「注目の西川潤は黒子の働きで、桐光学園が昨年のリベンジを果たす優勝」インターハイ・男子サッカー決勝 富山第一-桐光学園

スポンサードリンク

いよいよ今週末からヨーロッパ各国のリーグ戦が本格スタート。その前に録画してありながらずっと見そびれていたインターハイ決勝の試合を観戦。

真夏の連戦を考慮して35分ハーフで行われた試合は、富山第一は5-3-2、桐光学園は3-4-2-1のフォーメーション。

ボールは桐光学園が支配し、富山第一はロングボールを蹴って2トップを走らせ、何とかイーブンボールをものにしようという攻撃で対抗する。

桐光学園のエース西川潤は1トップ下の右シャドーのポジション。厳しくマンマークされてなかなかボールを受けられないが、前半11分にはGKのポジションを見てロングシュートなど視野の広さを見せる。

しかし前半は互いに慎重な戦い方で決定機が無いまま終了、後半になると桐光学園は3バックの一角を下げてFWの所を投入、西川を2トップの位置に上げた4-4-2にフォーメーションを変更する。

これで桐光学園は富山第一の3センターの横に出来るスペースを使って基点を作り、逆に富山第一はサイドの裏のスペースに飛び出してカウンターと、試合の流れが急激にスピードアップする。

そして西川がトラップからのボレーを放つと、富山第一も2度の決定機を作るが桐光学園GK北村のファインセーブに阻まれる。

終盤はむしろ富山第一のほうが前に出て来るようになり、セカンドボールを拾ってサイドから桐光学園を攻め立てる。しかし桐光学園もロスタイムに、右サイドからのクロスに西川が飛び込むも頭にしっかりヒットせずノーゴール。

そのまま大きな動きは無く、このまま延長に持ち込まれるかに見えたロスタイム7分、富山のパスをカットした中村からパスを受けた西川が潰れた後を神田が拾い、そのまま右へ流れてドリブルシュート、これが見事に右隅に決まり、その直後に試合終了。桐光学園が昨年の決勝に敗れたリベンジを果たした。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑