「冨安がスイッチを入れないとボローニャの攻撃は始まらない」イタリア・セリエA第18節 ボローニャ-フィオレンティーナ

スポンサードリンク

今期は2019年までで17位と低迷、モンテッラ監督を解任してイアキーニ新監督にバトンタッチ、再スタートとなったフィオレンティーナをホームに迎えたボローニャ。ボローニャのフォーメーションはいつもの4-2-3-1で冨安は右SBとして先発、フィオレンティーナは3-1-4-2という形。

試合開始から、ボローニャは冨安が試合開始から積極的に高いポジションを取り、逆に左SBのデンスウィルは低い位置にとどまったいたため、右サイドがほとんどボローニャの攻撃を組み立てる流れになる。

7分に冨安からパラシオにスルーパス、12分には冨安がオーバーラップした流れからパラシオがゴールもオフサイドとチャンスは作ったのだが、ボローニャは孤軍奮闘するパラシオをフォローする攻撃の厚みが無く、連続攻撃を仕掛けるに至らない。

すると前半27分に、フィオレンティーナのFKからメデルのクリアが短くなってしまい、そのボールをベナッシがダイレクトで叩き込み、終始押され気味だったフィオレンティーナが先制する。

後半は、前半に攻撃の起点になっていた冨安をフィオレンティーナが早めにケア、5バックでスペースを埋めてボールを持たれても決定機を作らせない守備にシフト、ボローニャもセットプレイで活路を見出そうとするが、どうしても得点だけが決まらない。

終盤はボローニャが3バックに変更、冨安は攻撃時にはボランチの位置まで上がって攻撃の組み立てに参加するが、フィオレンティーナもスペースを埋めてのらりくらりと守り、後半41分にはFKから決定的なシュートを放つがフィオレンティーナGKドロンゴフスキに阻まれる。

そしてボローニャが敗色濃厚になったロスタイム、冨安のクリアからゴール右でファールをもらうと、角度の無いFKをオルソリーニがニアへ直接決めるスーパーゴールを決めてボローニャが土壇場で追いつき試合終了。

ボローニャは劇的なゴールを決めたとは言え、ボールポゼッション、セットプレイの数に比べると引き分けという結果は物足りない。相変わらず、パラシオ以外にFWの仕事をこなして点を取れる選手がおらず、ヨーロッパリーグを狙うにはあまりに得点力不足。

冨安については前半はほとんど1人でビルドアップの起点になっていたが、後半は対策されてサイドを抑えられ、インサイドで打開を試みたがフィオレンティーナの壁は分厚かった。守備では1度低い位置でボールを奪われるピンチを作ったので、これから上を目指すなら吉田ゆずりのポカ癖は要修正だね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑