「大島無双も、あくまで五輪代表2軍の練習試合」E-1選手権 日本-香港

スポンサードリンク

結果は5-0の大勝で、小川航基がA代表デビューでハットトリックとキャッチーな話題も生まれたのだが、ぶっちゃけ香港のレベルはJ3程度で、中国戦の内容やメンバーの出来をそのまま当てはめる事は出来ないかなと。

前の試合からメンバーは全員総とっかえで、面子的にも中国戦よりもさらにBチームの編成だったわけだが、ビルドアップはずっとスムーズに出来ていた。まあ、それは香港がほぼベタ引きの状態で、WBの菅や相馬に対してもあまり厳しくプレッシャーはかけて来なかったので、余裕を持って高いポジションを取り、ひとまずそこに出しておけば基点は作れていたから、組み立てとしてはイージーだった。

ただ、ずっとそれだけではさすがに対処をされてしまうところだが、さすが怪我さえ無ければ柴崎レベルのゲームメイカーである大島が、視野の広さと緩急を操って攻撃に変化を付けていた事が大きかった。相手が強くなると守備面での不安は出て来るが、柴崎がダメだった場合の仮想OAとして、最終戦の韓国相手に大島を入れてどこまでやれるかは見てみたいところである。

個人的におっと思ったのが田中駿汰。3バックのセンターとして起用されていた時は平凡かなと思ったのだが、途中からボランチに入るとポジションのバランス取りはいいし、大島ばりのワンタッチパスなど、1列前で使ったほうが良いんじゃないかと思った。田中碧もうかうかはしてられないかも。

そしてJリーグのMVPを獲得して注目された仲川だが、香港にもその情報が知られていたのか終始厳しいマンマークを受け続けていたので、なかなか得意な形でボールを受けられなかったし、得意な仕事が相馬とかぶってしまっていた。ボールが来ないので途中からは中盤に下がって繋ぐプレイをしていたけど、そこじゃちっとも怖くないしね。まあ韓国戦でのスーパーサブに期待というところか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/12/15 | 日本代表

関連記事

田嶋会長の奥さん、土肥美智子医師が語る新型コロナウィルスのリアル

まだまだ新型コロナウィルスの脅威からサッカー界が立ち上がれる気配が見え...

記事を読む

田嶋会長ご自慢の「ジャパンズウェイ」、東京五輪の鍵を握るのは横内コーチ?

AFC U-23選手権でグループリーグ敗退という屈辱を受けて、ようやく...

記事を読む

「金メダルが目標の森保ジャパン、アジア相手に為す術もなく力負け」AFC U-23選手権 グループB 日本-サウジアラビア

日本はGK大迫、DF古賀、岡崎、渡辺、ボランチが田中碧と田中駿、WBが...

記事を読む

「戦術皆無監督、ゴリ押しスターシステム、腰が引けた国内組という三重苦」E-1選手権 日本-韓国

E-1選手権の最終戦は、開催国の韓国との対戦。日本は引き分け以上で優勝...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑