「代表と同じ待望の1トップで1G1Aの結果、しかし実際は・・・」DFBポカール1回戦 デルメンホルスト-ブレーメン

スポンサードリンク

ブレーメンがDFBポカール1回戦で対戦する相手は、5部のデルメンホルスト。本来であればデルメンホルストのホームで試合が行われるはずだったのだが、結局ブレーメンのホームであるヴェーザー・シュタディオンで、デルメンホルストのホーム扱いでの試合となった。

試合は当然、ブレーメンが圧倒的にボールを支配する流れで始まり、大迫もフォーメーション的には4-3-2-1の1トップで先発、いきなり前半10分にオーバーラップでオフサイドラインを抜け出した右SBゲブレシラシエの折返しを、フリーの大迫が押し込んでブレーメンが先制。

その後も大迫は前線でおとりになる働きが多かったが、19分にCKからスッと後ろに下がった大迫が頭で合わせ、モイサンデルがそのボールを押し込み大迫の1G1Aでブレーメンが2点目。

しかしそこからブレーメンがほぼハーフコートでボールを保持するも、5-4-1で守りを固める相手に効果的な攻めがなかなか出来ず、大迫がしびれを切らせて中盤まで下がってポストプレイをし始めた前半30分、デルメンホルストが一発のカウンターからシュミットに決められ1点差に迫られる。

これでブレーメンの攻撃がさらにリスクオフ状態になって大迫が全くボールを触れない中、ラシツァがオフサイドラインをスルッと抜け出して角度の無いところから3点目を決めると、40分にはバイタルでボールを受けたクラーセンがそのまま持ち込み4点目。

後半は15分に右からのクロスに大迫が合わせるもGK正面、17分に味方のシュートをGKが弾いたボールをダイレクトで合わせるも枠外、そして20分に大迫はピサーロと交代。

そのピサーロは後半23分にオフサイド気味だったがクロスに合わせて5点目を決めると、29には強引なターンからドリブルシュートを決めて6点目、これで試合は完全に決まり。その後もブレーメンが何度も決定機は作るがスコアは動かず、結局1-6で試合終了。

大迫はようやく代表と同じ1トップで起用され、1G1Aという結果を出した事は喜ばしいが、まだまだ代表に比べてボールが集まる回数が少ないし、大迫と周りの動き出しが噛み合っていない。大迫のポストプレイとゲブレシラシエのオーバーラップという形が増えると、相当破壊力のあるチームになるのではないだろうか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガー...

記事を読む

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

記事を読む

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

記事を読む

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

記事を読む

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
いよいよJリーグにも新型コロナウィルスの魔の手が・・・しかし再開への光明は出て来た

とどまるところを知らない新型コロナウィルスの蔓延で、とうとうJリーガー...

【明暗点描】酒井高徳がコロナウィルス感染、伊東純也がゲンクに完全移籍

昨日は、自分でもビックリするぐらいに志村けんが亡くなったニュースで気力...

日本の喜劇王、志村けんが新型コロナウィルスによる肺炎で死去

サッカーと全く関係ない話題で恐縮ですが、やはりこのニュースについては黙...

「ポゼッションサッカーは浸透されてる、後は完成度を高めて実戦へ」DAZNトレーニングマッチ 清水エスパルス-ジュビロ磐田

ここ1ヶ月というもの、サッカーがストップしたと同時に新型コロナウィルス...

Jリーグ再開に向けてのロードマップは、首都のロックダウン回避がカギ

東京都の感染者が倍増するという悪いタイミングの中、Jリーグの再開に向け...

→もっと見る

PAGE TOP ↑