

記事を読む

「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シー...

記事を読む

「大迫は、とうとう”大迫にパスを出す大迫”を育てる決心をしたのかも?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-アウクスブルク

怪我人が続出して守備崩壊、開幕から2連敗と最悪のスタートとなったブレー...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑