「味方にも審判にも恵まれず、3アシストがフイになった久保」スペイン・リーガエスパニョーラ第18節 マジョルカ-セビージャ

スポンサードリンク

リーグは4試合勝ちが無い泥沼のマジョルカは、ホームにセビージャを迎えての試合。久保はこの試合も右SHで先発、トップ下はフェバスじゃなくてダニ・ロドリゲスが入った4-2-3-1。

いきなり前半3分に、久保がサイドチェンジを受けてフェイントから縦に抜け出し、折返しにラゴ・ジュニオールがドフリーで合わせるもバーの上、超決定機をものに出来ない。

その後はセビージャがボールを支配、ビルドアップで左右にボールを動かし、マジョルカのゾーンを振ったスペースにSBが上がり、数的優位を作って難なくサイドから崩していく。元マルセイユで酒井の同僚だったオカンポスが何度も左サイドからドリブルで切れ込んでシュートを放つ。

久保に対しては、左SBのレギロンが厳しくマークしつつ、ボランチのフェルナンドもカバーに行くダブルチームで抑えられ、守備時には相手のSBを見て後ろに下がる場面が多く、攻撃の機会から遠ざかってしまう。そして24分にセットプレイから失点。

40分に久保がカットインから相手の出した後ろ足に引っ掛けられたがノーファール。この試合の審判はセビージャ寄りの判定が多く、カードを出しまくって悪い意味で目立っていて、観客からもブーイングを浴び、マジョルカの選手に苛立ちが見える。

後半立ち上がりはマジョルカが攻勢に出て、久保も高い位置で攻撃に絡む機会はあったが、15分にババがPA内で相手の足を踏んづけてしまいVARでPK、これをバネガが決めてセビージャが2点目。

このあたりから久保がポジションを中に取る事が多くなり、22分には左サイドへ飛び出し、股抜きの折返しを入れるが味方が合わせられず、またもアシスト未遂。41分にはバイタルで溜めて右に走り込んだフラン・ガメスにパス、シュートがわずかに外れるなど、久保が絡むとチャンスにはなったが最後まで得点出来ず0-2で試合終了。

久保はフル出場で、最後はお疲れ状態だったが前節に比べるとはるかにボールタッチが多く、中にポジションを取るようになってからは久保らしい軽快なチャンスメイクが見られた。とは言え、もっとシュートシーンが見たいところ。ロスタイムにボールを下腹部に受けて痛そうだったのでお大事に。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

K-1の開催は、Jリーグ再開にとって重要な試金石となるのか

イタリアが60歳以上の患者に人工呼吸機を使わない選択をするほどの医療崩...

→もっと見る

PAGE TOP ↑