「ブンデス2部首位決戦は、酒井に代わって入ったニューヒーローがHSVに勝ち点1をもたらす」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第29節 ケルン-ハンブルガーSV

スポンサードリンク

テロッデ、コルドバ、そして中国から復帰したモデストとドイツ2部では反則級のFWを揃えて圧倒的な攻撃力で首位を独走しているケルンと、ここリーグ戦3試合で勝利が無く、自動昇格枠の2位はキープしているものの、3位のウニオン・ベルリンとはわずか勝ち点3に迫られているハンブルガーSVとの首位決戦。

ケルンは3-1-4-2のフォーメーションで、2トップはテロッデとコルドバ、モデストはベンチスタート。HSVは4-3-2-1の形で、酒井高徳は右SBとして先発、伊藤達也はベンチスタート。

試合はホームのケルンが非常に攻守の切り替えが速く、ボールを奪われてもすぐに前線の選手がプレスバックしてHSVに余裕を与えない。すると前半29分にCKからヘーガーが頭で流したボールをファーにいたドレックスラーが押し込みあっさり先制する。

後半になると、ドゥグラス・サントスと酒井の両SBがインサイドハーフ的なポジションを取る2-3-4-1のような形にシフト、厚みのある守備からサイドを使ったカウンターという形が機能、徐々に試合のペースを握り始める。

後半35分に酒井はヴィンツハイマーと交代、そして迎えた後半40分、CKからラクロワが競り勝ち、ドゥグラス・サントスが繋いで最後はヴィンツハイマーが押し込みHSVが同点に追いつく。そしてそのままHSVがしっかり試合をコントロールして試合終了。

HSVとしては首位ケルンとのアウェイ戦で勝ち点1は悪くない結果。酒井も一度ドレックスラーにぶち抜かれた以外は、インサイドハーフ的なプレイもまずまずこなし、最後は交代したが柔軟にプレイできていたように思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ2部編)

ブンデスリーガ2部 ドイツ2部は、何と言っても昨年降格して今年は再昇...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ1部編)

ブンデスリーガ1部 U-20W杯の試合もあって飛び飛びのアップになっ...

記事を読む

「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはE...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「まさかのゲラント・トーマス失速、大統領が登場しまさにフランスの凱旋」ツール・ド・フランス2019 第14ステージ

これまでアラフィリップがマイヨジョーヌを守り続け、あのベルナール・イノ...

「パンチャーがスペシャリストを駆逐、フランスを熱狂に引きずり込む」

休養日明けで、本格的に総合争いが始まるツールの第2週がスタート。 ...

「ティム・ケーヒルの凄まじい決定力がここでも発揮?」カタールW杯 アジア二次予選の組み合わせ決定!

昨晩は、休養日から明けたツール・ド・フランスを見ていたわけですが、特に...

「シュミット・ダニエル、仙台でのラストゲームで鹿島からの宿題をもらう」J1第19節 ベガルタ仙台-鹿島アントラーズ

昨日はツール・ド・フランスが休養日だったので、録画しておいた仙台対鹿島...

「まさかの集団中切れで優勝候補が多数脱落、フランスの期待はアラフィリップ1人だけに」ツール・ド・フランス2019 第9~10ステージ

気がつけば、もう中盤戦に突入している今年のツール・ド・フランス。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑