2018-2019シーズン海外組通信簿(イングランド、スペイン編)

スポンサードリンク

さて、ヨーロッパの2018-2019シーズンも残すところあとわずか。リーグ戦が終わった国もあるので、恒例の海外組通信簿をスタートさせたいと思います。

今期については、ロシアW杯で日本は好成績を挙げたものの、そのせいで所属クラブへの合流が遅れてしまい、特に移籍した直後や監督が交代したところの選手にとっては厳しいシーズンになってしまいました。

最近ではJ2の若手選手にも欧州からオファーが届くようになり、以前だとW杯が選手移籍のショーケースになっていたのが、今では逆の作用になりつつあるのだなと痛感させられます。

 

イングランド・プレミアリーグ

岡崎慎司(レスター・シティ) 4.5

今期はベンチには入っているが、ほぼ守備硬め要員としての起用のみで、先発はほぼカップ戦に限られ事実上の戦力外。シーズン終了後にレスターからの退団が発表され、栄光に満ちたミラクルレスターの幕は閉じられることになった。Jリーグ復帰の噂もあるが、ドイツ2部あたりならまだまだ役に立てるんじゃないだろうか。

武藤嘉紀(ニューカッスル) 4

マンUとの試合でゴールを決め、これで乗って行けるかと思いきや、プレミアリーグのスピードとパワーに対応できず、徐々に出番を失ってしまった。ただ、岡崎のような例外を除けば誰もが苦しむ壁であり、ベニテス監督も猶予は見ているはず。武藤にとっては来期こそが本当の勝負である。

吉田麻也(サウサンプトン) 6.5

W杯の影響でチームへの合流が遅れ、シーズン序盤はベンチ暮らし。しかし腐らずカップ戦で結果を出して徐々に監督の信頼を取り戻し、3バックを採用してからは完全にDFリーダーとしてチームを統率、プレミアリーグも無事残留を果たして結果的には万々歳。プレイも安定感が増して、全盛期はこれからである。

リーガ・エスパニョーラ

柴崎岳(ヘタフェ) 4.5

三顧の礼で移籍したはずが、チームがたまたま採用した4-4-2のカウンター特化型サッカーが大ハマリ、柴崎の使えるポジションが無くなってすっかり戦力外扱い。しかし本人は持ち前のじょっぱり魂で腐らず練習、シーズン終盤になってようやく起用されるも、やはり守備にはまだ課題がある事を露呈。ボルダラス監督の続投が決まったので、環境を変えるのも手だとは思うが、やっぱり辛抱強く順応を続けるんだろうな。

乾貴士(アラベス) 5.5

こちらもベティスに大きくステップアップするも、サイドに開いて切れ込むプレイスタイルが持ち味なのに、インサイドハーフとして狭いスペースでのプレイを強いられ適応できず、出番を失いアラベスに移籍。逆にアラベスではのびのびプレイさせてもらい、出来にムラはあったがチームの上位進出に貢献。ベティスがセティエン監督の退任を発表したので、来期は戻る可能性は高そうだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2019/05/23 | コラム・書評

関連記事

日本サッカーは、躍進の「平成」から停滞の「令和」へ?

本日、5月から施行される新元号が「令和」と発表されましたね。サッカー的...

記事を読む

いっそハリルホジッチに全枠を与えては?「スポーツ・イノベーション サッカー日本代表 世界に勝つ条件を探る!」

まだ国際Aマッチウィーク明けで試合が無いので、昨日はNHK-BSでやっ...

記事を読む

「唯一無二とは、結果であって目的ではないのだが」アスリートの魂・堂安律

昨日は飲み会があったので帰りが遅く、ヨーロッパリーグを見るのは諦めて録...

記事を読む

「なぜ、時代遅れになりつつあった4-2-3-1が復活したのか」ロシア・ワールドカップでの戦術傾向について

もう既に過去の話題になっている感があるロシア・ワールドカップだが、戦術...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ブラジルでは借りてきた猫のようなカタール、グループリーグで敗退」コパ・アメリカ グループB アルゼンチン-カタール

今朝、日本対エクアドルの試合が行われたんだけど、当然ながら悲しき勤め人...

「攻め達磨の名古屋、疲れて守れず火だるまになってしまう」J1第16節 名古屋グランパス-清水エスパルス

清水の戦い方ははっきりしていて、守備時は4-4-1-1のコンパクトなゾ...

「ベテランの意地が手繰り寄せた、一握りのチャンスをモノに出来るかどうか」コパ・アメリカ グループC 日本-ウルグアイ

試合から1日経った戦評なので、細かい展開については省略するが、チリ戦よ...

「既にキャッチアップ、追い越されている現実を直視できない高倉ジャパン」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-イングランド

日本は他グループの結果によって、既に3位以上での決勝トーナメント進出が...

中田以来15年ぶりに、ボローニャへ日本人選手が移籍する?

初っ端に久保のレアル・マドリー移籍という巨大爆弾が炸裂したおかげで、ど...

→もっと見る

PAGE TOP ↑